非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂


邪鬼・物の怪・逆賊NHK追放


16963.jpg
素戔嗚尊、(牛頭天王)像 (高御位神宮蔵、「古神道の本」学研より)

 
ひふみよいむなや こともちろらね しきるゆゐつわぬ そをたはくめか うおゑにさりへて のますあせえほれけ
 

神火清明 神水清明 神風清明

169.jpg
出雲須佐神楽「茅の輪」

蘇民將來(備後風土記)

備後の國の風土記に曰く、疫隅の國社。

昔、北の海に坐しし武塔の神、南の海の神の女子をよばひに出でまししに、日暮れぬ。

彼の所に將來二人ありき。

兄の蘇民將來は甚く貧窮しく、弟のは富みて、屋倉一百ありき。

ここに、武塔の神、宿処を借りたまふに、惜みて借さず、兄の蘇民將來、借し奉りき。

卽ち、粟柄を以ちて座と為し、粟飯等を以ちて饗へ奉りき。

ここにをへて出ませる後に、年を經て、八柱のみ子を率て還り來て詔りたまひき。

蘇民將來、答へて申ししく、「我、將來に報答為む。汝が子孫其の家にありや」と問ひたまひき。蘇民將來、答へて申ししく、「己が女子とこの婦と侍ふ」と申しき。

卽ち詔りたまひしく、「茅の輪を以ちて、腰の上に着けしめよ」とのりたまひき。

詔の隨に着けしむるに、卽夜に蘇民の女子一人を置きて、皆悉にころしほろぼしてき。

卽ち、詔りたまひしく、「吾は速須佐雄神なり。後の世に疫氣あらば、汝、蘇民將來の子孫と云ひて、茅の輪を以ちて腰に着けたる人は免れなむ」と詔りたまひき。


鼠六匹に冬の蛙「茅の輪くぐれば」
http://wind.ap.teacup.com/6rats-winterflog/574.html
(以下、転載)
『備後国風土記』によれば、「北海の武塔(むとう)神が南海の神の娘を婚(よばい)に出かけたところ、日が暮れてしまった。

そこに蘇民将来と巨旦(こたん)将来という兄弟があって、兄の蘇民は貧乏だったが、弟の巨旦は大金持ちであった。

武塔神は巨旦に宿を借りようしたが拒絶され、兄の蘇民の家に泊まった。

蘇民は粟殼で座席を作り、粟飯を炊いてご馳走した。

それから何年か経って武塔神は八柱の子神を連れてやって来て、蘇民のために報恩しようと告げ、蘇民と妻と娘とに茅の輪を腰につけていよと命じておき、その夜この三人を除いて巨旦らを皆殺しにしてしまった。

そして、武塔神は[われは速須佐能雄(はやすさのお)の神なり。後の世に疫気(えやみ)あらば、汝(いまし)蘇民将来の子孫と云ひて、茅の輪を腰の上に着けよ。詔(みこと)のまにま、着けしめば、やがて家なる人は免れなむ]と告げた。」とある。

(転載ここまで)




163.jpg
辟邪絵(へきじゃえ)

邪鬼(加筆:逆賊NHK)を食らう天刑星(てんけいせい)
鎌倉時代(13世紀)国宝 奈良国立博物館蔵

天形星ともいう道教の神。詞書に疫病を広める牛頭天王を食したとされるが、後に牛頭天王と習合して同一視され、さらに牛頭天王の恐ろしさのあまり、天刑星は牛頭天王の下位に位置づけられるようになる。(スサノオ神と疫神の偶像より)

---------------------------------------------------

逆賊NHKによる「平清盛」、不敬・貶め表現「王家」連呼、「物の怪の血が流れている」等々、  皇祖皇宗・御皇室貶め策動、日本国貶め策動、日本民族貶め策動に協力・連座する者らも同じく逆賊であると解するのが相当である。 

「物の怪」人にとりついて祟(たた)りをする死霊・生き霊・妖怪の類。

第二回放送、 白河法皇役:「そちにも、この物の怪の血が流れておるからじゃ」と平清盛役に対して告知。いわゆる 白河法皇( 第72代天皇に物の怪の血が流れていると告知したと同義)。不敬なりNHK。


1694623.jpg
不敬・貶め「王家」表現ごり押しの朝敵・逆賊・本郷和人・東京大学準教授

東京大学史料編纂所03-5841-5997
本郷和人・准教授(直通)03-5841-5968


正しい歴史認識さんブログ
『平清盛』時代考証担当者が一蹴?・ハァ?嘘出鱈目ばっかり吐いてんじゃないよ!時代考証担当者の本郷和人自身が【当時も『王家』は使われていない】と断言している!【当時は『皇室』は使われていない】は大嘘!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4526.html

歴代天皇は極悪人?NHK大河「平清盛」で白河法皇や鳥羽上皇が超極悪人として描き、天皇の血統を「物の怪の血」と表現!皇室を「王家」と連呼する以上に問題・本郷和人が産経でも下手な言い訳
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4528.html
-----------------------------------------------

「平清盛」を見るな!
http://www.endanji.com/?p=488
本郷和人、東京大学史料編纂所准教授、は日本中世史の専門家の一人です。東大の歴史学者は、全員が自虐史観論者。そうでないと教授になれないどころか就職先もないという可哀そうな連中です。本郷和人もその一人。本郷は、大河ドラマ、「平清盛」の時代考証者の一人です

---------------------------------------------

逆賊NHKが、不逞不遜、天をも恐れぬ所業、 

皇祖皇宗・御皇室を貶め、日本国、日本民族を蔑み貶め、あの忌まわしき描写と発言が網羅されている大河ドラマなる不敬放送、対日有害放送「平清盛」を日本全土とワールドプレミアムと称し、アジア、オセアニア、中南米(米国、イギリス、フランス、カナダ、ハワイ、シナ、韓国、等々)にて、日本語でジャパンケーブルを媒体として放送している。

この逆賊NHKによる 皇祖皇宗・御皇室を貶め、侮日・毀日工作「平清盛」の撮影協力者、広報協力者、当該ドラマに便乗して商行為を行う者、本郷和人と逆賊NHKによるごり押し不敬表現「王家」と発言する芸能人らは、逆賊NHKと同じく逆賊であると解するのが相当である。

これら、芸能人、諸団体、諸組織、諸商業施設は、逆賊NHKの不敬策動、侮日・毀日策動に進んで協力し、当該策動に連座している逆賊である。

以下、天をも恐れぬ逆賊の氏名等を列記する。

http://www.youtube.com/watch?v=pL0TotV3bGw&feature=related 
http://www.youtube.com/watch?v=s3EgcjmQ62w
第一話の王家~という発言をまとめた結果
●平忠盛(中井貴一)が計5回
●ナレーション(源頼朝:岡田将生)が計4回
●平正盛(中村敦夫)、清盛(平太)と口論した童、
清盛(平太)がそれぞれ2回の合計6回
●源為義(小日向文世)、平忠正(豊原功補)、
白河法王(伊東四郎)、祇園女御(松田聖子)、
役者不明な院の近臣がそれぞれ1回の計5回
合計で5(忠盛)+4(ナレーション)
+6(正盛、童、平太)+5=20(回)


「平清盛」で、不敬・貶め表現「王家」と発言した逆賊↓↓↓

松山ケンイチ

中井貴一

岡田将生

中村敦夫

小日向文夫

豊原功輔

伊東四朗( 第72代白河天皇、 白河法皇に「もののけの血が流れている」と不敬極まりない発言を断行)

松田聖子

----------------------------------------------------

逆賊NHKによる皇祖皇宗・御皇室を貶め、日本国、日本民族を蔑み、貶める「平清盛」の撮影協力、広報協力、当該不敬ドラマに便乗し商行為を行う逆賊の詳細↓↓↓

『平清盛』ロケ地関連情報 ~広島~
http://kandj.blog23.fc2.com/blog-entry-1282.html
『平清盛』ロケ地関連情報 ~兵庫~
http://kandj.blog23.fc2.com/blog-entry-1281.html

------------------------------------------------

不敬也!NHK
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-category-10.html




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
朝敵・逆賊NHKの「王家」表現、 御皇室を蔑み貶める描写は許容できうる臨界点を優に越えている。

----------------------------------------------------

1694623.jpg
「王家」表現ごり押しの朝敵・逆賊・本郷和人・東京大学準教授

東京大学史料編纂所03-5841-5997
本郷和人・准教授(直通)03-5841-5968

正しい歴史認識さんブログ
『平清盛』時代考証担当者が一蹴?・ハァ?嘘出鱈目ばっかり吐いてんじゃないよ!時代考証担当者の本郷和人自身が【当時も『王家』は使われていない】と断言している!【当時は『皇室』は使われていない】は大嘘!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4526.html

-----------------------------------------------

「平清盛」を見るな!
http://www.endanji.com/?p=488本郷和人、東京大学史料編纂所准教授、は日本中世史の専門家の一人です。東大の歴史学者は、全員が自虐史観論者。そうでないと教授になれないどころか就職先もないという可哀そうな連中です。本郷和人もその一人。本郷は、大河ドラマ、「平清盛」の時代考証者の一人です。

-----------------------------------------------

監視のために始めて見てみた率直な感想は、「気持ち悪い、おぞましい、馬鹿にするな」ということであった。

日本民族の感性で、「平清盛」は作成されていないと強く感じる。

御皇室を侮辱し、貶めていることはいうに及ばず、あの薄汚い顔や様相・風体・町並み、砂埃が上がっている様子は、日本国、日本民族を馬鹿にし、貶めている以外にどう解釈すればいいのだろうか。

龍馬伝で、岩崎弥太郎の風体が汚らしいので、三菱などから苦言が呈されたが、言われて当たり前である。
龍馬伝に三菱がブーイング!岩崎弥太郎が「汚すぎる」
http://blog.livedoor.jp/kairi331/archives/55345864.html
兵庫県知事が、描写が汚いと言っているが、至極当たり前な感想である。

映像と音声は、人の脳に与える影響は絶大であるから、プロパガンダ、洗脳が行いやすいツールであることは当然、逆賊・NHKは認知しているはずであるから、これを悪意を以って運用している以外の何物でもない。

逆賊・NHK内には、 御皇室を無きものにしようと常に画策し、日本国が嫌いで嫌いでしょうがなく、シナ、朝鮮に迎合、媚まくる輩、マルキスト、反日左翼が、掃いて捨てる程、転がっていると推測できるので、どうしても必然的に 御皇室を貶める描写、毀日描写を行うことは、本能と言おうか、習性であるから、逆賊・NHKがこの世からなくならない限り、これが無くなることはないと考えられる。

逆賊・NHKの幹部連中は歪な対日感情を有し、反日感情を有している者が多々存在するであろうから、人事では反日左翼思想の者しか、上に引き上げてもらえないであろうと推測し、在野が抗議の声を挙げ、集団訴訟をチャンネル桜さんが実行されているが、なかなか、その反日左翼構造が改まる、改まる組織構造をなしていないのだろうかとも推察されるが、更に激しく辛辣な抗議の声は常に上げ続けなければならないと考える。

国民から半ば強制的に金銭を徴収し、その7000億円弱の金銭を 御皇室毀損活動、反日活動、毀日活動に使っているのであるから、到底許されるものではない。

「王家」表現については、ネット上で、その使用に関しての反対論旨が、出てきているので、これを見ると、如何にも「王家」との表現はおかしいし、日頃から、シナ・朝鮮に迎合、シナ・朝鮮上げ、日本下げの放送をしている逆賊・NHKからすると、「王家」、この王という言葉は、如何にもシナ・朝鮮からすると溜飲が下がる言葉ではないかと思われる。

朝鮮民族は、 天皇のことを決して、 天皇とは言わず、日王と言うはずである(ある朝鮮民族の言葉を最近耳にしたが、 テレビに映し出されておられた 天皇陛下のことを「おじさん」と言っていたので、やはりこんなものかと体感した)。

朝鮮自体がシナから王という位を与えられていたという屈辱的な隷属下にあったということからか、如何にも朝鮮民族らしい歪んだ感性である。

シナはシナで、世界でエンペラーと呼ばれるのは、日本の 天皇陛下以外に存在せず、世界での権威、プロトコールはローマ法王と同格あるいはその上位であるので、排除したい、権威の低下を誘引したいと思っているだろう。

世界でも稀な反日国家である、シナ・南北朝鮮からすると日本の 天皇陛下の御存在ほど疎ましく、忌避排除したい存在であることは容易に想像が付く。

掛かる、シナ・朝鮮の感性、思いをストレートに体現したのが、かの忌々しきドラマである逆賊・NHKの「平清盛」であると解するのが相当である。

「王家」「王家」と何度も何度も繰り返し、「王家の犬」「王家の犬」と何度も繰り返し、おぞましいの一言である。

白河法皇役の伊東四朗に及んでは「もののけの血が流れている」と言っているが、そうであるならば、伊東四朗は、 第72代白河天皇(白河法皇)にもののけの血が流れているということをドラマの中で告知しているわけであるが、これは、 今上陛下にも「もののけの血」が流れていると発言しているも同義である。

これほど、不敬な表現もないだろうと感じざるを得ないし、許されるものではない。

白河法皇の描写も、不敬、唯々、不敬な描写を以って、 御皇室を蔑み、貶める描写であるという以外にどういえるのだろうか。

かくもおぞましき逆賊・NHKに対しては激しい怒りと憎悪が込み上げてくるのは当然である。

ジャパンデビューの反日・毀日放送、台湾侮辱放送で、1万人超の史上最大規模の集団訴訟を起こされながら、それをあざ笑うかのように、当該「平清盛」の放送が断行されたが、そして、これが逆賊・NHKが日本民族に対する答えなのだろうと解するのが相当である。

また、あの平家の汚れた汚い顔や服装や様相、汚い町並みは、如何にも日本国、日本民族そのものを侮辱し、貶めている描写以外の何物でもなく、顔くらい当時でも洗うだろうと、そんなに汚い服を着ているわけないだろうと、そんなに砂埃など立つわけないだろうと、とにかく日本毀損を軸に描写していることが充分認識できる。

平清盛がシナの刀剣である青流刀を持っているが、これなどは逆賊・NHKに聞くと、逆賊・NHKがそういう筋書きにしたと言っていたが、敢えてシナの刀を持たすところに逆賊・NHKの意思が意識が表れていると考える。

一事が万事、毀日、侮日、シナ・朝鮮が願望する対日意識を顕在化しているのが、かの大河ドラマと称するおぞましくも忌々しい「平清盛」であると考える。

もはや、このレベルになると、有害放送の域に達しているので、視聴することは、日本国、日本民族に対する日本民族自身の感情、感性にマイナスのイメージを植え付けるものであるから、視聴してはならないと言えよう。

広く有害放送指定を受けるべくが「平清盛」である。

見てはないらない、見せてはならない放送である。

洗脳は自らの意識に反して知らず知らずの内に脳内に潜在化していくのであるから、「平清盛」を視聴すること自体が、日本民族にとって極めて有害な行為、自虐的な行為である。

あの気持ち悪い、汚い描写は、日韓併合前の朝鮮そのものを描写しているものであると推察する。

また第一回放送であったか、足を引きずって歩いている男性役者が出ていたが、この歩き方の様子はまさしく朝鮮民族の「病身舞」そのものであった。

おぞましき「平清盛」の描写の根底に流れているのは、まさに過去の朝鮮民族の汚い風体、朝鮮民族のおぞましい文化、朝鮮民族の汚い町並みそのものであると解するのが相当である。

その無秩序な薄汚れた朝鮮民族の過去の風体・町並みを過去の日本国、日本民族に投射して、蔑み、貶め、自虐洗脳を断行していると解するのが相当である。

「平清盛」の汚らしい日本国、日本民族の描写を日本民族自らが持ちうる自然な意識で忌避することは、自己意識の健全性の保持、自己保全上当然のことである。

「平清盛」不視聴は、日本民族に於ける自己防衛反応の一応対であると考える。

そして、日本国、日本民族を蔑み、貶めるだけでは飽き足らず、 天皇、 御皇室にも無分別に手を突っ込んで、これを貶める放送を断行したと解するのが相当である

逆賊・NHKは越えてはならない一線を越えたのだろうと認識する。

これが、日本国の公共放送のやることか。

反日左翼・逆賊NHKの犬である東大準教授・本郷和人が、如何に詭弁を弄し、自己弁護を行おうが、「平清盛」の描写、発言にその毀日・侮日、 御皇室を貶めることの全てが投射されている。

逆賊・NHKは決して許されない存在である。

また、この逆賊・NHKの大河ドラマ「平清盛」の撮影協力、広報協力、便乗し商行為を行っている者らも同じく、朝敵、逆賊の汚名を受けることは必然である。

朝敵・逆賊、その汚名を払拭できる要因は皆無である。

逆賊NHK名古屋に掛かる苦言を呈すると「ドラマとして見てくれ」と居直っていた。ドラマだったら何をやってもいいのか。  

時代考証と言いながら都合の悪いことはドラマとして見てくれとはどういう了見か。

あたかもそれが事実と思って見てしまう、あるいは事実であると知らず知らずのうちに刷り込まれ、潜在意識に投影されてしまう人も存在するだろう、それが映像と音声の怖さと思うが、公共放送としての自意識の著しい欠損と劣悪さはおぞましいの一言である。

結論として、逆賊・NHKは、「平清盛」という映像媒体を通し、 御皇室を貶め、日本国、日本民族を蔑み、貶めおり、日本民族に対して、過去の日本は醜く汚らしかったということを洗脳し、自虐的な意識を植え付けているのである。

そして、シナ・朝鮮が喜び望む権威の低下を誘引する「王家」という聞きなれない言葉に日本での市民権を与えようとしていると解するのが相当である。

逆賊・NHKは解体されるできである。

逆賊・NHK解体に掛かる放送法の改正が切望される。

逆賊・NHKの会長・松本正之は就任時、「公共放送の原点を認識し業務に当たってほしい」とか言っていたが、あの気持ち悪く、汚らしく、おぞましい描写、 御皇室を蔑む「平清盛」のどこが、公共放送の原点なのか全く理解できない。

逆賊・NHK・松本正之は、即刻、会長を辞任すべきである。

----------------------------------------------------

↓逆賊・NHKの大河ドラマ「平清盛」の描写の根底に流れていると推測する様態。如何にも「平清盛」の描写そのものであると認識できる。



日韓併合前の朝鮮民族



朝鮮民族


日韓併合前の韓国ソウル市内  南大門


日韓併合前のソウル 南大門大通り(中心街)


日韓併合前
■遠くに南大門が見える 全体が見れてソウル全体が塵屋敷であった事がよく分かる写真
http://reich.at.webry.info/201105/article_4.html

日韓併合前後 朝鮮半島写真館
http://photo.jijisama.org/

病身舞(ピョンシンチム)
http://www.youtube.com/watch?v=i86fiRjvafk

朝鮮民族による身体障害者を擬態した伝統的なおぞましき舞踊。彼らの感性は日本民族には理解することはできない。逆賊・NHKの「平清盛」の描写が、全く理解できないこととその根本を同じくするものであると推認する。

------------------------------------------
不敬也!NHK
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/tag/4266867/

                         平成23年10月17日

日本放送協会
  会長 松本正之 殿 
                     住所○○○○
                      氏名○○○○


                質問書二

 平成23年10月1日付けで、提出致しました質問書一に対して郵送頂きましたNHK制作局ドラマ番組部部長の回答書は、質問にお答え頂いていない事項がありますので、下記質問致します。
 質問書に対して、詳細に具体的なご回答を頂けない現況は非常に困惑する次第です。質問の本旨をずらした、観念的、抽象的な論説だけでは、回答となっておりませんので、日本国の公共放送としての責任から、詳細、具体的なご回答の程、何卒よろしくお願い致します。


                 記

一、 大河ドラマ「平清盛」でNHKが、<王家>と呼称する、その根拠としている専門家の氏名、書籍、資料等を詳細に具体的にお答え下さい。

二、 大河ドラマ「平清盛」でNHKが、< 天皇>を<王>と呼称する、その根拠としている専門家の氏名、書籍、資料等を詳細に具体的にお答え下さい。


添付書類
甲第2号 平成23年10月4日 NHK制作局ドラマ番組部部長 回答書

----------------------------------------------------

平成23年10月17日、NHK名古屋放送局に上記質問書を総務課・某氏に手交した。

NHKは先に提出した、質問書一に対して、 完全に一致しないという趣旨でNHK自らが回答する、 天皇を王と呼称する、その根拠となる専門家、書籍、資料等を具体的に一切回答しなかった。王家にについてもその具体的根拠を回答しなかった。

そこで、再度、簡潔に二点、質問をし回答を求めた。

日本国の公共放送との自負、責任を仮にも自覚するなら、詳細、具体的に回答して当然である。

NHK大河ドラマ「平清盛」
http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/pre/03/index.html

不敬也!NHK
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/tag/4266867/


==========================
松山ケンイチが「頑張るぞ~」と快気炎! NHK大河ドラマ「平清盛」の収録スタート!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1766144&media_id=100

      平成23年10月4日

住所○○○○
 氏名○○○○

                   NHK制作局ドラマ番組部
                      部長 ○○○○

             回答

拝復

 10月1日付け。、NHK会長宛ての「質問書」にお答えいたします。

 大河ドラマ「平清盛」では、当時の政の中心にあった天皇及び法皇・上皇や中宮・女院などを含む、この時期特有の権力形態を総称して<王家>と呼んでいます。「天皇家」そのものを<王家>と呼んでいるわけではません。武家の一部を含んだ政治体制全体を指す場合には「朝廷」を使います。従いまして、ドラマの中では「朝廷」という言葉も「天皇」という言葉も使用いたします。中世の歴史専門家の間でも、この時期の天皇家周辺を<王家>と呼称するのは一般的となっています。<王家>が皇室をおとしめるような表現だとはかんがえておりません。

 この度は、「平清盛」にご興味を抱かれ、二度にわたってお問い合わせをいただき、ありがとうございました。NHKの番組に対してましては、おおくの視聴者の皆様から、実に多岐にわたるご意見・ご質問を日々いただきます。私どもは、そうした皆様の様々な声に謙虚に耳を傾けながら、番組の制作を進めてまいりたいと考えております。ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
                                敬具


-----------------------------------------

質問に答えていないので、再度質問書を提出することにする。

年間約7,000億円もの金銭を半ば強制的に国民から徴収しながら、 天皇に掛る表現に関して、詳細に具体的に教えて下さいと告げるも、これを行うことなく、具体的に誰がどの様な書籍等での回答をせず、 天皇家を王家と述べていることに関してのその根拠となりうる発言をしている人物、学者、書籍等を指し示さず、また、 天皇を王と現在、サイト上で記載しているにも関わらず、 天皇を王と呼称することに一切回答せず、言葉は丁寧で柔らかいが、内容は極めて不誠実な回答である。

NHKはご理解よろしくというが、質問に対して、回答をしていない、詳細、具体的ば発言者、書籍も提示せず、何を理解しろというのだろうか。

真摯に質問に詳細、具体的に答えもせずに、よくもご理解よろしくとの趣旨の言葉が言えるものである。

国会答弁ではないのであるから、真正面から質問に詳細、具体的に答えるのは当然である。

NHK自らが、物議を呼ぶことが容易に想像できうる、天皇を王という呼称をあえて使用したのであるから、NHK自らが王という言葉を使用した責任から、明確にその王なる言葉を使用したことに掛る根本的な理由と誰がこれを使用するに決定したかを明確にすることは当然であるが、これを避けているのか、怠慢なのか、日本国、日本民族を馬鹿にしているのか何か分からないが、事実上、答えていないということは、答えたくないのか、答えるべき具体的な論拠がないのか、答えると、齟齬が顕在化し、質問、意見に耐えられなくなるのか、このいずれかと推測する。

NHKは質問に詳細に具体的に答えなければならないのは、日本国の公共放送として当然であるが、その当然を現在、行っていないので、当然、再度質問することは当たり前であるし、国民から半強制的に徴収した潤沢な資金と多くの人々(日本民族か何民族か知らないが)で運営されているNHKが、掛る質問に答えられないのであれば、そもそも、 天皇を王と呼称するようなおこがましくも身の程知らずにして極めて不敬な暴挙を行うこと自体、そもそも日本国の公共放送の体をなしていないし、その組織が放送法を盾に日本民族から半ば強制的に金銭を徴収すべく理由は、日本民族の民族の歴史、叙情的な観点から存在することは一切ない。

再度の質問に対して真正面から詳細に具体的に真摯に答えず、はぐらかすのであれば、NHKは事実上、日本国、日本民族を侮辱しているのであろうと考えられる。



↓今までの応答
-----------------------------------------

                         平成23年9月12日

日本放送協会
  会長 松本正之 殿 
                     住所○○○○

                       氏名○○○○

              意見及び質問書

 NHKが、放送を予定している大河ドラマ「平清盛」を紹介するホームページ上で、 天皇のことを王と記載しているのは誤りなので、早急に訂正して頂きたいと思います。
 当該記載について、宮内庁・書陵部に伺うと、 天皇のことを王と呼称することはありませんと言っておりました。 天皇あるいは 御皇室の子で男子は、

何々 親王殿下とお呼び致しますが、 天皇を王と呼称することは、 
初代神武天皇の御代からありませんとのことでした。
 仮に作為的に 天皇を王と記載しているのならば、その理由を教えて下さい。
                                以上

-----------------------------------------------

                          平成23年9月14日
住所○○○○
 氏名○○○○殿
                           NHK制作局

              回答書

拝復

 NHK会長宛への「意見及び質問書」に対し、会長の指示のもと、回答いたします。 

 大河ドラマ「平清盛」は専門家による時代考証に基づいて制作しています。平安末期から鎌倉期にかけての中世史研究の歴史・学術的分野では、当時の政治の中心にいた法皇・上皇を中心とする一族を表現する上で<王家>という用語が使われています。また、当時の文献にも<天皇>と<王>をほぼ同じ意味で使っているものも見受けられ、私どもも今回の大河ドラマではこの言葉を用いることにしました。

 以上、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
                            敬具

----------------------------------------------------

                         
平成23年10月1日

日本放送協会
  会長 松本正之 殿 





                質問書一

 平成23年9月12日付けで、提出致しました意見及び質問書に対して郵送頂きました、NHK制作局の回答書について下記質問致します。



一、「平清盛」は専門家による時代考証に基づいて制作しています、と御回答頂きましたが、その専門家の氏名と時代考証論説等及び文献等を詳細に具体的に教えて下さい。

二、法皇・上皇を中心とする一族を表現する上で<王家>という用語が使われています、と御回答頂きましたが、具体的に誰が、どのような論説・文献等で<王家>という用語を使っているのかを詳細に具体的に教えて下さい。
 また、法皇・上皇を中心とする一族と回答書の文面に記載されていますが、皇室を一族と表現するのは良識がないと思いますが、適切と思われますか?

三、当時の文献にも<天皇>と<王>をほぼ同じ意味で使っているものも見受けられ、私どもも今回の大河ドラマではこの言葉を用いることにしました、と御回答頂きましたが、当時の文献とは何という文献かを詳細に具体的に教えて下さい。
 また、ほぼ同じ意味で使っているものも見受けられ、とありますが、ほぼということは完全には一致していないということですが、ほぼ同じ意味をして、
<天皇>を<王>と呼称することは、その語の使用が曖昧である、不完全であるとの認識をNHKは有しており、見受けられとの御回答から、ごく稀な語として使用されていると認識されていると解されますが、敢えてそれでも<王>という語を選択した理由と選択したのは誰かを具体的に詳細に教えて下さい。
 また、曖昧にして完全に一致しない<王>という稀な語を使うことによって、広く国民に<王>という語を、あたかもそれが、 天皇という呼称と完全に一致しているとの誤認識を誘引しうる事象に対して、NHKの考え、誤認識させる公共放送NHKとしての責任、国民が無意識に受ける<王>という語を 
天皇と完全に一致した語として誤って理解・認識し、潜在的に無意識に記憶・保持するに至る作用に掛る弊害、日本国の公共放送NHKが敢えて完全に一致しない<王>という稀な語を使い、この<王>なる呼称を用いウエブサイト上で現在流布している事実、また仮に放送されれば更に広く世に流布され、DVD等、再放送等を媒体として未来永劫残存、流布されていくことについて、どのように思われますか?

四、回答書の差し出し名はNHK制作局とありますが、文責は誰に存在しますか?NHK会長以外の方の所属部署・役職・個人名を具体的に教えて下さい。

 日本国の公共放送NHKが、日本国の公共放送としての良識に従い、 
天皇、皇室あるいは朝廷との語を用いることを日本民族として切望致します。

                                 以上


添付書類
甲1号 回答書

1574366.jpg
1574368.jpg



                              平成23年10月1日

日本放送協会
  会長 松本正之 殿 


                質問書一

 平成23年9月12日付けで、提出致しました意見及び質問書に対して郵送頂きました、NHK制作局の回答書について下記質問致します。



一、「平清盛」は専門家による時代考証に基づいて制作しています、と御回答頂きましたが、その専門家の氏名と時代考証論説等及び文献等を詳細に具体的に教えて下さい。

二、法皇・上皇を中心とする一族を表現する上で<王家>という用語が使われています、と御回答頂きましたが、具体的に誰が、どのような論説・文献等で<王家>という用語を使っているのかを詳細に具体的に教えて下さい。
 また、法皇・上皇を中心とする一族と回答書の文面に記載されていますが、皇室を一族と表現するのは良識がないと思いますが、適切と思われますか?

三、当時の文献にも<天皇>と<王>をほぼ同じ意味で使っているものも見受けられ、私どもも今回の大河ドラマではこの言葉を用いることにしました、と御回答頂きましたが、当時の文献とは何という文献かを詳細に具体的に教えて下さい。
 また、ほぼ同じ意味で使っているものも見受けられ、とありますが、ほぼということは完全には一致していないということですが、ほぼ同じ意味をして、
<天皇>を<王>と呼称することは、その語の使用が曖昧である、不完全であるとの認識をNHKは有しており、見受けられとの御回答から、ごく稀な語として使用されていると認識されていると解されますが、敢えてそれでも<王>という語を選択した理由と選択したのは誰かを具体的に詳細に教えて下さい。
 また、曖昧にして完全に一致しない<王>という稀な語を使うことによって、広く国民に<王>という語を、あたかもそれが、 天皇という呼称と完全に一致しているとの誤認識を誘引しうる事象に対して、NHKの考え、誤認識させる公共放送NHKとしての責任、国民が無意識に受ける<王>という語を 
天皇と完全に一致した語として誤って理解・認識し、潜在的に無意識に記憶・保持するに至る作用に掛る弊害、日本国の公共放送NHKが敢えて完全に一致しない<王>という稀な語を使い、この<王>なる呼称を用いウエブサイト上で現在流布している事実、また仮に放送されれば更に広く世に流布され、DVD等、再放送等を媒体として未来永劫残存、流布されていくことについて、どのように思われますか?

四、回答書の差し出し名はNHK制作局とありますが、文責は誰に存在しますか?NHK会長以外の方の所属部署・役職・個人名を具体的に教えて下さい。

 日本国の公共放送NHKが、日本国の公共放送としての良識に従い、 
天皇、皇室あるいは朝廷との語を用いることを日本民族として切望致します。

                                  以上


添付書類
甲1号 回答書

---------------------------------------------------

平成23年10月1日、NHK制作局からの回答書に対して、質問書一をNHK名古屋放送局の受付に提出し、広報の方に渡して下さいと伝えた。


不敬也!NHKhttp://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/tag/4266867/

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード