非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

天誅  

天誅


日本刀「村正」(「村正 -伊勢桑名の刀工ー」桑名市博物館)(撮影:私)
桑名市(三重県) 特別企画展 村正-伊勢桑名の刀工ーhttp://www.city.kuwana.lg.jp/index.cfm/24,49954,235,414,html

村正を所持していた方々
真田幸村
由井正雪(ゆい しょうせつ)
有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみや たるひとしんのう)
西郷隆盛
幕末 倒幕派の志士

村正
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E6%AD%A3#.E3.81.9D.E3.81.AE.E4.BB.96.E3.81.AE.E9.80.B8.E8.A9.B1
村正(むらまさ)は、伊勢国桑名(現在の三重県桑名市)で活躍した刀工の名。または、その作になる日本刀の名。同銘で数代あるとみられる。別称は「千子村正」(せんじむらまさ、せんごむらまさ)。「村正」の銘は、桑名の地で代々受け継がれ、江戸時代初期まで続いた。
慶安4年 (1651) には、幕府転覆計画が露見して処刑された由井正雪がこの村正を所持していたことが知られているが、幕末になると西郷隆盛を始め倒幕派の志士の多くが競って村正を求めたという。また 有栖川宮熾仁親王も本来親王がもつ格ではない村正を所持していた。(wiki 転載)

【画像集】息をのむほど美しい! 伝説の妖刀『村正』展に行ってきた / 実際に人を斬った刀剣も展示
http://rocketnews24.com/2016/09/21/802424/

徳川美術館かろやかツイート‏ @tokubi_nagoya
村正 https://twitter.com/tokubi_nagoya/status/872677216181665792
囲碁の定石の1つとして「村正の妖刀」の名 https://twitter.com/tokubi_nagoya/status/839361476250877952




桜田門外の変
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E7%94%B0%E9%96%80%E5%A4%96%E3%81%AE%E5%A4%89

桜田義挙 桜田十八烈士
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E7%94%B0%E9%96%80%E5%A4%96%E3%81%AE%E5%A4%89


明治維新の魁 天誅組 | 五條市
http://www.city.gojo.lg.jp/www/contents/1198563238818/

天誅組
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E8%AA%85%E7%B5%84

天誅組の変
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E8%AA%85%E7%B5%84%E3%81%AE%E5%A4%89

明治維新前夜・維新の魁「天誅組」五條代官所襲撃の日|歩く・なら~
http://www3.pref.nara.jp/miryoku/aruku/1282.htm

明治維新前夜・維新の魁「天誅組」 五條代官所襲撃の日 - 奈良県
http://www.pref.nara.jp/miryoku/aruku/walk_route/route_02/pdf/route-kai_02_5.pdf

天誅組 -明治維新の魁
http://www.tenchugumi.jp/index.html

歩く・なら「明治維新前夜・維新の魁「天誅組」五條代官所襲撃の日」
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1wSKKRvbgyFbD5QuB39hk6DjYuE0&hl=ja&ll=34.36361165223406%2C135.69067499999994&z=14

奥吉野に散る太刀の血煙・明治維新の魁「天誅組」最後の日(終焉の地)
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1TEFdnwrwR9k-YJV90I-F7zQakcU&hl=en_US&ll=34.369683218819354%2C135.98218099999997&z=12

天誅義士の足跡 | 東吉野村観光協会
http://higashiyoshino.com/pg91.html

紀行文 | 天誅組終焉の地、東吉野村へ
http://www.pref.nara.jp/miryoku/aruku/kikou/ki/ki_10_summary.html

天誅組終焉の地、東吉野村へ
http://www3.pref.nara.jp/miryoku/aruku/1173.htm

愛知県刈谷市 天誅組
https://www.city.kariya.lg.jp/history/tenchugumi/index.html
天誅組には、刈谷藩を脱藩した松本奎堂や宍戸弥四郎らが参加しています。松本奎堂は総裁として、宍戸弥四郎も軍の合図係として活躍し、最期は天誅組と運命を共にしました。当時は逆賊の汚名を受けましたが、明治へと時代が変わる中で、彼らの行動が評価されるようになりました。
現在も東吉野村の村人たちを中心に顕彰活動が行なわれ、慰霊碑の維持、顕彰祭の開催などの活動が行われています。

[美しき日本] 奈良 天忠組




相楽塚(さがらづか) 観光|下諏訪観光協会
https://shimosuwaonsen.jp/item/767/

魁塚(さきがけつか)(さがらつか)  下諏訪町
https://youtu.be/k3Lf4tQUPiA

相楽総三関係資料 | 下諏訪町
http://www.town.shimosuwa.lg.jp/www/contents/1001000000745/index.html

三重県:亀山藩士もいた赤報隊-世直しへ先鋭化 新政府と対立
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/rekishi/kenshi/asp/hakken/detail.asp?record=246
三重県四日市市の三滝川原で赤報隊7名が斬首されたことが記録されている。
場所:三重県庁の説明から幕府の役所があった三重県四日市市北町の北側付近の三滝川の川原で斬首されたのではないかと推測できる。

(備考)二・二六決起 坂井直・陸軍中尉(銃殺刑死)の墓参 決起から81年 「青年日本の歌」奉唱 (敷島通信 三重県四日市市桜町 29/02/26) http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2294.html
(備考)「楯の会 森田必勝烈士」祥月命日 皇紀2676年・平成28年11月25日 没後46年 墓参 「青年日本の歌」奉唱 「三島由紀夫烈士 檄文」奉読  墓所:三重県四日市市大治田町(敷島通信)
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2280.html


由井 正雪
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B1%E4%BA%95%E6%AD%A3%E9%9B%AA


西郷隆盛 南洲翁遺訓集/ 敬天愛人フォーラム21
http://www.keiten-aijin.com/ikun.html
「敬天愛人」について
http://www.page.sannet.ne.jp/ytsubu/keiten.htm





3406.jpg
八坂神社 (京都府京都市東山区祇園町北側625番地)http://www.yasaka-jinja.or.jp/about/saijin.html
御祭神
中御座   素戔嗚尊(すさのをのみこと)
東御座   櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
御同座   神大市比売命(かむおおいちひめのみこと)・佐美良比売命(さみらひめのみこと)
西御座   八柱御子神(やはしらのみこがみ)
八島篠見神(やしまじぬみのかみ)
五十猛神(いたけるのかみ)
大屋比売神(おおやひめのかみ)
抓津比売神(つまつひめのかみ)
大年神(おおとしのかみ)
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
大屋毘古神(おおやびこのかみ)
須勢理毘売命(すせりびめのみこと)
傍御座 稲田宮主須賀之八耳神(いなだのみやぬしすがのやつみみのかみ)



素戔嗚尊(すさのをのみこと)

須佐神社 (島根県出雲市佐田町須佐730)http://www.susa-jinja.jp/

出雲須佐神楽「茅の輪」
蘇民將來(備後風土記)
備後の國の風土記に曰く、疫隅の國社。
昔、北の海に坐しし武塔の神、南の海の神の女子をよばひに出でまししに、日暮れぬ。
彼の所に將來二人ありき。
兄の蘇民將來は甚く貧窮しく、弟のは富みて、屋倉一百ありき。
ここに、武塔の神、宿処を借りたまふに、惜みて借さず、兄の蘇民將來、借し奉りき。
卽ち、粟柄を以ちて座と為し、粟飯等を以ちて饗へ奉りき。
ここにをへて出ませる後に、年を經て、八柱のみ子を率て還り來て詔りたまひき。
蘇民將來、答へて申ししく、「我、將來に報答為む。汝が子孫其の家にありや」と問ひたまひき。蘇民將來、答へて申ししく、「己が女子とこの婦と侍ふ」と申しき。
卽ち詔りたまひしく、「茅の輪を以ちて、腰の上に着けしめよ」とのりたまひき。
詔の隨に着けしむるに、卽夜に蘇民の女子一人を置きて、皆悉にころしほろぼしてき。
卽ち、詔りたまひしく、「吾は速須佐雄神なり。後の世に疫氣あらば、汝、蘇民將來の子孫と云ひて、茅の輪を以ちて腰に着けたる人は免れなむ」と詔りたまひき。

鼠六匹に冬の蛙「茅の輪くぐれば」
http://wind.ap.teacup.com/6rats-winterflog/574.html
(以下、転載)
『備後国風土記』によれば、「北海の武塔(むとう)神が南海の神の娘を婚(よばい)に出かけたところ、日が暮れてしまった。
そこに蘇民将来と巨旦(こたん)将来という兄弟があって、兄の蘇民は貧乏だったが、弟の巨旦は大金持ちであった。
武塔神は巨旦に宿を借りようしたが拒絶され、兄の蘇民の家に泊まった。
蘇民は粟殼で座席を作り、粟飯を炊いてご馳走した。
それから何年か経って武塔神は八柱の子神を連れてやって来て、蘇民のために報恩しようと告げ、蘇民と妻と娘とに茅の輪を腰につけていよと命じておき、その夜この三人を除いて巨旦らを皆殺しにしてしまった。
そして、武塔神は[われは速須佐能雄(はやすさのお)の神なり。後の世に疫気(えやみ)あらば、汝(いまし)蘇民将来の子孫と云ひて、茅の輪を腰の上に着けよ。詔(みこと)のまにま、着けしめば、やがて家なる人は免れなむ]と告げた。」とある。(転載ここまで)




女性宮家・女性天皇断固阻止 男系男子萬世一系の皇統断固護持 旧宮家の皇籍復帰
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-category-17.html

1:40~ 赤報隊


志士は溝壑(こうがく)に在るを忘れず、勇士は其の元(かうべ)を喪うことを忘れず



違法賭博パチンコ(依存症、自殺、北朝鮮の核・ミサイル開発資金、韓国民団対日工作資金等)廃絶
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2174.html



 

スポンサーサイト

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード