奉祝 明治節 皇紀2675年11月3日

奉祝 明治節 皇紀2675年11月3日



1979130_20151103082422821.jpg
第122代 明治天皇様

明治節

第122代 明治天皇様の天長節( 天皇誕生日)

御生誕:嘉永5年9月22日(1852年11月3日)


明治天皇様の御遺徳を偲び、 天皇陛下 御皇室の彌榮を御祈念申し上げます。

皇朝萬葉一統 皇尊彌榮 皇御國彌榮



明治天皇様

第122代 天皇

御名 睦仁(むつひと)

異称 佑の宮(さちのみや)

御父 孝明天皇

御母 典侍(ないしのすけ)中山慶子

践祚 慶応3年1月9日 16歳

即位 慶応4年8月27日 17歳

生誕 嘉永5年9月22日

崩御 明治45年7月30日

在位 46年

御年 61歳

后妃 皇后一条美子 典侍柳原愛子

在位期間 1867~1912年

生誕~崩御まで 1852~1912年

御陵 伏見桃山稜(京都市伏見区桃山町)

縁の神社 明治神宮



日本国国歌「君が代」 Kimigayo - National Anthem of Japan


君が代は
  千代に八千代に
 さざれ石の
   巌(いわお)となりて
    苔(こけ)のむすまで




明治節


明治節(堀沢周安 作詞,杉江 秀 作曲)

一 アジアの東 日(ひ)出づるところ
  ひじりの君の あらはれまして
  古きあめつち とざせるきりを
  大御光(おほみひかり)に くまなくはらひ
  教(をしへ)あまねく 道(みち)明(あき)らけく
  治めたまへる 御代(みよ)たふと。
二 恵の波は 八洲(やしま)に余り
  みいつの風は 海原こへて
  神のよさせる みわざをひろめ
  民の栄(さか)行く 力をのばし
  とつ国々の ふみにもしるく
  とどめたまへる 御名(みな)かしこ
三 秋の空すみ 菊の香高き
  今日のよき日を 皆ことほぎて
  定めましける みのりをあがめ
  さとしましける みことをまもり
  代々木の森の 代々とこしへに
  仰ぎまつらん 大みかど



「愛知県護國神社 献燈祭」 明治天皇様 御製 祭祀舞『朝日舞』(愛知県名古屋 27/08/16)


明治天皇様 御製

さしのぼる 朝日の如く 爽やかに もたまほしきは 心なりけり

目に見えぬ 神の心に 通ふこそ 人の心の まことなりけれ



明治節 國士舘大学・國防部(明治神宮)




教育ニ関スル勅語(教育勅語)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E8%82%B2%E3%83%8B%E9%96%A2%E3%82%B9%E3%83%AB%E5%8B%85%E8%AA%9E

教育ニ関スル勅語(きょういくにかんするちょくご)は、 明治天皇様が山縣有朋内閣総理大臣と芳川顕正文部大臣に対し、教育に関して与えた勅語。以後の大日本帝國において、政府の教育方針を示す文書となった。一般的に教育勅語(きょういくちょくご)という。1890年(明治23年)10月30日に発布され、1948年(昭和23年)6月19日に国会の各議院による決議により廃止された。(抜粋編集転載)


明治神宮 教育勅語
http://www.meijijingu.or.jp/about/3-4.html


朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ
我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ 修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無 窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ
是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン
斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所
之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

明治二十三年十月三十日   御名御璽


五箇条の御誓文
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E7%AE%87%E6%9D%A1%E3%81%AE%E5%BE%A1%E8%AA%93%E6%96%87
五箇条の御誓文(ごかじょうのごせいもん)は、慶応4年3月14日[1](1868年4月6日)に 明治天皇様が天地神明に誓約する形式で、公卿や諸侯などに示した明治政府の基本方針である。正式名称は御誓文であり、以下においては御誓文と表記する。(抜粋編集転載)


明治神宮 五箇条の御誓文
http://www.meijijingu.or.jp/about/3-3.html


一 広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ
一 上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フヘシ
一 官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス
一 旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クヘシ
一 智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘ




幼稚園の朝礼で君が代、教育勅語、五箇条の御誓文
(私立塚本幼稚園http://www.tukamotoyouchien.ed.jp/:大阪市淀川区塚本)





人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

奉祝 昭和節(昭和の日)  昭和天皇様の御誕生日  皇紀2675年・平成27年4月29日

奉祝 昭和節(昭和の日) 
昭和天皇様の御誕生日

皇紀2675年・平成27年4月29日




245462456224565244.jpg
第124代 昭和天皇

在位期間:皇紀2561年・昭和元年・西暦1926年~皇紀2649年・昭和64年・西暦1989年
生誕~崩御まで 皇紀2649年・明治34年・西暦1901年4月29日~皇紀2649年・昭和64年・1989西暦年1月7日 87歳
御名前: 裕仁(ひろひと)
幼少時の称号: 迪宮(みちのみや)


御印 若竹
父: 第123代 大正天皇
母: 貞明皇后
陵墓: 昭和天皇 武藏野陵(むさしののみささぎ)(東京都八王子市長房町 武蔵陵墓地)
http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/guide/124/ 


本日、皇紀2675年・平成27年4月29日は 昭和天皇様の御誕生日、昭和節(昭和の日)の吉(よ)き日でございます。

昭和天皇様の御遺徳を偲び、尊皇の志、益々強固、盛んにして、國體を護持し、国難に際しては一身を挺し 皇御國に殉じ、我ら日本民族の精華を世界に顕在化し、護國の精神烈々とし、萬世一系の皇統を護持奉り、神州日本の発展、隆盛を御祈念申し上げます。

皇朝萬葉一統 皇尊彌榮 皇御國彌榮



天皇陛下萬歳









昭和天皇
http://www.youtube.com/watch?v=oxpGS7KXsP0





昭和天皇佐賀行幸「泣きじゃくる青年」 昭和天皇vs共産主義 昭和24年5月 KSM
http://www.youtube.com/watch?v=n-B_5AuWoHM

昭和天皇の広島行幸 天皇陛下は国民とともにあられました。1947 S22.12. 7
http://www.youtube.com/watch?v=XpzKdCNpvUI

昭和天皇を心から尊敬し讃えたダグラス・マッカーサー KSM
http://www.youtube.com/watch?v=65tS-cwatss

昭和天皇【Emperor Hirohito】
http://www.youtube.com/watch?v=oxpGS7KXsP0

昭和天皇の涙 昭和の日「天皇さまが泣いてござった」





昭和の日とは?
http://www.429jp.info/about_429/

昭和の日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AE%E6%97%A5

やまと新聞:日本人の素晴らしさを伝える 美しい日本の良い話
「 昭和天皇行幸」
http://www.yamatopress.com/beautifuljapanstory/pg167.html

子どもへ伝える大切なものさんブログ
 昭和の日 「天皇さまが泣いてござった」
http://ameblo.jp/hoshusaisei/entry-10857487913.html



天長節 奉祝大会(國士舘大学 昭和40年頃 4月29日)





人気ブログランキングへ

奉祝 四方節 皇紀2675年・平成27年1月1日

奉祝 四方節  
皇紀2675年・平成27年1月1日


ph-h27-newyear1.jpg

日本国国歌「君が代」

天皇陛下のお正月(宮中祭祀「四方拝」)


天皇陛下のご感想(新年に当たり)
平成27年
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gokanso/shinnen-h27.html

昨年は大雪や大雨,さらに御嶽山の噴火による災害で多くの人命が失われ,家族や住む家をなくした人々の気持ちを察しています。

また,東日本大震災からは4度目の冬になり,放射能汚染により,かつて住んだ土地に戻れずにいる人々や仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々もいまだ多いことも案じられます。昨今の状況を思う時,それぞれの地域で人々が防災に関心を寄せ,地域を守っていくことが,いかに重要かということを感じています。

本年は終戦から70年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々,広島,長崎の原爆,東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に,満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び,今後の日本のあり方を考えていくことが,今,極めて大切なことだと思っています。

この1年が,我が国の人々,そして世界の人々にとり,幸せな年となることを心より祈ります。

新年をお迎えになったご一家のご近影(お写真)
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gokinkyo/newyear/h27-0101-ph.html


1月1日行事一覧
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gokanso/gyoji-h27.html
午前 5:30 天皇陛下 四方拝 御所


新年一般参賀要領
http://www.kunaicho.go.jp/event/sanga/sanga01.html
期日 平成27年1月2日
参入時刻 (午前9時30分~午後2時10分)
参入門 皇居正門(二重橋)
退出門 坂下門,桔梗門(ききょうもん),乾門
お出まし(予定) ○第1回及び第2回は,天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下始めお出ましになれる成年の皇族方
○第3回以降は,天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,眞子内親王殿下,佳子内親王殿下
第1回 午前10時10分頃
第2回 午前11時00分頃
第3回 午前11時50分頃
第4回 午後1時30分頃
第5回 午後2時20分頃



四方拝

四方拝(しほうはい)とは、宮中で行われる一年最初の儀式。

概要
戦前には四方節とよばれていた。

皇室令が廃止された戦後においても、皇室の私的な行事とされる以外は旧皇室令に準拠して行われている。

元日の午前5時30分に、今上天皇が黄櫨染御袍と呼ばれる束帯を着用し、皇居の宮中三殿の西側にある神嘉殿の南側の庭に設けられた建物の中に入り、伊勢の神宮の皇大神宮・豊受大神宮の両宮に向かって拝礼した後、続いて四方の諸神を拝する。

ただし、2009年の四方拝は今上天皇の高齢化に伴う祭祀の簡略化により、皇居の御所において行われた。

この時に天皇が拝される神々・天皇陵は伊勢神宮、天神地祇、神武天皇陵・先帝三代(明治天皇の伏見桃山陵、大正天皇の多摩陵、昭和天皇の武蔵野陵)の各山陵、武蔵国一宮(氷川神社)・山城国一宮(賀茂別雷神社と賀茂御祖神社)・石清水八幡宮・熱田神宮・鹿島神宮・香取神宮である。



 


111_201501012245141a5.jpg
熱田神宮 皇紀2675年・平成27年1月1日

113_20150101224516039.jpg
熱田神宮 皇紀2675年・平成27年1月1日

112_20150101224517acd.jpg
熱田神宮 皇紀2675年・平成27年1月1日

114_20150101224519c2d.jpg
愛知県護國神社 皇紀2675年・平成27年1月1日

115_20150101224520597.jpg
愛知県護國神社 宮城遥拝所 皇紀2675年・平成27年1月1日



天皇陛下の御弥栄、 御皇室の御弥栄、玉体安寧、萬世一系の皇統護持、皇威伸張を御祈念申し上げます。

国家鎮護、国土安穏、国民安寧隆盛発展を御祈念申し上げます。

日本国領土・尖閣諸島の徹底護持を御祈念申し上げます。

日本民族の民族自決徹底護持

五穀豊穣 天壌無窮 皇朝萬葉一統 皇尊彌榮 皇御國彌榮

天皇陛下萬歳

天長節( 天皇誕生日) 皇紀2674年・平成26年12月23日 大須(愛知県名古屋市中区)の様子 大須は尊皇の街

天長節( 天皇誕生日)
皇紀2674年・平成26年12月23日
大須(愛知県名古屋市中区)の様子




大須は尊皇の街

五穀豊穣 天壌無窮
皇朝萬葉一統 皇尊彌榮 皇御國彌榮

天皇陛下萬歳





日本国国歌「君が代」


君が代は
  千代に八千代に
 さざれ石の
   巌(いわお)となりて
    苔(こけ)のむすまで


世界一長く続いている国【日本】

o0532046212567635405.jpg
世界史対照年表(年表の一番下、唯一日本だけが連綿と続いていることが確認できます)





皇紀2674年・平成26年12月23日、 天長節( 天皇誕生日)の吉(よ)き日、大須(愛知県名古屋市中区大須3)において、有志により、 御祝いの日の丸の小旗とお菓子が配られました。

畏くも 天皇陛下に於かれましては、81歳の御誕生日を御迎えになられましたことに謹みて御祝い申し上げ、 天皇陛下の御弥栄、 御皇室の御弥栄、玉体安寧、萬世一系の皇統護持、皇威伸長、國體護持を御祈念申し上げます。

日本国、日本民族に、天地の神々、 皇御國に坐す八百万の神々、
皇祖皇宗の御神霊の御加護垂れ給わんことを謹みて御祈り申し上げます。





若人が 

  天皇陛下 萬歳と 

   唱和する街 

     大須弥栄




神州日本不滅也

1133.png
聖寿萬歳   天皇陛下萬歳三唱 有志
万松寺通 東端 東から西に向かって撮影 (愛知県名古屋市中区大須3) 26/12/23


1125_201412310800254b3.jpg
万松寺通 東端 東から西に向かって撮影 (愛知県名古屋市中区大須3) 26/12/23


1126.jpg
万松寺通 東端 (愛知県名古屋市中区大須3) 26/12/23


1115_2014123107061484c.jpg
万松寺通 東端 東から西に向かって撮影 (愛知県名古屋市中区大須3) 26/12/23


1116_20141231070616695.jpg
万松寺通 西 西から東に向かって撮影 (愛知県名古屋市中区大須3) 26/12/23


1117.jpg
万松寺通 コメ兵前 東から西に向かって撮影 (愛知県名古屋市中区大須3) 26/12/23 11:00頃
 

1111_201412310708559f3.jpg
別格本山 後村上天皇勅願所
「北野山真福寺寶生院(きたのさんしんぷくじほうしょういん)(第96代 後醍醐天皇が寺号を賜る)」
大須観音(俗称) 本堂「大悲殿」
(愛知県名古屋市中区大須2-21-47) 26/12/23


1118_20141231070857db1.jpg
大須観音 本堂「大悲殿」 26/12/23


1119_20141231070859813.jpg
熱田神宮 愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1 26/12/23
本宮(ほんぐう)
熱田の杜(もり)奥深く鎮まります本宮は、明治26年までは尾張造りの社殿でしたが、三種の神器奉斎の社であることから伊勢の神宮とほぼ同様の社殿配置・規模の神明造りに改造されました。
昭和20年3月・5月と、2回の戦災を受けましたが、昭和30年10月に造替されました。
本宮の拝所は外玉垣御門(とのたまがきごもん)の前で、この御門と四尋殿(よじんでん)を併せ拝殿と称し、東西翼廊を付設しております。
その拝殿より御垣内を拝すると、一番奥に最も高く千木(ちぎ)・勝男木(かつおぎ)の見える社殿が「本殿」で、熱田大神はここに鎮まります。拝殿から順に「外玉垣」「内玉垣」「瑞垣(みずがき)」の垣があり、垣の各南正面には御門があります。内玉垣と外玉垣との間の広場を「中重(なかのえ)」といい、正面中程に立っている鳥居を中重の鳥居といいます。例祭をはじめ祭典の多くはこの中重にて斎行されます。
社殿は、再建以来50余年を経て、大屋根の葺替えをはじめ授与所・神楽殿の修造時期を迎えたことから、平成19年10月22日「仮殿遷座祭」を齋行。約2年の歳月をかけて事業は竣功し、平成21年10月10日に「本殿遷座祭」、翌11日に「臨時奉幣祭」を晴れて斎行。4年後の平成25年、創祀千九百年の慶節を真新しい社殿でお迎えする準備が整いました。


1120.jpg
熱田神宮 愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1 26/12/23
別宮八剣宮(べつぐうはっけんぐう)  新しく建て替えられました。
元明天皇和銅元年(708)9月9日に勅命により神剣をつくり、境内に社を建てて、祀ったことが創祀です。
建築様式をはじめ、年間の祭典・神事に至るまで全て本宮に準じて執り行われます。古来、武家の信仰が殊に篤く、天正3年織田信長は長篠に出兵の際社殿の修造を命じ、又慶長4年家康は拝殿・回廊・築地の修造を、貞享3年将軍綱吉は本殿の造替を行った等の記録が残っております。
本宮の参拝を終えられたら、少し足を伸ばして是非参拝されることをお勧めします。(転載)


1121.jpg
愛知県護國神社 愛知県名古屋市中区三の丸1丁目7-3 26/12/23
御祭神
護國の神霊(愛知県ゆかりの御英霊)

御霊験
御祭神は、郷土の平和と繁栄を願いつつ、私共の身代りとなられた神霊であり、国難・家難・われわれの災禍を身代わって防いで下さいます。
皆様方の日々の暮らしのご繁栄とご安全の諸祈願に、御霊験あらたかであります。

沿革
明治2年5月尾張藩主徳川慶勝侯が、戊辰の役に戦死した藩士等二十五柱の神霊を、現在の名古屋市昭和区川名山にお祀りして「旌忠社」と号したのが始まりで、その後嘉永6年以降、先の大東亜戦争に至るまでの愛知県ゆかりの御英霊九万三千余柱を、護國の大神としてお祀り申し上げております。
神社名は、明治8年「招魂社」、同34年「官祭招魂社」、昭和14年「愛知縣護國神社」と改称、戦後一時「愛知神社」と称したが、同30年現社名に復称した。
鎮座地は、大正7年現在の名古屋市北区名城公園、昭和10年に現社地に御遷座。
同20年3月19日の空襲で御社殿は炎上したが、同33年11月本殿・拝殿等復興、同57年10月社務所竣工、平成10年3月神門・舞殿・廻廊が竣工し、戦災復興が完了した。

官祭招魂社跡
愛知縣護國神社御鎮座百二十年を記念して、その前身である、「官祭招魂社」跡地に愛知縣護國神社いしぶみ会(境内建碑団体)が時計塔を名古屋市に寄贈し、その基壇として建立。

旌忠社跡
愛知縣護國神社御鎮座百三十年を記念して、神社創建の地(昭和区川名山町)に「旌忠社跡」碑が平成11年12月20日に建立された。
現在は聖霊病院があり、その母体である社会福祉法人聖霊会のご好意により建立が許された。(転載)


1122_20141231071005507.jpg
愛知県護國神社 宮城遥拝所  26/12/23



人気ブログランキングへ

奉祝 天長節( 天皇誕生日)  皇居一般参賀 皇紀2674年・平成26年12月23日

奉祝 天長節( 天皇誕生日)  皇居一般参賀

皇紀2674年・平成26年12月23日

五穀豊穣 天壌無窮
皇朝萬葉一統 皇尊彌榮 皇御國彌榮

8890.png




2:44~

天皇陛下 御言葉

誕生日に、当たり、皆さんの祝意に、深く感謝します。
今年も、さまざまな、自然災害が日本を襲い、決して、安泰であったとはいえない、1年が、過ぎようと、しています。
昨日(きのう)は、冬至でした。
これから、わずかながら、日が、だんだん、長くなっていきます。
皆さんにとって、来(きた)る年が、明るい年となるよう、願って、やみません。
皆さんの、健康と、幸せを、祈ります。





天皇陛下萬歳



宮内庁

天皇誕生日祝賀・一般参賀
天皇誕生日祝賀
http://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/sanga/shukuga02.html

一般参賀
天皇陛下が,国民から祝賀をお受けになる行事です。午前は,天皇皇后両陛下が皇族方とご一緒に,随時宮殿のベランダにお出ましになり,直接国民の祝賀をお受けになっています。その際,天皇陛下のお言葉があります。参賀者は皇居正門から入門して宮殿東庭で祝賀の上,退出します。午後は,宮殿において祝賀行事が行われるため,天皇皇后両陛下と皇族方のお出ましはなく,参賀者は坂下門から入門して,宮内庁庁舎前で記帳するか,名刺を提出の上,退出します。

参賀について

皇居での天皇誕生日一般参賀は,昭和23年4月29日から始まりました。当時の参賀は,午前8時から午後4時までの間,参賀者が正門から入門し,正門内鉄橋付近に設けられた記帳所で記帳の上,坂下門から退出していました。当時は,現在のような天皇皇后両陛下・皇族方のお出ましはありませんでしたが,昭和天皇は,この参賀の様子を庁舎の屋上からご覧になっていました。
昭和25年4月29日,庁舎中央玄関上のバルコニーにおいて,昭和天皇・香淳皇后が参賀者の前に初めてお出ましになりました。
その後,宮殿造営のため一時中断されましたが,昭和44年4月29日から現在の宮殿で行われるようになりました。

 


人気ブログランキングへ

Template Designed by DW99