ミャンマー連邦には憤慨す




・左画像  被弾した長井さんを放置して走り去る治安部隊(流れ弾に当たったと言うのなら保護すべきは当然である)

・中央画像 後方至近距離から被弾したところ。長井健司さん(白い服)を至近距離から狙い撃ちした治安部隊(白い服の右の緑の服)の証拠映像(ANN動画より)

・右画像  長井さん(白い服)が被弾して宙に浮いて倒れて行くところ、永井さんの右(緑の服)が銃弾を発射した治安部隊隊員(ANN動画より)



ミャンマーデモで日本人死亡
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=304788&media_id=2


長井健司さんが「至近距離から狙い撃ち」された可能性が高いとの報道と被弾の詳細映像が流れている。

ミャンマー外務省の「デモに巻き込まれて死亡した」という説明は錯誤であると思う。

いずれにしろ非武装の日本人同胞がミャンマーで治安部隊に射殺された事実には変わりない。

駐日ミャンマー連邦大使館に対しての抗議は当然な事である。

長井健司さんの御冥福を心より御祈り申し上げます。



外務省:ミャンマー連邦http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/myanmar/index.html

ミャンマー連邦大使館
〒140-0001 品川区北品川4丁目8-26
電話:03-3441-9291、 03-3441-9294  FAX:03-3447-7394
特命全権大使:フラ・ミン 

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/inte_news3.html?now=20070929213753(ANN NEWS)
===========================

【バンコク=田原徳容】ミャンマー軍事政権の反政府デモ鎮圧の様子を撮影中に流れ弾を受けて死亡したとされるニュースプロダクション「APF通信社」(東京都港区)の契約記者、長井健司さん(50)が治安部隊に狙いを定めて銃撃された可能性が高いことが28日、明らかになった。

 在ヤンゴンの本紙通信員が事件現場にいた人から聞いた話などによると、27日午後、長井さんは、治安部隊と市民らがにらみ合う状態を直近からビデオカメラで撮影していたといい、治安部隊側に気づかれていたとみられる。

長井さんは胸を貫通する銃弾を受け即死しており、至近距離から意図的に銃撃された可能性が高い。

軍政は武力行使の場面を撮影されることに神経をとがらせており、デモ弾圧では、治安部隊や警察が、カメラやビデオを所持した市民らに銃を向ける場面が多数目撃されていた。

最終更新:9月28日15時51分 読売新聞


==========================


<ミャンマー>カメラマンの長井健司さん、取材中に死亡
(毎日新聞 - 09月27日 21:02)
 
【バンコク井田純】外務省は27日、ミャンマーのヤンゴン市内で独立系ニュースプロダクション「APF通信社」(東京都港区)の映像ジャーナリスト、長井健司さん(50)=東京都中野区=が撃たれ、死亡したことを確認した。

ミャンマー外務省は「デモに巻き込まれて死亡した」としている。同通信社によると、長井さんは25日からミャンマーで取材していた。

 ミャンマー国営テレビは27日夜、日本人1人を含む9人が死亡したと認め、「デモ隊の頭上に威嚇発砲したが、群衆に紛れていた日本人が犠牲になった」と述べ、危害を加える意図はなかったと主張した。

 町村信孝官房長官は27日夜、東京都内で記者団に対し、長井さんの死因について「心臓を弾丸が貫通したことによるものだ」と述べた。

 ロイター通信によると、長井さんは市内のスーレーパゴダ付近で、治安部隊がデモ隊を排除しようとしたところをカメラで撮影中だったという。関係者によるとその取材中に撃たれた。

 ロイター通信は、目撃者の話として、ヤンゴンで市民ら約1万人による反軍政デモの最中、治安部隊がデモ参加者らと衝突して発砲、日本人1人が撃たれたとしている。

 長井さんの遺体は市内の「ヤンゴン総合病院」に収容されており、関係者は遺体に銃創を確認した。病院入り口前には兵士約50人が立ち厳戒態勢が敷かれている。

 APF通信社によると、長井さんは同社契約のカメラマン兼記者で、今月25日に別の取材で滞在中だったタイからミャンマーに入国、現地のコーディネーターと取材していた。

27日にも取材を続けるとの連絡が入ったという。長井さんがミャンマーで取材するのは初めて。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99