年越しの大祓(としこしのおおはらえ)

本日は「年越しの大祓」の日です。

「大祓とは、知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過ち、心身の穢を祓い清めるための神事を「大祓」といいます。

 毎年六月と十二月の二回、その月の末日に行います。六月の大祓を「夏越しの大祓」、十二月の大祓を「年越しの大祓」ともいいます。

 平安時代初期の国家の法制書『延喜式』にも、六月と十二月の大祓が記されており、古くから行われていたことがわかります。

 大祓には「形代」(撫物ともいい、紙を人の形に切り抜いたもの)に、名前と年齢を書き、さらにその形代で身体を撫でて息を吹きかけます。

そうすることに より、自分の罪穢を移し、それを海や川などに流しわが身の代わりに清めてもらいます。また、合わせて、疫病や罪穢を祓う「茅の輪くぐり」を行います。」ネットより


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



本年度も皆様方に於かれましては誠にお世話になり、誠に有難うございました。

多くのご意見、情報を賜り深く感謝申し上げます。

多くのご意見・情報を参考・活用・運用させて頂き、街頭活動、直接抗議行動等を実行させて頂きました事に深く感謝申し上げます。

来年度も何卒よろしくお願い申し上げます。

皆様方にとりまして、良き年になりますようご祈念申し上げます。


       皇紀弐千六百六拾八年壱拾弐月参拾壱日


              天皇陛下萬歳
スポンサーサイト

Template Designed by DW99