fc2ブログ

非理法権天 「敷島通信」山下俊輔(山下しゅんすけ) 起きる会 代表

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

外国人参政権阻止!名古屋・大曽根(愛国倶楽部21年11/29)
http://www.youtube.com/watch?v=5dXxBgm2XGE


平成21年11月29日 愛国倶楽部 名古屋・大曽根

外国人参政権断固阻止!

愛国倶楽部主催による外国人参政権断固阻止の街宣・ビラ配り・ポスティングを名古屋・ 大曽根駅近辺で行った。

多くの日本国民の方にビラを受け取って頂きました。

この外国人参政権という売国亡国法案に関しては日本国民の皆さんの関心は非常に強いよ うに感じる。

また親子で道行く5歳位の男の子は「外国人に決めてもらわなくていいよ」という言葉が 印象的であった。

まさに正鵠を射た見解ではないかと感じだ次第である。

又、たまたまと思うが、女性がビラを受け取りそれを示し発言されてきた。

女性:「民主党の批判がされているが、どういうことなのでしょうか」

私:「外国人参政権の問題で民主党は結党時の基本政策になっているし、小沢さんが外国人参政権を成立させようとしているので」

女性:「私の娘、国会議員なんです」

私:「娘さんというと・・・、佐藤夕子さんですか(愛知1区衆議院議員)?」

女性:「そうです」

私:「佐藤夕子さんは外国人参政権に対して、一衆議院議員として反対と事務所の太田さ んが言ってました。よろしくお伝え下さい」

女性:佐藤夕子さんの写真が載っている雑誌を示し「太田さんは第一秘書。これが太田さん」

私:「そうですか、太田さんは公設秘書だったのですか」「外国人参政権反対という事で、佐藤夕子さんによろしくお伝え下さい」


民主党が画策する外国人参政権を始めとする売国亡国法案の断固阻止を日本民族たる民主党国会議員に強く要望する。

独裁・小沢一郎にちゃぶ台返しを断行する勇気ある日本民族たる民主党国会議員はいないのか。

国体・日本国・日本民族より独裁・小沢一郎が上位に位置しているということなのか。

民主党が事実上、党独裁・小沢独裁ならシナ共産党、朝鮮労働党と何処が違うのか。

民主党国会議員に問う!

党独裁・小沢独裁、その災禍を被る日本民族が一番の被害者となる事は独裁専制の政体を有した、又有する世界の歴史が証明している。
スポンサーサイト



共産党は悪魔の集団だ!by李登輝友の会・愛知(21年11/29)
http://www.youtube.com/watch?v=OlPMWVFc2g0


平成21年11月29日 日本李登輝友の会・愛知 名古屋・栄

「共産党は悪魔の集団であります」

「外国人に参政権を与えるという事は外国の勢力を日本に導き入れる、これは悪魔の仕業 であります」

抗議先:岐阜県多治見市役所 
0572-22-1111

多治見市長・売国亡国の徒・古川雅典が提案した 「多治見市市民投票条例」という永住外国人(主に南北朝鮮人)に市政の重要課題に直接賛否の意思決定の権利を常設的に与える売国亡国条例を阻止すべし。


常設型「多治見市市民投票条例」について、11月30日の総務常任委員会で審議・採決する当該委員である各務(かがむ)市議http://www.city.tajimi.gifu.jp/gikai/news/profile/index.htmlと昨日会話した。

長時間に渡り話しをさせて頂きましたし、また話しを伺いました。

要約すると、国交の無い国の永住外国人に条例に関する投票を与える事は如何なものか、という事であるが、他の永住外国人に対して与える事に対しては賛意を示しているようにその会話から感じた。

私も色々と質問、見解を述べた。

私の対在日南北朝鮮人感を述べるに及ぶと危険だとのご意見を頂いた。

私からすると何処が危険なのか分からないが、そのあたりの朝鮮に対する歴史観に乖離が見られるため、埋まる事は無いだろうと感じた。

私からすると戦後自虐史観にドップリ浸かった歴史認識に基づいて対在日南北朝鮮人に対応することがその基本であるように感じた。

これこそが朝鮮民族・シナ人が喜んで止まない日本民族が永遠に固定概念として精神内に留めおいて欲しい自虐歴史認識・贖罪意識以外のものではないかと思う。

自虐史観・贖罪意識を日本民族に持たせておく事は朝鮮民族・シナ人にとってこれほど都合の良いものはない。

GHQにしても日本民族弱体化政策で民族の誇りを消し去ろうとしたのではないのだろうか。

それが、今だに続いているのであろうと推測するものである。

日本の自虐史観・贖罪観念、これを御旗にして朝鮮民族・シナ人ら反日民族が権利主張をすれば、日本民族は程なく自ら萎縮して自ら萎えてしまうのでこれほど都合の良いものは無い。

この様な事と今までの朝鮮民族の日本民族に対する所業を述べ、そして反対であるというと、危険だという答えが返ってきた。

私からすると戦後自虐史観に浸かりきり歴史の真実を見ようともせず、朝鮮人というフレーズが出た瞬間に思考停止状態になる方が余程危険ではないかと思うところである。

地方自治法に基づいて云々ということを述べられていたわけであるが、地方自治法に詳しくないので勉強が必要であると感じた。

以下は各務市議の見解の要約である。

「現在1750地方自治体があって、その中で40自治体がこの永住外国人に条例の可否の意思決定権を与えている。

条例に於ける罰則規定を策定できる等からそれに外国人の意思が介入する事に関しては、条例を作って憲法上のものを作る事はできない。

条例は罰金ではなく、過料。

各自治体は投票条例を設けている。

参政権はダメという立場。

市民投票は永住外国人を全て排除する事は如何なものか。

参政権と市民投票権は別。

国連が義務教育を受ける決議を出し、190カ国がこれを批准している。

永住外国人に対して生活保護の適用、永住外国人は納税をしている。」

考え方が私とは違うので何処まで話しても平行線をたどるのだろうと感じられたが、ご丁寧に色々とお話し頂きましたことに感謝申し上げます。

最後に私は「多治見市市民投票条例」に反対との意思を述べた。

私は地方は国そのものなので、地方の一つ一つは極めて大事であって、その地方での永住外国人に対する事案には極めて注意を払うべきであると思っている。

韓国民団は地方参政権の要求という地方から攻めてきているのではないかと感じる。

ましてや地域主権とかの言説が大手を振っている昨今である。

地方が全て落ちれば、これ国が落ちた事に事実上なるのではないのだろうか。

北は稚内から南は与那国島まで、何処一つをとっても疎かにすべき地域はこの日本には存在しないと思う。

メディア、各種情報に惑わされる事無く、迎合する事無く、自らの思うところを主張する、この基本は確実に担保し、日本国、日本民族を少しでも護持し得ればと思うところである。




潰せ!岐阜県多治見市(市長・古川雅典)が永住外国人(主に朝鮮人)に住民投票を与える売国条例を画策
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/entry/1342063/

(現況)岐阜県多治見市の「多治見市市民投票条例」という永住外国人に可否権を与える条例阻止!
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/entry/1342306/
抗議先:岐阜県多治見市役所 
0572-22-1111

多治見市長・売国亡国の徒・古川雅典が提案した 「多治見市市民投票条例」という永住外国人(主に南北朝鮮人)に市政の重要課題に直接賛否の意思決定の権利を常設的に与える売国亡国条例を阻止すべし。

今後の日程:http://www.city.tajimi.gifu.jp/gikai/news/schedule/nittei.html

11月30日(月)10時~ 総務常任委員会で審議議・採決

12月14日(月) 多治見市議会本会議 委員長報告~表決

平成21年11月28日、本件について多治見市議会事務局・服部氏に電話で聞いた。

議会事務局:「多治見市市民投票条例は(多治見市長・古川雅典)市長からの提案」「11月19日に提案された」

「これから審議」

「本会議の質疑は終わった」

「総務常任委員会に付託されている」

「11月30日(月)10時から総務常任委員会は開会される」

「他の議案と共に審議される」

「11月30日に総務常任委員会で表決される」

「全体の表決は12月14日(月)だ」

私:「総務常任委員会のメンバーは?」

議会事務局:「6名だ」

「総務常任委員会http://www.city.tajimi.gifu.jp/gikai/news/profile/index.html

委員長・大安歳博(だいあん としひろ)自由クラブ 
0572-25-1461

副委員長・柴田雅也 自由クラブ
0572-25-7825

若尾敏之 自由クラブ 
0572-25-6612

仙石三喜男 リベラル多治見 
0572-44-2075

各務幸次(かがむ こうじ) 自由クラブ 
0572-23-6764

岡田智彦(現多治見市議会議長) 自由クラブ
0572-27-9080

多治見市議24名の内訳

自由クラブ 18名(最大会派)

公明党 3名

共産党 1名

リベラル多治見 2名(民主党、市民系)

11月30日(金)の総務常任委員会の採決は可決にしろ否決にしろ、総務常任委員会でこういう結果であったと総務常任委員長・大安市議が本会議で言う。

そして12月14日、本会議で表決が行われる。

過半数(13名以上の賛成)で可決。条例成立」

私:「多治見市市民投票条例に反対だ」



潰せ!岐阜県多治見市(市長・古川雅典)が永住外国人(主に朝鮮人)に住民投票を与える売国条例を画策
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/entry/1342063/
抗議先:岐阜県多治見市役所 0572-22-1111


杉田謙一氏のブログによると岐阜県多治見市が何やら蠢動している。

「多治見市市民投票条例」という永住外国人に市政の重要課題に直接賛否の意思決定の権利を常設的に与える売国亡国条例だ。

永住外国人といえば主に朝鮮民族が占める事は明白である。

また在日南朝鮮人組織・韓国民団の地方行政に対する策動か。

地方から日本を侵蝕しようと執拗に常に画策しているのが韓国の憲法と法律を遵守する公然と日本で謳う南朝鮮人組織・韓国民団である。

地方から日本を侵蝕しようと執拗に常に画策工作しているのが南朝鮮人組織・韓国民団である。

反日抗日が国是の韓国の下部組織で、日本国で日本領土・竹島を韓国領と主張し竹島不法占拠を肯定し、日本海を東海と主張し、韓国の憲法と法律を遵守すると公然と日本で謳い、日本での南朝鮮民族の権益拡大に日々勤し画策工作するのが南朝鮮人組織・韓国民団である。

日本国岐阜県多治見市の意思決定に反日国家韓国組織・韓国民団・南朝鮮人を始めとする永住外国人を関与させるな!



杉田謙一氏ブログ:多治見市住民投票条例待った
http://plaza.rakuten.co.jp/seimeisugita/diary/200911270001/

杉田氏によると多治見市長・古川雅典の肝いりで審議しているとの事。


>>>多治見市は16日、市政の重要課題に市民が直接賛否を下すことができる「常設型」の住民投票条例案を、19日から始まる12月定例議会に提案する方針を明らかにした。

投票権は18歳以上とし、・・・・「永住外国人」・・・・にも与える。

・・・・「常設型」・・・・は県内では初めて。

可決されれば来年4月1日から施行する。

 名称は「多治見市市民投票条例」。(1)選挙人登録者名簿の4分の1以上の署名(2)市議会の議員定数の12分の1以上の賛成で議員提案し、過半数による議決(3)市長自らの決定の三つの場合に投票を実施する。<<<<


岐阜県多治見市の売国亡国策動を叩き潰せ!

多治見市長・古川雅典を放逐せよ!



多治見市http://www.city.tajimi.gifu.jp/

多治見市役所 企画部 秘書広報課
〒507-8703 岐阜県多治見市日ノ出町2丁目15番地
電話:(0572)22-1111 FAX:(0572)24-3679 Eメール:hisyokoho@city.tajimi.gifu.jp


多治見市長プロフィールhttp://www.city.tajimi.gifu.jp/hisyo-koho/mayor/
 氏  名 : 古 川 雅 典(ふるかわ まさのり)
 生年月日 : 昭和27年6月26日(1952年)  かに座 A型
 出  身 : 多治見市

●略歴
 昭和34年4月(1959年)多治見市立精華小学校入学
 昭和40年4月(1965年)多治見市立陶都中学校入学
 昭和43年4月(1968年)岐阜県立多治見北高等学校入学(11回生)
 昭和46年4月(1971年)芝浦工業大学工学部入学
 昭和52年4月(1977年)多治見市役所に就職
 昭和62年4月(1987年)多治見市議会議員に初当選
 平成 3年4月(1991年)多治見市議会議員に再選
 平成 7年4月(1995年)多治見市議会議員に3選
 平成11年4月(1999年)岐阜県議会議員に初当選
 平成15年4月(2003年)岐阜県議会議員に再選
 平成19年4月(2007年)多治見市長に初当選

●家族構成    妻、娘、息子、母
●信条      わかりやすい言葉でわかりやすい政治を
●趣味       ウォーキング、B級グルメ食べ歩き
●好きな言葉   一期一会
●好きなスポーツ ハンドボール
           (大学時代に、全日本学生選手権大会、NHK杯全日本総合選手権大会に出場)
●好きな音楽   沖縄民謡、ジャズ
●好きな人物   坂本龍馬、J.F.ケネディ
●好きな食べ物  めん類なんでも




===================

18歳以上、永住外国人にも投票権
http://mytown.asahi.com/gifu/news.php?k_id=22000000911170004
2009年11月17日

◆常設型住民投票 多治見市提案へ

 多治見市は16日、市政の重要課題に市民が直接賛否を下すことができる「常設型」の住民投票条例案を、19日から始まる12月定例議会に提案する方針を明らかにした。

投票権は18歳以上とし、永住外国人にも与える。常設型は県内では初めて。

可決されれば来年4月1日から施行する。

 名称は「多治見市市民投票条例」。(1)選挙人登録者名簿の4分の1以上の署名(2)市議会の議員定数の12分の1以上の賛成で議員提案し、過半数による議決(3)市長自らの決定の三つの場合に投票を実施する。

市民、議会、首長の3者のいずれもが請求、発議できる形を整えた。

二者択一で賛否を問う形式とし、公職選挙法と同様に市選挙管理委員会が管理、執行。投票率に関係なく開票する。

 投票結果については、すでに施行されている同市市政基本条例によって「市議会と市長は尊重しなければならない」と定めている。

 古川雅典市長は「住民の直接請求のツール(道具)。

市政の根幹にかかわるような問題で、是か非か賛否をはっきりさせる必要がある場合に使ってほしい」と話す。現時点で想定されている案件はない。

 常設型の住民投票条例は、2000年に愛知県高浜市で全国で初めて成立、02年には永住外国人にも投票権を認めた。東海3県では三重県名張市などでも制定されている。

 市民主導で国民・住民投票の推進に取り組む「国民投票/住民投票情報室」によると、同様の条例はこれまで全国で約40の自治体(合併で廃止になった場合も含む)で制定されている。(本間久志)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード