fc2ブログ

非理法権天 「敷島通信」山下俊輔(山下しゅんすけ) 起きる会 代表

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂



左画像:田岡実こと江川実ことキム・チャンブ(67歳 東京都あきる野市在住)

右画像:弁護士(女性 推定年齢30歳前後)

------------------------------------

平成23年5月25日13:20~13:25 
名古屋地方裁判所 第902号法廷


事件番号 平成23年(わ)第460号

出入国管理及び難民認定法違反

被告人 田岡実こと江川実ことキム・チャンブ

裁判官 天野登喜治

書記官 渡辺輝夫

担当部係 刑事第1部A係

判決 懲役3年 執行猶予4年
(裁判長が日本語で主文を述べた後、通訳が朝鮮語で述べた。被告人 キム・チャンブは日本語が流暢であった)


多くの傍聴者がいた。傍聴席における傍聴者の占有率は70パーセントほどであったと記憶する。

傍聴席の中ほど先頭で、若い男性が、キム・チャンブの顔と推測するが、大きなスケッチブックに記載していた。

閉廷後、法廷を退出したところで、10名ほどと記憶するが、記者らに囲まれてキム・チャンブと弁護士が発言した。

キム・チャンブ:「希望の光が見えてきた。感謝しています。この感謝を忘れないで恩返しをしたいです」

某記者:「誰に感謝してますか?」

キム・チャンブ:「裁判長に感謝してます」

弁護士:「取材には応じない。在留特別許可の申請、手続きは開始している。入管は仮放免となっている」

キム・チャンブの息子:「(おもむろに発言し出す)この中で、産経新聞いる!?」

・・・記者らの反応なし、無言・・・

私:「何で?」

キム・チャンブの息子:「産経が住所を書いた」

私:「ふーん、そうなんだ。おたくは?」

キム・チャンブの息子:「息子」


弁護士を先頭にして、キム・チャンブ(身長165センチほど少しやせ気味)、息子(身長175センチほど、中肉中背、黒ぶち眼鏡)、親族と思われる中年女性3名が、エレベーターに向かい、この6名だけでエレベーターにて下降して行った。


------------------------------------

「北朝鮮で工作員教育」 不法在留の韓国籍の男が供述
2011.4.23 01:00 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110423/crm11042301000000-n1.htm

 愛知県警に入管難民法違反(不法在留)容疑で逮捕、起訴された韓国籍の男(67)が「昭和42年に日本から北朝鮮に連れ出され、工作員教育を受けた」と供述し、その内容を詳しく説明していることが22日、捜査関係者への取材でわかった。

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)関係者の関与のほか、出入国などの手口がこれまでの捜査で判明した日本人拉致事件と酷似しており、警察当局が注目している。

 男は東京都あきる野市内に住む元建設作業員。名古屋地裁で22日に開かれた初公判で、入管難民法違反罪の起訴内容を認める一方、「(北朝鮮の)諜報員としての活動は一切していない」と証言した。

 捜査関係者や検察側の冒頭陳述によると、男は同39年に日本に密入国。愛知県内に住んでいた42年、朝鮮総連の幹部に「東京に行かないか」と誘われ上京、翌日すぐに案内役の男から旅行に誘われた。

 電車で青森に行った後、タクシーで海岸に連れて行かれ乗船。北朝鮮では工作員になる訓練を強制され、平壌市内のホテルで2カ月間にわたって思想教育を受けた。

男の供述によると、内容は、抗日運動の歴史や朝鮮労働党の主体(チュチェ)思想、日米帝国の悪の実態だったという。

続いて山中の小屋に移され、乱数表の解読方法や身の隠し方、重機の操作などの訓練を約1カ月間受けた。

この後、日本に帰ったら出頭して韓国に強制送還され、韓国内で祖国統一のための仲間集めや韓国で革命が起きた際の後方支援を行うよう指示された。

 男は42年6月、北朝鮮から北海道の近くまで船で行き、小型船に乗り換えて上陸。

乱数表と工作資金約20万円を渡されたが、結局、北朝鮮側の指示に従わず、日本で不法在留を続け、東京や神奈川両都県などで職を転々として暮らしたという。

 警察当局は、朝鮮総連の関係者が工作員獲得に関与していた可能性が高い点や北朝鮮が対韓国工作を活発化させていた時期と一致する点に注目。

日本人の拉致事件とも手口が酷似していることから、供述の信憑(しんぴょう)性が高いとみて、慎重に分析を進めている。
スポンサーサイト



東日本大震災のドサクサに紛れて、やることをやらないで、やらないでもいいことを進んで行う、左翼革命政党民主党。

日本を壊すことが本義である政党の面目躍如というところか。

大規模天災が起こると火事場泥棒など、規模、人数、手口の差異は存在するが、これ幸いと犯罪を行うものが出てくるのは世界共通の事象であるが、その犯罪者の感性と同レベルなのが、左翼革命政党民主党・政府である。

標準的な日本民族の感性で、左翼革命政党民主党・政府を見ていると大ヤケドすることはいうまでもない。

こういう、大震災の時こそ、左翼革命政党民主党・政府が画策、工作する反日、売国、亡国、反日本民族の動きに注視しなければならないのは、当たり前といえるだろう。

--------------------------------------

ひめさんの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1729878266&owner_id=23996125

--------------------------------------

「コンピューター監視法案」ついに審議入りも、
日弁連や民主党内からも懸念、疑問の声が
http://bit.ly/mbj2xX
2011年05月26日 09:38 JST

【PJニュース 2011年5月26日】

「コンピューター監視法案」、ついに実質審議入りも、疑問の声多数噴出している。さまざまなところで反対意見が報じられてきた「コンピューター監視法案」(正式名称 情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律案)だが5月25日、衆議院法務委員会において、ついに実質的な審議入りがなされた。

しかし、この件に関しての大メディアの動きは鈍く、本記事を書いている現段階では、審議入りの事実はほとんど報じられていないのが現状だ。

一方で、「令状無しでの保全要請」、「ウィルス作成・取得・保管罪設置」、「わいせつ物基準広範化」など、この改正案には多くの問題点が指摘されている。

実際の審議の場でも、民主党の複数の議員が、法案に懐疑的な立場で質問を行う事態となった模様だ。

なお、質問にあたった民主党、橘秀徳議員は、公式ブログ内で「民主党でも多くの議員が反対しながら閣議決定され、国会に提出されたものです」(http://ameblo.jp/tachibana-hidenori/entry-10902790263.htmlより)とも述べている。

こうした現状は、与党どころか民主党内でも異論が多数存在することをうかがわせるもので、内閣が党内の異論すら押し切り、法案を通そうとしているのではと推測させるに足るものがあると見られても仕方のないところだろう。

5月23日付けで日弁連も、様々な問題点を提示した上で、「慎重な審議がなされるよう求める」との会長声明を出すなど、(http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/110523.htmlより)議会に限らず反対する意見が出ているという状況だが、審議入りした以上、早々に採択が行われ、可決される可能性が非常に高いとも考えられている。

さて、問題は、震災や原発被害という未曽有の危機に直面した現在の状況で、異論が噴出しているこれらの規制案を成立させる必要性が一体どこにあるのかという部分だ。

しかも、多くの刑法が一度に改正される形を取っているので、全く種類の異なる法律の改正案が同時に提示され、法案を一つずつ精査していくのが難しい形となっている。

本来、単一案件としても、多くの議論を必要とするような改正案が、言わば「抱き合わせ」的な形で、設置され、あるいは変更されようとしている。

法案改正の是非は置くとしても、「タイミング」と「方式」の二点については、今回の場合、批判するに足るものがあると思われる。

多くの法案を変更させるだけの喫緊性のある問題が存在するとするなら、十分な議論を保証する必要があるし、議論に必要な時間が得られるタイミングをはかる必要があるはずだ。

●「ウィルス作成・取得・保管罪」は本当に必要なのか?

今回の「改正」の目玉の一つが、コンピューターウィルスなどのサイバー犯罪に対応するためとされている「ウィルス作成罪」だ。

しかし、ウィルスを作成し配布したりした人間が既存法で対処できないというわけではない。現に、「イカタコウィルス」を作成・配布したとされる容疑者は、器物損壊罪で検挙されている。

少なくとも、悪質なウィルス作成・配布者を検挙できる枠組みは出来上がっていると言える。

となれば、わざわざ「ウィルス作成罪」を新設して対処にあたる必要性は見いだせない。

「ウィルス」を取得、あるいは保管しただけで法的処罰対象にするという条文は、なおさら必要性が薄く、多くの危険性が指摘されてもいる。

「予防拘禁」的に、ウィルスの取得や保管という罪状を利用するなら、その対象は極めて多岐に及ばざるを得ず、いつ感染したのかといった認識をユーザーが持てないといった実情もあり、「誰でも逮捕される状況」が作り出されてしまう危険性が大きい。

これについて法務省からは「正当な理由がないのに、無断で他人のコンピューターにおいて実行させる目的で、ウイルスを保管した場合」に成立するものだとして、単にウイルスを送りつけ られて感染させられた場合などは、そもそもウイルスであるとの認識を欠く場合も多いと考えられる上、仮にウイルスであることを知ったとしても要件を満たさ ないため罪は成立しないと説明している(http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110519_446861.html)」との説明があったと報じられているが、その「目的」をでっち上げられる危険性、あるいは「自白」させられるというような懸念が払しょくされていない以上、法務省の説明があるから安心だということにはならないだろう。

こうした点を総合的に考えて、既存法によって対処できる状況がありながら、わざわざ法律を新設するメリットは非常に少なく、デメリットは大きいと考えることができる。

●令状なしの「保全要請」は本当に「問題がない」のか?

「令状がない状態で、捜査機関によるプロバイダーなどに通信履歴の保全要請が可能になる」部分も、一連の改正案が批判されている有力な点の一つだ。

これに関しても法務省は、「通信履歴を一時的に消去しないよう求めるものに過ぎず、保全要請の対象となるものもその時点でプロバイダーなどが業務上記録しているものに限られると説明。

保全された通信記録を捜査機関が手に入れるためには、これまでと同じように令状が必要となり、捜査機関が無令状で通信記録を簡単に取得できるようなものではない(http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110519_446861.html)」と説明している模様だが、では何故、令状が無い状態で、「通信履歴を保全すべし」との要請を出し、当局が民間に介入できる枠組みを作らねばならないのかという疑問が生じる。

事件に際して、証拠隠滅のおそれがあるならば、しっかりと令状を取り、事件化して対処すべきであって、それができない事例なら、そもそも強引に介入する必然性は見いだせない。

「便利だから」と、越権的な基準を作ってしまうことは、それだけで、国民・市民の生活を監視することに繋がるものだと言えるだろう。

●「わいせつ物」範囲拡大によって、ネット上などへのアダルトコンテンツへの影響が懸念

また、今回の一連の改正案では、「わいせつ物」の定義の拡大も盛り込まれている。

具体的には、「電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者」という基準が設けられており、ネットワーク上での「わいせつ」な記録を送信した等々の場合でも法的処罰の対象になることが明記された。

また、旧来の「わいせつ物」の定義の中にも「電磁的記録に係る記録媒体その他の物」が含まれ、これによって、ゲームやアニメ、実写ポルノなどを記録したDVDなども「わいせつ物」に含まれると、より明示される形となった。

「わいせつ物」の基準は、かなり曖昧な部分があり、しかも「松文館事件」に見られるように、実写か漫画などの二次元創作物かを問わない。

つまり、同人誌のDL販売やゲーム、アニメなどのDVD、そして、電子的ネットワーク上で、アニメのイラストを送信したり公開したりした場合でも、「わいせつ」だと「判断」された段階で、法的処罰の対象となり得るという規定だ。

この規定の変更で、どこまで規制がかかるかは未知数だが、最悪の場合、ネット上に掲載されているアダルトコンテンツや、アダルトコンテンツのDL販売等々に対して、かなりの摘発がなされるという危険性もある。

また、摘発を恐れた事業者側が、「18禁」のコンテンツを排除するという萎縮効果が発生する懸念もある。

もちろん、法律が変わっても、ほとんど変化はないことも考えられ、そうしたケースが、表現の自由の保護といった観点からは最も望ましいとも考えるわけだが、「被害者のいない犯罪」の代表格で、表現の自由を制約するような運用がなされてきた「わいせつ物」規定が、今になって拡大されることで、さらなる不利益がもたらされる危険性は大いにある。

かなり長くなったが、一連の刑法改正案は、民主党内からも多くの批判があり、しかも前述したような具体的な問題性が指摘されてもいる。

そうした法律を、「抱き合わせ」的に、この時期に一挙に可決させようというのは、いかにも拙速で危険だ。

閣議決定はなされたが、党内からの懸念や疑問も存在していることを踏まえて、今一度、白紙状態から考え直すべきなのではないだろうか。【了】

國賊売国奴・国家公務員共済組合連合会(KKR) 理事長・尾原榮夫
03-3222-1841



平成23年5月27日 国家公務員共済組合連合会(KKR)・総務課・小島氏に聞いた。


私:「南麻布5677平米をシナ大使館が落札した件はどうなったのか?」

KKR・小島氏:「25日に売却の契約は完了した」

私:「売却の意思決定者は誰か?」

KKR・小島氏:「理事長と担当常務理事」

私:「担当常務理事の氏名は?」

KKR・小島氏:「お答えする必要はない」

私:「売却して得た60億円は何に使われるのか?」

KKR・小島氏:「年金の運用資産に回される。

共済組合の年金給付、支給決定をしている、その資金になる。

国家公務員共済組合に加入している国家公務員の組合員に年金が支払われる」

----------------------------------------

財務省・主計局・給与共済課に聞いた。

私:「売却に掛る事務次官の氏名などを教えてくれ」

財務省・主計局・給与共済課:「事務次官・勝栄太郎、主計局長・真砂靖、給与共済課長・重藤哲郎」

私:「国家公務員共済組合の構成員、現職と退官者の人数を教えてくれ」

財務省・主計局・給与共済課:「現職100万人、退職者は100万人。退官者は共済組合員ではない」

----------------------------------------

外務省・内閣官房・儀典官室に聞いた。

私:「売却に掛る事務次官、内閣官房・官房長、儀典官室長の氏名を教えてくれ」

外務省・内閣官房・儀典官室:「ホームページに出ている」

---------------------------------------


(所見)

売国・亡国当たり前、國賊・国家公務員共済組合連合会(KKR)は、南麻布5677平米、シナ大使館隣接地を60億円の対価としてシナ大使館に売却した。

まさに、國賊、売国奴との誹りを免れることはできないだろう。

国家公務員退官者(警察官は含まれない)の年金支給の用途のために、60億円でシナ共産党に売却された、日本領土でありながら不可侵となる日本・東京・南麻布の土地5677平米。

退官者が100万人ということで、60億を一人当たりに換算すると、概算で、一人6000円となる。

国家公務員退官者100万人、一人6000円を支給するため、退官者が一人6000円を受領するために、不可侵となる日本領土5677平米をシナ共産党に売却したのである。

チベット、ウイグル、南モンゴルで、各民族を弾圧し、虐殺し、民族浄化を行い、日本領土尖閣諸島を虎視眈々と狙い、またその為の行動を現実に実行し、人口侵略のためシナ人を大量に日本に入国させ、国内外のシナ人を徴兵、動員できる国防動員法を施行し、沖縄までもシナの領土であるとの意思表示を民間に行わせているシナ共産党に無批判に60億円欲しさに国家公務員共済組合連合会(KKR)は売却したのである。

またこれを、手引きしたのが、日本政府・外務省であると推測できる。

無防備にして、国家観、民族意識なき日本政府と国家公務員集団が跳梁跋扈する日本。

国家公務員退官者一人6000円を得るために、シナ共産党に日本領土を売却したのである。

自らの省庁と自らのに2親等くらいの保全だけを考えての行動ではないかと推測できる。

これが国家公務員集団の本質であると推測できる。

国を売ろうが、国がなくなろうが、自らが所属する省庁、自らの2親等位までの親族の保全がその行動の原理となっているのではないかと推測する。

名古屋・北区の国家公務員宿舎・名城住宅跡地3000坪もシナ共産党が買いに来ているが、これも仮にシナ共産党に売却された時、その金銭は北に200メートルくらいに4棟建てた小奇麗な国家公務員宿舎群の建設費用に充当されると、東海財務局の小西真・国有財産調整官は述べた。

国家公務員集団の住居インフラのために、ただそのために、シナ共産党に3000坪売却の可能性を秘めいているのが、財務省・東海財務局である。

南麻布5677平米の売却、名古屋3000坪の土地売却の可能性と、その根底に流れるのは、国家観なき、日本民族の民族自決を守るという観念なき、何事にも変えられないとする国家公務員至上主義に基づいての、売国、亡国も意に介さないという確固たる行動原理に裏付けされているものと推測する。
フォト

フォト

フォト


『シナ大使館への土地売却』西村修平をパンチするKKR職員らしき男
http://www.youtube.com/watch?v=OoB_iNqhvis
0:14~

【速報】KKR職員の暴行を激写!
投稿日: 2011年5月25日 作成者: 西村修平
http://nipponism.net/wordpress/?p=1077
岩手放送「空より高く」
http://www.youtube.com/watch?v=YvAJ8on3wxQ

神州日本不滅也



被災した南三陸町で川柳大会 すっぴん名句続々詠まれる
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1612567&media_id=125

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード