東京地方検察庁に告発状郵送「被告発人・全昶漢(チョン・チャンハン)(韓国籍)」靖國神社爆弾テロ事件 28/06/28

地方検察庁に告発状郵送
「被告発人・全昶漢(チョン・チャンハン)(韓国籍)」
靖國神社爆弾テロ事件 28/06/28




 平成27年11月23日、新嘗祭の日に靖國神社のトイレに爆発物を仕掛け爆発させた韓国籍朝鮮民族・全昶漢(チョン・チャンハン)は爆発物取締罰則、殺人未遂罪に該当すると考えるので、平成28年6月28日、東京地方検察庁に告発状を郵送しました。
 私的なことで恐縮ですが、祖父は先の大東亜聖戦で戦死(未だその骸はビルマの地)したので、靖國神社に祀られております。國難に際しては殉國義勇、後に続くは当然と思うところでございます。
251542222222222222.jpg

 鎮魂



--------------------------------------------------------------------------

115_201606281557436ac.jpg
116_201606281559300b2.jpg
117_2016062815593198e.jpg



             告 発 状

      告発人 

        住所 ○○○○

        氏名 ○○○○

        電話番号 ○○○○

      被告発人

        住所 東京拘置所に拘留されていると思われる
        氏名 全昶漢(チョン・チャンハン)(韓国籍)  


                     平成28年6月28日

東京地方検察庁検察官殿

    一 告発の趣旨
 被告発人の以下の所為は、爆発物取締罰則、殺人未遂罪に該当すると考えるので、被告発人を厳罰に処することを求め告発する。

    一 告発事実
 被告発人は、平成27年11月23日、靖國神社(住所 東京都千代田区九段北3丁目1−1)のトイレに爆発物を仕掛け爆発させた。
 被告発人の前記行為は、爆発物取締罰則、殺人未遂罪に該当すると思われますので、被告発人に厳重な処罰を求めるため、ここに告発いたします。





    ニ 立証方法
(1) 靖国神社で爆発音 韓国人の男、起訴内容を認める(16/06/14)
Youtube ANNnewsCH
https://www.youtube.com/watch?v=3Z5_NkiPTME


(2)産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/151123/afr1511230024-n1.html
2015.11.23 17:39
【靖国爆発】
「空気が震える爆発」…参拝者ら声震わせ「一歩間違えば大惨事だ」

靖国神社で爆発 爆発があったとされるトイレ周辺には警視庁や消防隊員らが集まり騒然とするなか、現場検証などが行われていた=東京・靖国神社(鈴木健児撮影)
 東京・九段北の靖国神社の公衆トイレで23日午前、爆発音がした。新嘗祭が始まったところで、境内の厳かな雰囲気は一変。七五三の親子連れも訪れる中、参拝者は「怖い」と声を震わせ、神社の関係者は「あわや大惨事」と憤った。

 「バン」。愛知県豊橋市から母親ら4人で来た中西美紀さん(44)は、中門鳥居近くで神事を見ていた時に、大きな音を聞いた。直後には「バラバラバラ」と、何かが崩れるような音も。

 爆発音がしたのは、いた場所から数十メートル南側のトイレ。「空気が震えたような感じがした」と中西さん。駆け付けた警備員が「煙だ」と叫ぶと、消火器を手にした神職やみこも急いだ。新潟市から長男(8)と参拝に訪れた男性(46)は「爆発した時に息子がいたらと考えるとぞっとする」と話し、急ぎ足で神社を後にした。

 靖国神社の40代の男性職員は「幸いトイレに誰もいなくて良かったが、一歩間違えば大惨事」と憤った。




(3)産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/160614/afr1606140017-n1.html
2016.6.14 16:02
靖国爆発音事件で初公判 韓国籍の全被告、起訴内容認める 東京地裁

 靖国神社(東京都千代田区)の爆発音事件で、建造物侵入や火薬類取締法違反罪などに問われた韓国籍の住所不定、無職、全昶漢(チョン・チャンハン)被告(28)の初公判が14日、東京地裁(家令和典裁判官)で開かれた。全被告は起訴内容について「認めます」と述べた。

 全被告は短髪に黒い眼鏡、あごひげ、黒い上下スエット姿で入廷。裁判官が黙秘権などを説明し、通訳が翻訳すると、「ハイ」と日本語で何度も答えた。

 検察側は冒頭陳述で、「いわゆるA級戦犯が祀(まつ)られていることに不満を持ち、タイマー付きの爆発装置を本殿に設置しようとした。しかし警備が厳しかったため、敷地内のトイレに設置した」と指摘。事件直後に全被告は韓国に帰国したが、韓国のインターネット上などでトイレに設置したことを非難されたため、「失敗だった」と感じ、再び犯行を行うために日本への再入国を試みたとした。

 一方、弁護側も冒頭陳述を行い、「重大な事件ではなかった。今後の日本入国は困難で、再犯可能性もない」と情状酌量を求めた。

 検察側の冒頭陳述によると、全被告は平成27年11月23日、靖国神社に侵入し、トイレに金属製パイプや火薬、乾電池を使ったタイマー付き装置を設置。装置に点火してパイプを推進させ、天井(約22万円相当)を壊した。また同年12月、再び日本入国を企て、不当に火薬などを持ち込もうとしたが、入国情報を入手していた警視庁捜査員に羽田空港で身柄を拘束された。

 閉廷後、軍服風の服装をした男女2人が全被告に怒声を浴びせ、裁判官の指示を受けた裁判所職員が強制退廷させる場面もあった。

--------------------------------------------------------------------------


東京地方検察庁
〒100-8903 東京都千代田区霞が関1丁目1番1号
電話:03-3592-5611(大代表)


255243543543.jpg
東京地方検察庁検事正(平成27年12月10日就任)
八木宏幸(やぎ・ひろあき) 昭和31年6月9日、大阪府生まれ。60歳。
中大法学部卒。56年に任官。東京地検特捜部長、福井地検検事正、最高検公安部長、同刑事部長などを歴任。
趣味はウオーキング。休日はクラシックを耳に、花を愛でる。

東京地検のトップに八木宏幸氏が就任


【きょうの人】東京地検検事正に就任 八木宏幸さん(59) 特捜時代は「割り屋」の切り札 「検察改革を強力に推進」 - 産経ニュース http://www.sankei.com/affairs/news/151212/afr1512120010-n1.html

-----------------------------------------------------------------

(追記)
平成28年7月5日10:17 電話・口頭
私「告発状は届きましたか」
東京地方検察庁「確かにこちらで受付けております」

-----------------------------------------------------------------



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Template Designed by DW99