北朝鮮による新型中長距離弾道ミサイル発射(平成29年5月14日)に断固抗議!朝鮮総連・愛知県本部前(敷島通信 29/05/15)

北朝鮮による新型中長距離弾道ミサイル発射(平成29年5月14日)に断固抗議!
朝鮮総連・愛知県本部前(敷島通信 29/05/15)








平成29年5月15日 敷島通信
在日本朝鮮人総聯合会・愛知県本部前(愛知県名古屋市西区上名古屋3-16-25)
北朝鮮が、平成29年5月14日に行った弾道ミサイル発射に対して、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)愛知県本部前で、抗議文を読み上げ、投函した。


3044.jpg
在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)愛知県本部 (住所:愛知県名古屋市西区上名古屋3-16-25)

3046.jpg
在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)愛知県本部 

3056.jpg

3060.jpg

3062.jpg

3059.jpg

3055.jpg
在日本朝鮮人総聯合会・愛知県本部 (住所:愛知県名古屋市西区上名古屋3-16-25)

3047.jpg
3048.jpg
3049.jpg
3053.jpg
3051.jpg
3052.jpg



抗議文

北朝鮮による新型中長距離弾道ミサイル発射に断固抗議する。

発射日時、平成29年5月14日午前5時28分頃
発射場所、平安北道亀城付近
発射方向、東北東
高度、2111.5キロメートル
飛距離、787キロメートル
軌道、ロフテッド軌道
着弾場所、日本海(日本のEEZ外)

ミサイル名称、火星12
発射数、1

日本民族拉致被害者を北朝鮮は全員即座に返せ。

皇紀2677年5月15日

 北朝鮮 国務委員長
      金正恩 江
 
------------------------------------------------------

3036.jpg

3074.jpg

3086.png

3067.jpg

3071.jpg

3075.jpg

3073.jpg

3076.jpg

3070.jpg

3072.jpg
USNS ハワード・O・ローレンツェン(USNS Howard O. Lorenzen T-AGM-25)(アメリカ海軍のミサイル追跡艦)(巨大レーダーを2基搭載) などにより分析中の模様



3063.jpg
3066.jpg
3064.jpg
3065.jpg
今般の北朝鮮による弾道ミサイル発射概要
種類:新型地対地中長距離戦略弾道ミサイル(IRBM)
ミサイル名称:火星12型
発射日時:平成29年5月14日午前5時28分頃
発射地点:北朝鮮北西部 平安北道亀城付近
発射角度:垂直に近い(詳細情報なし)
発射方向:東北東
高度:2111.5㎞(国際宇宙ステーション(ISS)は高度400㎞)(人工衛星では中軌道)
飛距離:787㎞
飛行時間:約30分
射程距離:推定4500㎞~5000㎞(グアム打撃圏内)
軌道:ロフテッド軌道
着弾地点:日本海(日本のEEZ外)、北海道の奥尻島から約450㎞、日本の防空識別圏(ADIZ)内。ロシアのウラジオストク地域から南へ約97㎞離れた海域(ウラジオストクにはロシア軍の太平洋艦隊の司令部)
国際海事機関(IMO):事前通告なし(船舶、航空機への被害のおそれがある)
発射方法:標準 (ホット・ローンチ)
燃料:液体燃料(非対称ジメチルヒドラジン?)
弾頭:大型の重量核弾頭装着可能と北朝鮮は主張
大気圏再突入技術:完成したかどうかは確認できない
形状:1段ロケット
発射数:1


(各所言説)
安倍晋三内閣総理大臣「断じて容認できません」「北朝鮮に対し、毅然として対応してまいります」

米国ヘイリー国連大使は、「ミサイル発射をして、トランプ大統領と会談はあり得ない」と述べたうえで、北朝鮮がアメリカの求める条件を満たさない限り、話し合いは行われないとの考えを示した。
また、ヘイリー大使は、新しい制裁の可能性も含め、国連の場で北朝鮮に対し、圧力を強めていく考えを強調したほか、金正恩委員長について、「猜疑心(さいぎしん)の塊だ」と批判した。

金正恩「アメリカ本土と太平洋作戦地帯が、私たちの打撃圏内にあるのは現実だ」

国連の安全保障理事会、報道機関向けの声明概要:北朝鮮のミサイル発射は過去の安保理決議違反であると強く非難している。その上で、今回は新たに「安保理メンバーは北朝鮮に対する制裁措置を完全に履行することを誓う」との文言が盛り込まれた。




(所感)

北朝鮮が弾道ミサイル発射を行った。

北朝鮮に対する圧力が少し緩んだ時(あるいは慢性化)に行われたとも考えられる。

北朝鮮は、ミサイル開発も核爆弾開発も一切止める気がないという意思表示をしたというところだろうか。

米朝がノルウェーで非公式に話をし始め事態が緩衝し始めたかに見える時節の弾道ミサイル発射は、今までの六か国協議であれやこれや云々と米国のジェイムズ・ケリー国務次官補がころころと転がされて、その都度、こんな時にミサイル発射実験や核実験をやらないだろうという時にこそ行ってきた、いわゆる逆張りのような手法、ここまでなら許されるだろうとの手法で、徐々に技術を向上させてきたとの対外戦術が見て取れるところだろうか。

最早、能動的に弾道ミサイルも核爆弾も放棄することはないようなので、如何にこれを完全破棄させるかではないだろうか。

一番高度の高いスピードの遅くなったところあたりを迎撃ミサイルによって、迎撃するという第一弾の防御方法を我が国日本は持するようだが、今回の弾道ミサイルは高度2000㎞を超えたようなので、同迎撃方法では、その高度に到達しないとの言説がある。

今回の弾道ミサイルの場合、かなり高い高度から命中精度はさておき優に日本国に着弾することは造作ないことであることが証明されたともいえる。

弾道ミサイルの命中精度、大気圏再突入時の熱に耐えれるか、核爆弾の精度、規模、これらが完成した時には、北朝鮮から弾道ミサイル飛行距離の半径内は全て核爆弾が着弾する恐れがある地点といえる。

大気圏再突入の技術大国はロシアではないかと思われる。国際宇宙ステーションからの帰還時のソユーズに於ける技術はロシアだけにしかできないのではないだろうか。弾頭部の大気圏再突入時がソユーズの様に摩耗方法ではなくスペースシャトルのタイルのような非摩耗方法の時はその限りではないかとは思います(当該大気圏再突入概念は記憶からの記載なので後、事実関係は後、調査し、現況は真偽不確か)。

日本政府は、構造的に北朝鮮と癒着していると言われてもしょうがない事象を過去来現在に至るまで行っている。

北朝鮮系の金融機関が破たんした時には、1兆4000億円の贈与を行っている。(韓国系金融機関は1兆6000億円の贈与)

また、長年に渡り、警察が保護、幇助しているパチンコという事実上の違法賭博(質問主意書の内閣の回答は、三店方式というデタラメの方法で金銭に恒常的に変換できる明らかな賭博をしてパチンコは遊技という欺瞞に満ちた空々しい閣議決定をしている)は、国会でもその取得した金銭が、北朝鮮に何千億も渡っていると、武藤嘉文国会議員が答弁しているし(ソース:メディア)、現在もその金銭が北朝鮮に渡っているとのことも推察されるところではないだろうか。

北朝鮮の核爆弾、弾道ミサイル開発に多大なる貢献をしてきた、しているのが日本の警察であることに異を挟む余地はないはずである。

仮に日本国に北朝鮮の弾道ミサイルが着弾するようなことがあれば、警察は抗弁する術は存在しないと思われる。

包括的に日本政府が、北朝鮮の核爆弾、弾道ミサイルの開発を幇助してきたことは、また現在でも口では勇ましいことをいうが、対北朝鮮対策に穴が開いていることは、朝鮮総連が公然と存在していること、朝鮮学校に公金が支給されていること、核爆弾・弾道ミサイルの資金となっていると言われる違法賭博パチンコが日本全土に存在し、世界でも類を見ない賭博大国となっていること、技術が北朝鮮にもたらされてきたことを放置してきたこと、スパイ防止法はないが、主に朝鮮民族に対する日本民族の言論を事実上封殺に誘引する法律は即成立に一部抗日国会議員らと共謀したこと等の現況を見れば、明らかなことである。

どこかの時点で、北朝鮮の核爆弾、弾道ミサイルを叩き潰さないと単に時間の経過と比例して、完全な核弾頭搭載の弾道ミサイルが完成するだけの事実が待っているということであるから、どうするかということを冷徹に分析し、シミュレーションし、どう対応するかを決定していくべく日本政府であるが、過去来からの北朝鮮との癒着ともとれる行いから、果たしてどこまでできるのだろうか、日本に弾道ミサイルが着弾しても、「断じて容認できない。強く非難する」との言説を以ってだけで対抗するのかとの疑問を払拭することはできない。

名指しで北朝鮮に恫喝(日本国内で個人・団体等に対してなら脅迫罪での逮捕事案)されている日本をして、対北朝鮮制裁、対応でまずできることがあるにも関らず、やらない、できないという現状から、どのあたりの実際の被害を超えると真に対応できるのか、あるいはそれでもできないのかは甚だ疑問である。

言葉では言うが真に北朝鮮に対して対外、国内ともどの様に対処していくかが、日本政府にとって真に問われていくのではないだろうか。

先制攻撃を含めた法整備、対日攻撃、有事に役に立たない、そもそも自国をして自国を守るという根本理念が欠損している現行憲法改正あるいは現行憲法の破棄からの改正制定(技術的等所論あり)が早急に希求される。

また、反日抗日が散見する国連(United Nations)の日本に対する敵国条項はいつになったら破棄されるのだろうか。

日本国の早急の核武装が希求される。


(追記)
有人の国際宇宙ステーション(ISS)の地球周回時の軌道近くに北朝鮮が弾道ミサイルの軌道を合わせた時に、迎撃ミサイルは発射出来るのだろうか。との疑問が起こった。
(追記ここまで)


----------------------------------------------------------

外務省:化学兵器禁止条約(CWC)締約国・署名国一覧 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/bwc/cwc/kameikoku.html
未署名国 エジプト、南スーダン、北朝鮮

備考:北朝鮮が化学兵器5000t保有との説がある。仮に、マレーシアで金正男暗殺に使われたVXが5000tの時、致死量10㎎=5000億人分の致死量となる(単純計算)
VXで殺害が行われたのは世界で、日本(VX実行者:オウム真理教)とマレーシア(VX実行者:北朝鮮は否認)の二か国だけである。

----------------------------------------------------------

Soyuz - Undocking, Reentry and Landing

動画は、地上から約400km上空の宇宙空間を秒速約8km(時速約28,000km。ライフル銃の弾の初速度が秒速約2.5~3km)で地球の赤道に対して51.6度の角度で飛行し、地球を約90分で1周、1日で約16周する国際宇宙ステーション(ISS)からアンドッキング、大気圏に再突入し地球に帰還する有人宇宙船「ソユーズ Soyuz」の様子。
当該平成29年5月14日に発射された北朝鮮の弾道ミサイルは、国際宇宙ステーション(ISS)より約1700㎞高い高度2111.5㎞(外気圏)から下降し大気圏に再突入し日本海(日本のEEZ外)に着弾した。宇宙空間での速度、大気圏再突入時、突入後の速度は防衛省は認知していると思う。北朝鮮の弾道ミサイルの弾頭部分が大気圏再突入時の高熱に耐えうるのか否かは、防衛省は認知していると思う。


(備考)宇宙空間:地表から100kmを超える地点を宇宙空間と呼称するのが慣習。国際条約において宇宙空間を定義することは領空の上限を定義することを意味するため、各国とも慎重であり明文化された定義は存在しない。(ソース:wiki)

(備考)空と宇宙の境目はどこですか? | ファン!ファン!JAXA! http://fanfun.jaxa.jp/faq/detail/103.html
国際航空連盟(Federation Aeronautique Internationale: FAI)という組織は、高度100kmから上を宇宙と定義。
米国空軍は80kmから上を宇宙と定義。
大気圏は対流圏、成層圏、中間圏、熱圏、外気圏に分けられ、外気圏は高度500kmを超える。
学術的には、スペースシャトルやISSが飛行している高度400kmあたりはまだ大気圏内ということになる。
NASAではスペースシャトルが地球帰還時に高度を下げてきて高度120kmに達すると大気圏再突入(Entry Interface: EI)と呼んでいる。これは、大気による機体の加熱が始まるあたり。
一般的には大気がほとんど無くなる100kmから先を宇宙としている。

----------------------------------------------------------

原爆投下 10秒の衝撃
https://youtu.be/S7vpfljzkHw
昭和20年8月6日
広島に米国が原爆投下
ウラン235合体核分裂
0秒~100万分の一秒(炸裂前)中性子が降り注ぐ(木造二階建て家屋一階で27%透過し8グレイ被爆)
100万分の1秒から3秒:火球3秒間で出尽くす 爆心地周辺の地表で摂氏約3000度~4000度の熱線
0.2秒後:原爆ドームの屋根の銅が溶けて消失 (銅:元素記号Cu 融点1084.5℃ 沸点2571℃)
0.8秒後:衝撃波 原爆ドームは垂直に崩壊
3~10秒:衝撃波 圧力は爆心地で35t/㎡ 最大風速440m/秒

金属の融点、沸点の一覧表 - ダイヤモンドホイールhttp://www.toishi.info/metal/melting_point.html
沸点4000℃超の金属
金属元素名 記号 融点(℃) 沸点(℃)
イリジウム Ir  2443  4437
ウラン U  1132  4172
オスミウム Os  3045  5012
ジルコニウム Zr  1852  4361
タングステン W  3407  5555
タンタル Ta  2985  5510
テクネチウム Tc  2157  4265
トリウム Th  1750  4789
ニオブ Nb  2477  4744
ハフニウム Hf  2233  4603
モリブデン Mo  2623  4682
ルテニウム Ru  2250  4155
レニウム Re  3180  5596

広島19450806 その日、きのこ雲の下で何が起きていたのか
https://youtu.be/YSQpu7AtYjI
爆心地から半径2キロ圏内:壊滅地帯
2375.jpg

核兵器使用の多方面における影響に関する調査研究
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000034833.pdf

----------------------------------------------------------

北朝鮮・朝鮮労働党支配下 朝鮮総連指導下 朝鮮学校
朝鮮学校調査報告書 平成25年11月(東京都 生活文化局)
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/shigaku/sonota/0000000845.html

北朝鮮への忠誠を誓う東京朝鮮学校の生徒たち(北朝鮮・朝鮮労働党下部組織・朝鮮総連指導下・朝鮮学校)

2039.jpg

都内の朝鮮大学校「日米を壊滅できる力整える」 金正恩氏に手紙、在校生に決起指示 - 産経ニュース 2016.9.20 06:38
http://www.sankei.com/politics/news/160920/plt1609200005-n1.html
919.jpg


日本のメディアの中には朝鮮学校卒業者が多いんです



----------------------------------------------------------

違法賭博パチンコ(北朝鮮の核・ミサイル開発資金等)廃絶
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2174.html

----------------------------------------------------------



北朝鮮による弾道ミサイル三発発射(28/09/05)、排他的経済水域着弾に断固抗議!朝鮮総連・愛知前 抗議文読み上げ投函(敷島通信 28/09/07)
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2271.html

北朝鮮が、平成28年9月9日に行った核弾頭爆発実験に断固抗議! 朝鮮総連・愛知県本部前で抗議文読み上げ投函 (敷島通信 名古屋市西区 28/09/12)
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2272.html

北朝鮮による新型中距離弾道ミサイル(IRBM)発射(平成29年2月12日)に断固抗議!朝鮮総連・愛知県本部前(敷島通信 29/02/14)
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2291.html

北朝鮮による弾道ミサイル4発発射に断固抗議!内3発が日本の排他的経済水域(EEZ)着弾に断固抗議!朝鮮総連・愛知県本部前(敷島通信 29/03/07)
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2296.html






スポンサーサイト

Template Designed by DW99