非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射(平成29年7月28日)に断固抗議
朝鮮総連・愛知県本部前
敷島通信 29/07/31






北朝鮮による大陸間弾道ミサイル発射(平成29年7月28日)に断固抗議!朝鮮総連・愛知県本部前(敷島通信 29/07/31)
 
平成29年7月31日 敷島通信
北朝鮮が、平成29年7月28日に行った大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に対して、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)愛知県本部(住所:愛知県名古屋市西区上名古屋3-16-25)前で、抗議文を読み上げ、投函した。

平成28年版 防衛白書 第2節 朝鮮半島  1 北朝鮮
http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/html/n1221000.html


4010.jpg
在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)愛知県本部 (住所:愛知県名古屋市西区上名古屋3-16-25)

4019.jpg

4007.jpg

4008.jpg

4021.jpg
在日本朝鮮人総聯合会・愛知県本部 (住所:愛知県名古屋市西区上名古屋3-16-25)

4011.jpg
4012.jpg
4013.jpg
4014.jpg
4015.jpg
4016.jpg
4017.jpg
4018.jpg


抗議文

北朝鮮による弾道ミサイル発射に断固抗議する

発射日時 平成29年7月28日23時42分
種類 大陸間弾道ミサイル(ICBM)
名称 火星14型
発射場所 慈江道・舞坪里
発射方向 東
飛行距離 998キロメートル
高度 3724.9キロメートル
飛行時間 47分12秒間
着弾場所 日本海(日本のEEZ内)北海道・積丹半島の西約200キロメートル、奥尻島の北西約150キロメートル
発射数 1

に断固抗議する

同弾道ミサイルが、我が国日本の排他的経済水域(EEZ)に着弾した事象は、対日管轄権侵害行為、対日軍事的挑発及び恫喝行為であり、同海域等で操業する我が国日本の漁業従事者等、航空機等の安全を著しく脅かす行為であり、係る許されざる暴挙に断固抗議する。

日本民族拉致被害者を北朝鮮は全員即座に返せ

皇紀2677年7月31日

 北朝鮮 国務委員長
     金正恩 江

------------------------------------------------------

4027.jpg
4025.jpg
4024.jpg
4060.jpg
(引用)北朝鮮の保有する弾道ミサイルの種類は? http://feel-japan.net/?p=2234

4026.jpg
4028.jpg
4023.jpg
4022.jpg
3982.jpg
3983.jpg

4030.jpg
4031.jpg
4032.jpg
4033.jpg
4035.jpg
4036.jpg
4037.jpg



今般の北朝鮮による弾道ミサイル発射概要
発射日時:平成29年7月28日23時42分頃
種類:大陸間弾道ミサイル(ICBM)
名称:火星14型
発射地点:慈江道・舞坪里付近
発射角度:垂直に近い(詳細情報なし)
発射方向:東
高度:3724.9㎞(国際宇宙ステーション(ISS)は高度400㎞)
飛距離:988㎞
飛行時間:47分12秒
射程距離:正常な角度で発射する場合、7月4日の最初のICBM発射当時より射程距離が2000㎞以上長い9,000~10,000㎞と推定される。米シカゴまで到達するという分析もある。
軌道:ロフテッド軌道
着弾地点:日本海(日本のEEZ内)北海道・積丹半島の西約200キロメートル、奥尻島の北西約150キロメートル
車両:16輪式大型移動発射機(国連の北朝鮮制裁委員会が以前、支那の木材運搬トラックを改造した可能性が高いと指摘した車両と同一のものとみられる)
発射準備時間:
発射方法:ホット・ローンチ
装備等:
燃料:液体燃料
弾頭:日本海に落下する北朝鮮のICBMの弾頭部分が写った映像を分析した結果、高度4~5キロで消滅「バラバラになった」との見方を示した(イギリス国際戦略研究所のミサイル専門家、マイケル・エレマン氏の記者会見)。
夜間のためと着弾場所の距離から、同弾道ミサイルの弾頭と思われる白色の閃光が落下するのが北海道から現認、記録された。
形状:2段ロケット
発射数:1



(各所言説)
安倍晋三・内閣総理大臣
7月29日未明「我が国の安全に対する脅威が重大かつ現実のものとなったと明確に示すものだ。北朝鮮に厳重に抗議し、最も強い言葉で非難する」「連携し、さらに圧力を強化していくほかない」と「さらなる挑発行為も十分に考えられる。国民の安全確保に万全を期す」抗議は北京の外交ルートを通じて行った。

岸田文雄・外務大臣兼務防衛大臣
ミサイルについて「ICBM級」と説明。「ICBM(と断定する)には再突入技術などの技術が伴わねばならないことも勘案した表現だ

菅義偉・官房長官
「今回の弾道ミサイルの発射は、航空機や船舶の安全確保の観点から、極めて問題のある行為であるとともに、安保理決議等への明白な違反であります。わが国としては、このような北朝鮮による度重なる挑発行為を断じて容認できず北朝鮮に対し、厳重に抗議を行い、最も強い表現で非難しました。」

漁業関係者
ミサイルが発射された28日夜、東しゃこたん漁協組合積丹支所(積丹町)では、所属するイカ釣り漁船が沖合で操業していた。熊谷日幸支所長(53)は「漁師からまだ情報はないが、改めて注意喚起したい。こんなに近いのは初めてで、心配だ」と緊迫した様子だった。
小樽市漁協組合専務の男性(67)は「発射したと知っても、どこに落ちるか予測できない。どうすればいいのか」と不安を募らせた。
奥尻町の防災担当職員(42)によると、奥尻島の漁船はミサイルが落下した海域では操業しておらず、住民からの問い合わせなどもなかった。それでも、「もちろん不安で怖い。もういいかげんにしてほしい」と語気を強めた。
奥尻島沖合の海域はスルメイカの好漁場で、漁業関係者によると8月末から10月にかけて100~200トンクラスの中型船が全国から集まる。奥尻町など6町の漁業者でつくる「ひやま漁協」の工藤幸博組合長は「秋には排他的経済水域(EEZ)ラインのギリギリまで船が行く。心配だが漁に出なければ生活できない」と困惑を隠せない様子で語った。
28日深夜、北朝鮮が発射したミサイルは、石川県漁協の中型イカ釣り船14隻が操業している海域から約300キロ離れた北海道奥尻島沖に落下した。「いつか、罰が当たる」「これ以上北朝鮮に振り回されるのはかなわん」。「先軍」を旗印に、日本の排他的経済水域(EEZ)でわが物顔に振る舞う北朝鮮の脅威に、イカ釣り船を送り出す能登町小木では、怒りと不安の声が交錯した。
.能登町小木の四方(よも)恵美子さん(76)は29日未明、枕元から流れるラジオで北朝鮮のミサイル発射を知った。三男(48)が県漁協小木支所所属の中型イカ釣り船に乗り組み、北海道沖の日本海で操業中だ。ミサイルが北海道沖に落下したと分かり、さらに不安になった。「無事だろうかと思って、なかなか眠れなかった」という。
4044.jpg
夫の弘さん(82)と神棚に手を合わせ、無事を祈った。(神棚に手を合わせ、操業中の三男の無事を祈る恵美子さん(右)と弘さん=能登町小木)
. 日本海中部の大和堆(やまとたい)には北朝鮮籍とみられる400~500隻の違法操業船が押し寄せてイカ釣り漁を妨害し、その間も北朝鮮はミサイル発射を繰り返し、国際社会へ挑発を続ける。四方さんは「心配しても仕方がないのは分かっているが、どうしても不安になる。(北朝鮮には)いつか罰が当たる」と険しい表情で語った。
. 県無線漁業協同組合(能登町)は29日未明、操業中の県漁協所属中型イカ釣り船14隻と連絡を取り、全船と乗組員約120人の無事を確認した。
. 違法操業船への国の対策を求めて、東京と小木の間を往復している県漁協小木支所の山下久弥運営委員長は「日本のEEZはいつから北朝鮮のものになったのか。ミサイルを落としたり違法操業船が押し寄せたり、あきれるしかない」と話した。
 青森県の八戸港所属の中型イカ釣り船の日本海でのスルメイカ漁が今月から本格化するのを前に、北朝鮮の相次ぐミサイル発射に漁業関係者の不安や怒りが広がっている。漁場近くに落下する場合もあり「万が一を考えると怖い。このままだと安心して操業できない」との嘆きの一方、「北朝鮮相手では自分たちにはどうしようもない」と無力感も漂っている。
同港所属の中型イカ釣り船は23隻で、現在は北太平洋で漁獲したアカイカを水揚げ後、日本海へ順次回っている。大半が北海道の西に向かう予定で、先行した船の一部は29日未明のミサイル落下地点に近い漁場で操業していたという。
これから出港する船の漁労長は「当たらないとは思うが、万が一を思うと怖いのは確か。だが国が何もできないのだから、われわれにはどうしようもない」と、不安を吐露した。
好漁場が形成された北海道沖には小型船も含め漁船が密集しており、中型船1隻を運営する丸吉(八戸市)の関川順悦常務は「ミサイルが直撃しないにしても、破片や燃料が漁に影響しないだろうか」と懸念。「ミサイルが発射されただけで、操業中でも安全確認や連絡にだいぶ時間が取られる」と指摘した。
5月30日の落下地点は新潟県から西に約500キロで、「大和堆」と呼ばれる好漁場に近かった。北太平洋へ向かわず、大和堆を含む日本海で先にスルメイカ漁をしていた第88八幡丸の大道光司漁労長は「操業をやめるわけにいかないし、ミサイルを避けられるわけでもない」とあきらめ顔。
その上、大和堆は日本の排他的経済水域(EEZ)にも関わらず北朝鮮の漁船が違法に流し網漁をしており、船のスクリューに網が絡まる懸念から北海道沖に操業を移したという。八戸の中型船の大半が北海道へ向かうのも、北朝鮮船を避けるのが理由の一つだ。
中型船11隻を運営するヤマツ谷地商店(八戸)の谷地源次郎社長は「本格化する漁を安心して行うため、ミサイル発射を何とかやめてほしい」と訴える。
北朝鮮による「ミサイル発射」と「違法操業」の二重苦。万が一の事故の場合に賠償請求する相手も無く、保険が適用されるかも分からない。関係者からは「政府による補償の明確化」を求める声も上がる。

避難訓練
茨城県龍ケ崎市では29日午前、ミサイルが同県周辺に落下したと想定し、避難訓練を実施。住民らは小学校の体育館などに駆け込み、爆風などから身を守るために床に身を伏せるなどした。参加した木村武さん(68)はミサイル発射について「こういう訓練をやらなくて済めば一番いいのだが」と語った。

トランプ米国大統領
7月29日、ツイッターで「中国に非常に失望」「中国は北朝鮮に関して口だけ」と発信。
大統領は7月31日(現地時間)、ジョン・F・ケリー氏が新しく大統領首席補佐官に就任したことを受けてホワイトハウスで閣僚を招集し開いた会議で、「われは北朝鮮(問題)を解決する」と明らかにした。続いて「われわれは北朝鮮(問題)を解決できるようになる」とし「すべてを解決することができる」と強調

4042.jpg
ヘイリー米国国連大使
30日、「中国は重大な一歩に踏み切るか否かの決断をしなければならない。協議の時間は終わりだ」と声明を出し、安保理で制裁強化に同意するよう名指しで中国に迫っていた。

米国のヘイリー国連大使は30日、北朝鮮の28日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け、中国を名指しして「重大な一歩に踏み切るか否かの決断をしなければならない。協議の時間は終わりだ」との声明を出し、制裁強化に同意するよう迫った。トランプ大統領も中国を批判したばかりで、政権は対北朝鮮政策で中国へのいら立ちを強めている。
北朝鮮がミサイルを発射した際、米国は通常、日韓とともに国連安全保障理事会の緊急会合開催を議長国に求めてきた。しかしヘイリー氏は今回、「成果のない緊急会合の開催に意味なし」と否定的な立場を示した。さらに「国際社会には北朝鮮に本気で対抗する意志がない」というメッセージを送ることになるとして「北朝鮮への国際圧力を大幅に強化しない追加決議は、価値がない以上に、何もないよりも悪い」とも主張した。

4039.jpg
4040.jpg
4041.jpg
支那共産党の劉結一・国連大使
7月31日、米ニューヨークの国連本部で会見し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した北朝鮮について「正しい方向に動かす主要な責任は北朝鮮と米国にあり、中国ではない」と述べた。米国のトランプ政権が最近、北朝鮮への制裁強化に後ろ向きな中国への批判を強めていることに反論した。
7月の安保理議長国として会見を開き、記者団の質問に答えた。劉氏は「中国にどんなに能力があっても情勢は2カ国(米国と北朝鮮)次第なので、中国の努力では実質的な成果は出せない」と訴えた。
そのうえで「緊張の緩和どころか、緊張を高める言葉や行動が散見される」と米国批判を展開。「全ての選択肢がテーブルの上にある」という軍事力行使を示唆する表現や、単独制裁の強化、韓国への高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD(サード))配備などを列挙して批判した。

ロシア外務省
「まるでロシアと中国が北朝鮮のミサイル・核開発を許しているかのような、米国などによる責任転嫁の行為は根拠がない

メキシコ・ビデガライ外相
岸田文雄外相は7月31日、メキシコのビデガライ外相と東京都内で会談した。岸田氏は、北朝鮮が2度目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を強行したことに関し、「わが国を含む地域および国際社会の安全保障に対する挑戦だ。緊密に連携したい」と表明。ビデガライ氏は「(発射を)断固非難する」と応じた。

北朝鮮 労働新聞
7月31日の社説で、大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星14」の2回目の発射実験成功を「米帝(米国)が時代錯誤の対朝鮮(北朝鮮)敵対視政策を撤回し、わが民族に負わせた苦痛に対しひざまずき謝罪するまで連続打撃戦を突きつけようとする、わが党と人民の革命的信念の力強い誇示だ」と主張した。また、「世界は、より高く、より速く飛躍する主体朝鮮の目覚ましい成果を引き続き見ることになるだろう」と自信をみなぎらせた。 「連続打撃戦」などの表現により、米本土を脅かす核・ミサイル能力を誇示することで、米国に北朝鮮政策の転換を迫っているといえる。労働新聞は別の記事で、「米帝が核でわれわれを威嚇していた時代から、われわれが米帝を射程圏内に置いて思い通り扱うことができる(状況へと)政治的な地殻変動が起きた」と主張した。

米議会共和党の重鎮、リンゼー・グラム上院議員
8月1日、NBCテレビの報道番組に出演し、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に関し、トランプ大統領が「北朝鮮がICBMによる米国攻撃を目指し続けるのであれば、北朝鮮と戦争になる」とグラム氏に述べたことを明らかにした。
グラム氏はトランプ氏と面会した際、「北朝鮮(の核・ミサイル開発)を阻止するために戦争が起きるとすれば、現地(朝鮮半島)で起きる。何千人死んだとしても向こうで死ぬわけで、こちら(米国)で死者は出ない、と言っていた」と明かした。
グラム氏はまた、大多数の軍事専門家が示している軍事攻撃への慎重論は「誤りだ」と断じ、「北朝鮮の核計画と北朝鮮そのものを崩壊させる軍事的選択肢は存在する」と主張。その上で、「北朝鮮が(行動を)変更しなければ(軍事的選択肢は)避けられない。北朝鮮は、大統領に地域の安定と米本土の安定のどちらを選ぶのか選択を迫っている」と強調した。
一方、ティラーソン国務長官は1日午後、国務省で記者会見し、「北朝鮮の体制転換や体制崩壊、朝鮮半島統一の加速化を希求しない。38度線の北側に兵力を送り込む口実を探したりもしない」と述べた。
ティラーソンはまた、北朝鮮に対して「われわれはあなた方の敵ではない。だが、当方に容認し難い脅威を与えていることには対抗しなくてはならない」とした上で、北朝鮮と「いずれかの時点で対話をしたい」と表明した。
ティラーソン氏が自ら記者会見を行うのは異例。グラム氏の発言を受け、トランプ政権が現段階で軍事行動の方針を固めたわけではないというメッセージを北朝鮮に向けて発し、金正恩体制を刺激するのを避ける意図があるとみられる。

北朝鮮人民
米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)
「もういい加減に疲れた」「住民の心中は、ミサイル発射が成功した喜びよりも、心配の方が大きい。発射を祝う軍民連歓大会に動員されたり、大会に必要な物資を供出させられたりするかもしれない。そうなれば、こき使われてクタクタになるだけではなく、なけなしのカネも、市場で商売する時間も奪われ、経済的に困窮することになるからだ」「農業がダメになり、足りない食糧を海外から援助してもらおうにも、ミサイル発射のせいで多くの国が援助を渋るかもしれない」「ミサイルと核兵器が第2の『苦難の行軍』(90年代末の大飢饉)を招きかねない」「単なるミサイル発射ではなく、もはや狂気の域に達している。中国に原油を止められたらわが国は一巻の終わりだ」 「もし米国が日本と韓国に核兵器を配備することになれば、中国とロシアは今まで経験したことのない新たなリスクにさらされることになる。それは経済的圧迫となって北朝鮮に返ってくる」(貿易関係者)
「苦難の行軍」の時代には、自力で食べ物を調達しようとしただけの労働者たちが、理不尽な理由で虐殺された事件すらあった。

(追記)
弾道ミサイル落下地点(北海道奥尻島の北西約150㎞)の状況
North Korea's dangerous missile landing

エールフランス AIR FRANCE  東京⇒パリ Tokyo⇒Paris
旅客機が通過して10分もしないうちに近くの海域(北海道奥尻島 北西約150㎞)に北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)が落下
Jet passed within 10 minutes of where North Korean missile test landed, official says - ABC News - http://abcn.ws/2wiw7Qf
4046.jpg

4050.jpg
North Korean missile tests could pose a risk to passenger planes
http://edition.cnn.com/2017/08/02/asia/north-korea-aviation-risks/index.html

(備考)
リアルタイム航空便追跡 FlightAwarehttps://ja.flightaware.com/live/
【 Flightradar24 】 航空機追跡表示 ~ 旅客機飛行ルートの表示 https://www.flightradar24.com/
(追記ここまで)




(所感)

北朝鮮が大陸間弾道ミサイル発射をまた行った。約三週間ぶりとなる。

今回は更に高い高度まで到達した。3724.9㎞で、国際宇宙ステーション(高度400㎞)のおよそ9倍の高度から日本の排他的経済水域に落下し、更に夜間ということと、奥尻島の北西150㎞という距離からか、北海道から白い閃光が落下してくるの映像が記録された。

また、金正恩が見る地図上には着弾点が奥尻島の領海内と記されていると画像から確認されている報道が見受けられるが、ブラフなのかあるいは着弾点に誤差が生じたのかというところだろうが、多分ブラフではないかと推測するところです。

仮にブラフでなかったなら、着弾点の誤差が130㎞ほど出たことになるので、西方面への着弾点の誤差ではなく、仮に東方面への着弾点の誤差ならば、優に日本本土に着弾しているので、それはなかなか考えにくいと思うところです。

仮にそれほどの誤差を生じる弾道ミサイルを発射しているとなると、いつ日本本土の着弾してもおかしくないということになろうかと推測できるのは至極当然となると考えられます。

日本に於いては、今般の弾道ミサイルがどこに着弾するかというのは、どの時点で分かったのかとのことですが、実際のところどの時点で分かったのだろうかとの疑問が起こります。

発射から着弾まで、約47分の時間があったわけですが、どの時点で軌道が補足できたかということであり、仮に日本本土着弾時に於いては着弾どれくらい前に軌道予測ができるのか、ピンポイントの着弾点周辺の国民は如何に避難するかというシミュレーションは出来ているのだろうか。

仮に、何分後下にまさしく今いる自分の頭上から閃光を帯びた弾頭が落下してくるという時、どう避難するかということと、非武装弾頭が着弾した時の被害は半径何メートルであるかということを存知しておくのは、身体の保全、生命維持上大変重要なことではないかと考えられるが、その様な情報は発信されているのだろうか。

また、非武装弾頭が原油など発火物を保有する施設に着弾した時の被害は半径どれくらいになるのかということも存知しておくべきことではないのだろうか。

非武装弾頭の着弾被害のシミュレーションを発信し、これを国民が存知しておく、そして着弾予想地点に於ける被害を被らない地点までに有する時限を存知しておき、最善の避難行動をとれるようにしておくこおとは大切なことではないだろうか。

北朝鮮という相手があってのことであるから、着弾点の誤差から生じる日本本土着弾に係る避難シミュレーションを構築し、発信し、これを国民共有の対弾道ミサイル避難知識として存知しておくべきではないかと考えます。

危機感を煽るとかいう方もおられるようだが、そういった問題ではなく、今ある現実の目の前にある想定されるべき弾頭の着弾から如何に回避するかの予備知識を有することは至極当然であると思うところです。

いずれにしろ、着弾して死傷するするならば、これは運が悪いということになろうかと思いますが、国内にありとあらゆるところに北朝鮮シンパが紛れ込んでいると解するのが相当で、どれくらいの規模で日本に実害が出た時に真剣に対応するかということかと考えます。

日韓併合の後遺症と申しましょうか、日本に頑として居座り、自らの権益を暴力と恫喝と懐柔と工作で勝ち取ってきた日本在住の朝鮮民族が、メディア、政界、官界、財界、行政、教育の場に通名あるいは帰化、あるいは朝鮮民族の血脈の者として存在すると解するのが相当で、これらの包括的な朝鮮民族血統で繋がり抗日の意識を有する者らが、日本民族による民族自決国家である日本に於いて、邪な朝鮮民族主義を陰に陽に発動し、対日棄損、対日工作を恒常的に行っている中で、果たしてどの時点で日本は北朝鮮にしっかりとした対峙ができるのかは甚だ疑問と思うところです。

大村秀章愛知県知事に於いては、今般の大陸間弾道ミサイル発射に対しては、いつもの非難の定型文をようやく7月31日(9:36 - 2017年7月31日)にツイートするという状態であったことは、愛知県同胞商工人(主に北(北朝鮮)の方々の集い(大村事務所談))の新年祝賀会に臨席、壇上で挨拶し、鶴の一声で朝鮮学校への公金支給を執行し、鶴の一声で愛知県所有の施設等に対して本邦外出身者法(日本民族言論統制法、対日侵略幇助法、いわゆるヘイトスピーチ解消法)を根拠に即座に事前規制を執行し、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」(毎年12月10日から同月16日まで)では拉致(愛知県で拉致の可能性は23名)について何も語らない身としては、北朝鮮の弾道ミサイル発射は基本的には触れたくないということなのだろうかとも考えられます。

仮に弾道ミサイルが日本に着弾するならば、北朝鮮の核・弾道ミサイル開発資金となっていた、現在もなっているとも言われる19兆円(現在値。最高値34兆円か。備考:パチンコに日本人は20年で540兆円使った (幻冬舎新書) )にも及ぶ違法賭博パチンコを容認し、幇助、天下り、再就職、長年に渡って事実上北朝鮮と共謀共闘してきた日本警察の罪過は計り知れず、その責を免れることはできないと思うところです。

トランプ米国大統領と支那共産党中央委員会総書記・習近平が、4月6日・7日に米国で会談し、昼食時に米国がいきなりシリアにミサイルを着弾させ、そして、ここで北朝鮮対応で100日間の猶予を習近平がトランプ米国大統領に言ったとも言われるが、その時限は、平成29年7月16日でその期限を迎えた。

その100日間期限の12日後に北朝鮮は大陸間弾道ミサイルと発射したという事象が存在したということであると考えられます。

米国本土を射程に入れられ、核弾道ミサイルを着弾させるなど数々の恫喝を北朝鮮から受けている米国は、これからどうするのでしょうか。そして100日間云々の当の支那共産党はいつものように都合が悪くなると、自身に不利益なことが出現すると責任を転嫁して、逆切れして居直っている状態というところのようで、この様な物言はいつものことで何ら驚くこともないと思うところです。

そういえば、支那の吉林省延辺朝鮮族自治州(きつりんしょう えんぺんちょうせんぞくじちしゅう)は朝鮮族が元々住んでいる地なので、朝鮮民族自決を主張して北朝鮮はここを取ればいいのではとも思うところです。名古屋で行われた支那春節祭の開会式で、中華民族に朝鮮族が組み込まれてチマチョゴリを着て踊っていたのを現認(第4回名古屋支那春節祭 平成22年2月5日 【動画】自称・中華民族に朝鮮族が組み込まれとるぞhttps://youtu.be/cnjSGKytDJI)、記録に収めたが、これは吉林省延辺朝鮮族自治州の朝鮮族のことではないのでしょうか。

北朝鮮の弾道ミサイルは何も東方面にだけ飛翔するわけではなく360°全方位対応なのは当然で、今や、方向を変えるとイギリスにまで到達するのでしょうか。陸地で隣接するの支那などは射程丸入りなので、東に撃たずに西に撃ち込んだらどうかとも思うところです(着弾点の物理的被害等に関しては割愛)。

吉林省延辺朝鮮族自治州を朝鮮民族自決に誘導すると、これに触発されて、チベット・東トルキスタン・南モンゴルの解放、香港解放、支那に於ける少数民族の民族自決を誘引し、支那を宋の頃の版図に縮小させてしまうのが世界にとって最も好ましいことであるのは明白であると思うところです。

現下、北朝鮮の弾道ミサイルは、支那に特化して向けるべきで、過去朝鮮民族が1500年にも及び支那の属国として受けた数々の所業の報復を行なう機会ではないかとも考えるところです。

朝鮮民族は日本国内で我々日本民族にああだこうだと言いがかりの類を一年中言っていますが、そもそも1500年にも及んで朝鮮半島を属国として扱ってきた支那にはだんまりというのは、なんだろうかと常々思い、これがいわゆる事大主義、小中華思想というものかとも推測するところですが、我々日本民族にはそういった概念は基本的に存在しないので全く理解できませんし、なんなんだそれとしか思わないというところです。

北朝鮮は、このまま突っ込んで行く気なのだろうかとは思うところではありますが、背後に支那、ロシアを付けているので、係る弾道ミサイル発射が為し得る事象というところなのでしょうか。

そして我が国日本といえば、そもそもかなり以前から、北朝鮮の弾道ミサイル250基ほどの射程にほぼ日本全土(北海道の一部を除く)が入っていた状態であったので、北朝鮮による対日攻撃の状況に関しては著しい変化はありませんが、昨今は固形燃料を使用した弾道ミサイルが存在することから、対日弾道ミサイル攻撃を事前に察知するのは物理的には不可能ではないかと推測でき、更に弾頭に落下方向を変える装備がされているものがあるようですから、落下時の迎撃はほぼ不可能ではないかと考えられ、発射され大気圏外の最高度あたりでイージス艦から迎撃できないときは、5分程で着弾を待つ状態になるのではないかと考えます。

我が国日本独自で核弾頭搭載の弾道ミサイルに対峙する方策を物理的及び法と共に早急に整備することこそが求められていることではないでしょうか。

日本に対しても北朝鮮は核弾道ミサイル攻撃を明言しているので、核には核で対抗するのは当然と思いますので、核武装を如何にすればなし得るかの方策をシミュレーションし、実行に移す、また、仮に核兵器以上の兵器が存在するのなら、その開発と保有を実行に移す、そしてそもそも対日攻撃、対日侵略に全く役に立たない日本国憲法の改正、あるいは日本国憲法破棄から大日本帝国憲法復元から改正(技術的に諸説あり)が早急に執り行われるべきと思います。

我が国日本は人類史上唯一の被爆国として、三度目の核攻撃の危険に晒されているのは明白な状況下で、本来世界は率先して日本の核武装を促し、核兵器不拡散条約(NPT)の特例的枠外で特段の核保有を認めるには技術的にどうすべきかの議論が活発になされ、日本核武装の実現が即座になされるのが当然であって、そうでないならば、世界はまた被爆して日本民族は焼け死んでおけということと同義であると思うところです。

日本民族拉致被害者奪還

日本核武装の実現を


(備考)
パチンコ利権″を貪る上場貸金業者と警察の天下りhttp://news.livedoor.com/article/detail/3857981/ 

パチンコ 北朝鮮送金ルートを断て https://youtu.be/3ho2xFwCaRU
武藤嘉文外務大臣(1993年国会答弁)「パチンコの金が何千億と北朝鮮に行っている」

パチンコ業界と警察の癒着 https://youtu.be/En04w0HCzy0

過去に於いては、北朝鮮系金融機関破綻で、1兆4000億円を日本政府は贈与している。(備考:韓国系金融機関破綻で、日本政府は1兆6000億円を贈与)

大村秀章@ohmura_hideaki 名古屋に戻り、「愛知県同胞商工人新年祝賀会」にて、お祝いの挨拶を申し上げました。
https://twitter.com/ohmura_hideaki/status/818393330916569088
18:45 - 2017年1月9日

愛知県は「拉致の可能性を排除できない事案に係る方々」が23名(ソース:愛知県警ホームページ

警察庁:拉致の可能性を排除できない事案に係る方々https://www.npa.go.jp/bureau/security/abduct/list.html 
 
驚きの見解! 愛知県知事・大村秀章『パチンコは我が国における娯楽の王様』 パチンコ・パチスロ「愛知県遊技業協同組合」に対しての祝辞http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2150.html
また、祝辞が掲載されている同書籍では、河邉有二・愛知県警本部長(当時)も違法賭博パチンコを手放しで、絶賛している。
河邉有二・愛知県警本部長http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2079.html

----------------------------------------------------------

外務省:化学兵器禁止条約(CWC)締約国・署名国一覧
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/bwc/cwc/kameikoku.html
未署名国 エジプト、南スーダン、北朝鮮

備考:北朝鮮が化学兵器5000t保有との説がある。仮に、マレーシアで金正男暗殺に使われたVXが5000tの時、致死量10㎎=5000億人分の致死量となる(単純計算)
VXで殺害が行われたのは世界で、日本(VX実行者:オウム真理教)とマレーシア(VX実行者:北朝鮮は否認)の二か国だけである。

----------------------------------------------------------

Soyuz - Undocking, Reentry and Landing

動画は、地上から約400km上空の宇宙空間を秒速約8km(時速約28,000km。ライフル銃の弾の初速度が秒速約2.5~3km)で地球の赤道に対して51.6度の角度で飛行し、地球を約90分で1周、1日で約16周する国際宇宙ステーション(ISS)からアンドッキング、大気圏に再突入し地球に帰還する有人宇宙船「ソユーズ Soyuz」の様子。
当該平成29年7月28日に発射された北朝鮮の弾道ミサイルは、国際宇宙ステーション(ISS)より約3300㎞高い高度3724.9㎞から下降し大気圏に再突入し日本海(日本のEEZ内)に着弾した。宇宙空間での速度、大気圏再突入時、突入後の速度は防衛省は認知していると思う。北朝鮮の弾道ミサイルの弾頭部分が大気圏再突入時の高熱に耐えうるのか否かは、防衛省は認知していると思う。


(備考)宇宙空間:地表から100kmを超える地点を宇宙空間と呼称するのが慣習。国際条約において宇宙空間を定義することは領空の上限を定義することを意味するため、各国とも慎重であり明文化された定義は存在しない。(ソース:wiki)

(備考)空と宇宙の境目はどこですか? | ファン!ファン!JAXA! http://fanfun.jaxa.jp/faq/detail/103.html
国際航空連盟(Federation Aeronautique Internationale: FAI)という組織は、高度100kmから上を宇宙と定義。
米国空軍は80kmから上を宇宙と定義。
大気圏は対流圏、成層圏、中間圏、熱圏、外気圏に分けられ、外気圏は高度500kmを超える。
学術的には、スペースシャトルやISSが飛行している高度400kmあたりはまだ大気圏内ということになる。
NASAではスペースシャトルが地球帰還時に高度を下げてきて高度120kmに達すると大気圏再突入(Entry Interface: EI)と呼んでいる。これは、大気による機体の加熱が始まるあたり。
一般的には大気がほとんど無くなる100kmから先を宇宙としている。

----------------------------------------------------------

原爆投下 10秒の衝撃
https://youtu.be/S7vpfljzkHw
昭和20年8月6日
広島に米国が原爆投下
ウラン235合体核分裂
0秒~100万分の一秒(炸裂前)中性子が降り注ぐ(木造二階建て家屋一階で27%透過し8グレイ被爆)
100万分の1秒から3秒:火球3秒間で出尽くす 爆心地周辺の地表で摂氏約3000度~4000度の熱線
0.2秒後:原爆ドームの屋根の銅が溶けて消失 (銅:元素記号Cu 融点1084.5℃ 沸点2571℃)
0.8秒後:衝撃波 原爆ドームは垂直に崩壊
3~10秒:衝撃波 圧力は爆心地で35t/㎡ 最大風速440m/秒

金属の融点、沸点の一覧表 - ダイヤモンドホイールhttp://www.toishi.info/metal/melting_point.html
沸点4000℃超の金属
金属元素名 記号 融点(℃) 沸点(℃)
イリジウム Ir  2443  4437
ウラン U  1132  4172
オスミウム Os  3045  5012
ジルコニウム Zr  1852  4361
タングステン W  3407  5555
タンタル Ta  2985  5510
テクネチウム Tc  2157  4265
トリウム Th  1750  4789
ニオブ Nb  2477  4744
ハフニウム Hf  2233  4603
モリブデン Mo  2623  4682
ルテニウム Ru  2250  4155
レニウム Re  3180  5596

広島19450806 その日、きのこ雲の下で何が起きていたのか
https://youtu.be/YSQpu7AtYjI
爆心地から半径2キロ圏内:壊滅地帯
2375.jpg

核兵器使用の多方面における影響に関する調査研究
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000034833.pdf

----------------------------------------------------------

北朝鮮・朝鮮労働党支配下 朝鮮総連指導下 朝鮮学校
朝鮮学校調査報告書 平成25年11月(東京都 生活文化局)
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/shigaku/sonota/0000000845.html

北朝鮮への忠誠を誓う東京朝鮮学校の生徒たち(北朝鮮・朝鮮労働党下部組織・朝鮮総連指導下・朝鮮学校)

2039.jpg

都内の朝鮮大学校「日米を壊滅できる力整える」 金正恩氏に手紙、在校生に決起指示 - 産経ニュース 2016.9.20 06:38
http://www.sankei.com/politics/news/160920/plt1609200005-n1.html
919.jpg


日本のメディアの中には朝鮮学校卒業者が多いんです



----------------------------------------------------------

違法賭博パチンコ(北朝鮮の核・ミサイル開発資金等)廃絶
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2174.html

----------------------------------------------------------

北朝鮮による弾道ミサイル三発発射(28/09/05)、排他的経済水域着弾に断固抗議!朝鮮総連・愛知前 抗議文読み上げ投函(敷島通信 28/09/07)
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2271.html

北朝鮮が、平成28年9月9日に行った核弾頭爆発実験に断固抗議! 朝鮮総連・愛知県本部前で抗議文読み上げ投函 (敷島通信 名古屋市西区 28/09/12)
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2272.html

北朝鮮による新型中距離弾道ミサイル(IRBM)発射(平成29年2月12日)に断固抗議!朝鮮総連・愛知県本部前(敷島通信 29/02/14)
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2291.html

北朝鮮による弾道ミサイル4発発射に断固抗議!内3発が日本の排他的経済水域(EEZ)着弾に断固抗議!朝鮮総連・愛知県本部前(敷島通信 29/03/07)
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2296.html

北朝鮮による新型中長距離弾道ミサイル発射(平成29年5月14日)に断固抗議!朝鮮総連・愛知県本部前(敷島通信 29/05/15)
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2303.html

北朝鮮による短距離弾道ミサイル発射(平成29年5月29日)に断固抗議!朝鮮総連・愛知県本部前(敷島通信 29/05/30)
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2313.html

北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射(平成29年7月4日)に断固抗議!朝鮮総連・愛知県本部前(敷島通信 29/07/05)
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2341.html






スポンサーサイト

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード