非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

今までも29回にも及んで外国人参政権法案を国会に提出してきたが、また提出するようだ。

地方も国の統治の一部である。

日本民族の自決権を断固護持!

内政干渉著しい韓国民団・韓国に鉄槌を!

外国人参政権絶対阻止!



↓正しい歴史認識:公明が外国人参政権法案を独自提出へ 韓国大使に表明
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

第15条
公務員を選定し、および、これを罷免することは、国民固有の権利である

憲法は「国民」と「何人」を使い分けており、第15条の「国民」とは日本国籍を有する者に限定されることを意味する。

また、「地方自治体も国家の統治体制の一側面」なので地方選挙も国民主権に基づかなければならない。

更に、地方参政権については、更に次のような具体的な条項と判決も出ている。


第93条2
地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の「住民」が、直接これを選挙する。



「第93条2項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり、右規定は、我が国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものということはできない。」
平成7年2月28日、定住外国人地方選挙権控訴、上告審判決(最高裁判決)




==================
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091020-00000584-san-pol
公明が外国人参政権法案を独自提出へ 韓国大使に表明
10月20日17時58分配信 産経新聞

 公明党の山口那津男代表は20日、都内で韓国の権哲賢駐日大使と会談し、26日召集の臨時国会に永住外国人地方参政権付与法案を党独自で提出することを表明した。

 権大使は「私たちの長い念願だ。李明博大統領をはじめ大変に感謝している。法案が成立し、実現することを期待している」とこたえた。


===================
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=994222&media_id=4
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1005-14b8c81b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード