民主党の危険なマニフェスト・政策

民主党にはメディアが決して進んで説明しない危険なマニフェスト・政策が地雷の様に潜んでいる。

マニフェストでは、50.人権侵害救済機関・3条委員会の設置、52.東アジア共同体というシナ共産党・南朝鮮人の侵略を助長・幇助するもの。

民主党政策集インデックス2009では、外国人地方参政権、恒久平和調査局、朝鮮人慰安婦の謝罪と賠償、国立追悼施設などシナ共産党・南北朝鮮が泣いて喜ぶようなもの。

民主党のこれら国の根幹に関わる政策を全て実行されたら、民主党・鳩山のいうように日本は本当に日本人の所有物ではなくなる。

それが網羅されているのが民主党のマニフェスト・政策である。

また民主党の支持組織も日教組、自治労、部落解放同盟、韓国民団、朝鮮総連などと反日組織満載である。

目に見えないところの省庁人事から誘引される反日・亡国の更なる加速度に日本民族は目を白黒させる結果が訪れるかもしれない。

日本という国がしっかり存在してはじめて国民生活がある。

民主党のマニフェスト・政策では、国民の生活が第一という前に国が壊れてしまう。

チベット民族に国民生活が存在するだろうか、ウイグル民族に国民生活が存在だろうか、国民生活それ以前の問題である。

世界の潮流であって、また認められている民族自決を毀損し崩壊に導くのが民主党のマニフェスト・政策に明らかに網羅されている事は隠しようがない。

断固、日本民族の自決権は護持しなければならない。




http://www.youtube.com/watch?v=GnKTqkTkNZ8


http://www.youtube.com/watch?v=sy3MUC84Jvo





======================
民主の高速道路無料化、参院選での勢力拡大が実現の鍵
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=944187&media_id=52
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1103-5cc1ae37

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99