自省なき単なるプロパガンダ機関・メディアの誘導・洗脳のどうしようもなさ(公共の電波を使用する資格なし)

のりぴーの覚せい剤事件で選挙期間中のほとんどが覚せい剤報道に終始した。

昨日のりぴーは起訴されて一応の区切りは付いた。なんだこのタイミングは。

一芸能人の覚せい剤事件と国家国民の行き先を決まる衆院選とどちらが大事と言うのだろうか。

誰だろうか、この衆院選ぴったりに、のりぴー覚せい剤事件をぶつけたのは。その意図するところは・・・。

マニフェスト選挙とか言われて久しいが、本来ならメディアがマニフェスト・各党の政策を掘り下げて検証していいはずだが、掘り下げて検証したのは、のりぴーの覚せい剤事件であった。

衆院選をマニフェスト・政策を実証的に掘り下げて、対論を存分に自由に戦わせて、何処か報道したというのだろうか。

明日、衆院選投票日であるが、メディアは結局何をやっていたのだろうか。

いつもの様に煽り、洗脳し、誘導しただけではないのだろうか。

いつもの様に自らが世論を形成すると言う傲慢な意識で公共の電波を使っただけではないのだろうか。

資金・人員・発信手法とも豊富なメディアは何をやっていたというのだろうか。

この反日メディア群に踊らされて、洗脳されて、笛を吹かれて誘導されて、崖っぷちに向かって集団でシタシタと歩いているのが、今の日本民族なのだろう。

崖から落下し始めて、時既に遅しとなる前に、日本民族自らの手で日本民族の落下・凋落・滅亡を阻止・回避しなければならない筈だ。

民主党のマニフェスト・政策は日本民族にとって危険極まりない文言が満載されている。

極めて危険だ。

メディアに日本民族は決して踊らされてはいけない。崖っぷちに集団で歩かされて決して落下してはいけない。

メディア、存在する多くの組織の本質は反日である。日本国・日本民族が毀損されて無常の喜びを感じる輩によって支配・構成されていると言っても過言ではないだろう。

反日メディアに決して踊らされてはいけない。





======================
酒井法子被告の解雇を所属事務所が発表
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=944058&media_id=54
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1106-6f3b551e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99