衆院選に思う(メディアの執拗なプロパガンダ)

今回の選挙は先の小泉郵政選挙の時と同じような雰囲気なのだろうか。

私はあの郵政選挙ほど人を馬鹿にした選挙もないなと感じた。

800億円を掛けて郵政民営化に賛成か反対かを問うという馬鹿げた選挙を行った。

あの複雑な郵政三事業を民間人が調査できるわけがなく、民営化がいいかどうか民間人が分かるわけもなく、まして300兆円にも上る金銭の運用方法が民間人に分かるはずもなく、その郵政事業の民営化か否かを判断せよと選挙を行った神経を疑った。

候補者のほとんどは郵政民営化を詳しく知る者はいなかったのだろう、というより知る事ができる範囲のものではない。

郵政民営化の資料だけで10センチ以上に上った筈だ。

またメディアは無批判に郵政民営化を煽りに煽った。

私はメディアは頭が狂っているのではないかと思った。

テレ朝の古館などは、小林興起氏の「郵政民営化は米国の年次改革要望書に基づくものだ」とのニュアンスだったと思うが、この発言を自らが司会者である事を忘れたのか、わざとか知らないが、気色ばんでこの発言をさえぎって「なんなんとなる国の借金を・・・」だから民営化すべきという論評をぶちかました。

それから250兆円でしょうか、国の借金が増えたと思いますが。

メディアは一切の自省・自戒なき、言いっぱなし、やりっぱなしのその場限りの最たる例だ。

郵政民営化、米国が日本の虎の子である郵貯・簡保の300兆円を搾取したいというこの一点で政財官メディアに工作したという事なのではないかと感じる。

日本の国債を日本民族が買う間はいいでしょうが、これの多くを外国が買い出し、対外債務で国家の運営を行っていったら、自国で自国のことを護れない日本はどうなるのでしょうか。

そして郵政選挙で自民党は今までのお得意様である支持組織・支持者を切った。

その時、いわゆる政治評論家の中で、次の選挙で自民党は大変な事になると予想していた方々もいた。

郵政選挙で自民党は多くの保守政治家を党から叩き出した。

日本では全くの保守的な政治家、自主自立・独立を謳う政治家は潰される運命にあるのだろうか。

まさに日本が米国の保護国たる所以か。

これでは極東国際軍事裁判下、占領下の日本と形態は違うが変わらないのではないのか。

いわゆる現代版公職追放という感じだろうか。

小泉は自民党内から保守政治家を叩き出して、自民党の従米化を更に図った。

そして、今回の衆院選である。

今度は民主党という、反日国家群であるシナ・朝鮮の傀儡的な政党の躍進が伝えられている。

政権交代というお題目を何度も何度も反復して唱え、煽りに煽ったメディアは、民主党の政策集にある極めて危険な日本破壊政策を精査すらしない。

メディアをしてほとんどが日本民族で構成されているわけであるが、徐々に徐々に日本を悪くして行って何かいい事でもあるのだろうか。

メディアの日本民族の構成員の子々孫々にそのまままともに降りかかる事に何ら自戒の念などは起こらないのだろうか。

私からすると、従米左翼政党・自民党VS従シナ朝鮮極左政党・民主党の戦いというように感じる。

米国とシナの狭間で事実上消え去らないように日本民族は確固たる意志の元に進んでいかなければならない筈だ。

メディアに決して煽られず、決して洗脳されず、頑として日本民族たらしめることが、日本民族にとって、日本民族の将来にとって、極めて重要であると感じる。

日本民族と自負する日本民族の本当の戦いは衆院選後からと言えるのだろう。



=====================
■アジア外交 膨張する中国とどう向き合う
(読売新聞 - 08月26日 01:23)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=940697&media_id=20
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1112-8c4a52a3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99