与那国町長選、陸上自衛隊誘致派現職が再選

■与那国町長選、現職再選…陸自誘致派で自公推薦
(読売新聞 - 08月03日 00:29)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=917343&media_id=20

http://www.youtube.com/watch?v=9KgbM3Ps934


これで国境の離島・与那国島の国防に更に弾みがついた。

現在は警察官二名・38口径拳銃二丁しか重火器が存在しないという全くお粗末な現況な筈なので、これで与那国陸自駐屯と加速度的に進捗して欲しい。

しかし、民主党が仮にも政権をとるような事があるとこれも水泡に帰す恐れが大である。

与那国島の防空識別圏http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okinawa/kikaku/013/4.htmは島の西半分が台湾国になっているので、このあたりは台湾と話しをつけなければならない案件と言えよう。

2020年シナ共産党が原子力空母二隻を保有するとみられ、シナ共産党は尖閣諸島・沖縄諸島を自国の領土と主張、またその様な教育を幼少の頃からシナ人民に施しているhttp://www.youtube.com/watch?v=_0nUfQjZyU0&feature=channel_page  http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1046568686&owner_id=7790496ようなので、先手先手の守りが必要なのは言うまでもない。

尖閣諸島海域をシナ共産党が領有権を主張する前に、ガス田を試掘していたら、今のような尖閣諸島海域の現状にはなっていなかったであろう。

行政は物事が起こってからようやく動き出すと言う特性があるが、こと領土問題、地下資源問題、またシナ人を始めとする異民族の大量移住で物事が起こってから、のっそりと動き出していては遅いのである。

既成事実ができてから動いては全く遅いのである。

尖閣諸島海域のガス田を盗掘されている現状は、全くの行政の不作と言える。

この勢いで与那国島、対馬など国境の離島国防政策に弾みがつけば良いと思う。

安堵する選挙結果と言える。

しかし、左翼には国防という概念がないのだろうか。

侵略されて、生命が奪われ、土地が奪われ、財産が奪われてもいいという考えなのだろうか。


====================

自衛隊誘致派の町長が再選 与那国町長選
配信元:
2009/08/02 22:53更新


中国や台湾に近い与那国島への自衛隊誘致が争点となった沖縄県与那国町長選の投開票が2日行われ、誘致派で現職の外間守吉氏(59)が反対派で新人の元町職員、田里千代基氏(51)を破って再選された。

 与那国島への自衛隊配備については6月30日に外間氏が直接、防衛省に要請。その際、町議会の誘致決議や有権者数の半数近い署名も提出していた。これに対し、浜田靖一防衛相も「南西諸島の防衛は重要」として前向きに検討することを約束、7月初旬には陸上幕僚監部防衛部長らとともに同島を訪問している。

記事本文の続き しかし、悲惨な地上戦となった沖縄戦を背景に地元の反戦平和団体やマスコミには自衛隊に対する強い反発があり、今回、外間氏が防衛省に誘致要請したことにも強く反対していた。

 投開票直前にも沖縄反戦グループの一つ、「沖縄平和運動センター」は、防衛省や県に対し自衛隊配備に反対する決議文を手渡したほか、与那国島でも反対運動を繰り広げていた。

 誘致派の町長が再選されたことで、自衛隊配備にはずみがつきそうだが、沖縄本島では反対運動が続くことも予想されるため、与那国島への自衛隊配備がすぐに実現するかどうかは微妙な状況だ。

     ◇

■与那国町長選

外間守吉    619

田里千代基   516

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1148-2ff5e844

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99