5月27日 海軍記念日


http://www.youtube.com/watch?v=RygtrO_hTRk

東郷元帥:「皇国ノ興廃コノ一戦ニアリ。各員一層奮励努力セヨ」


http://www3.ocn.ne.jp/~gonavy/527special.html(ネットより引用)
5月27日は海軍記念日です。

 時は明治38年(1905年)。

日露戦争が終局に向かっていた5月27日、戦局の打開を目指し旅順港を封鎖されて身動きのとれないロシア大平洋艦隊を救出するために派遣された当時最強と言われたロジェストウェンスキ-提督率いるロシアバルチック艦隊と我が日本海軍が対馬沖の日本海でついに遭遇。

 2日間に亘る壮絶な砲雷撃戦の末、旗艦「三笠」に座乗する東郷平八郎元帥率いる帝国海軍連合艦隊が3隻を残しすべて撃沈。

残る3隻もすべて捕獲するという前代未聞の大戦果を挙げました。

この結果、ロシア海軍は事実上崩壊し日露戦争は一気に終結に向かったのです。

 日本を含むアジアに対する欧米列強の侵略に歯止めをかけ、また日本の将来に明るい光を与えたこの大勝利を記念して海軍記念日は制定されました。

-----------------------------------------------

「名将」東郷平八郎元帥

 この戦闘中わが司令長官東郷元帥は終始敵弾にさらされる露天艦橋上で自ら陣頭指揮を執り、戦闘終了後の甲板にはそこだけ飛沫を受けずに乾いていた元帥の足跡があったとさえ言われています。

 東郷元帥の指揮の下、我が連合艦隊は一糸乱れずに艦隊運動を展開。

当時でも世界トップクラスの正確な射撃によって大勝利を得たのです。

この海戦によって我が帝国海軍は世界中にその名を轟かせ、東郷元帥は世界最高の名将と呼ばれました。

また、この時の有名な作戦行動「東郷ターン」(敵前大回頭)は現在でも世界中の海軍学校で教材として取り上げられています。

-------------------------------------------

有名な「Z」旗

 もうひとつ忘れてならないのが開戦前に旗艦「三笠」に掲げられた「Z」旗です。

長期化した日露戦争は両国の国力を蝕み、この決戦に敗れたら敗戦は必至でした。特に日本にとっては独立を失い、植民地化されロシア帝国に隷属せざるを得ない事態も想定されていました。

 そこで決戦を前に東郷元帥は「皇国ノ興廃コノ一戦ニアリ。各員一層奮励努力セヨ」の訓示と共に旗艦「三笠」のメインマストに信号旗の「Z」旗を掲揚しました。

「Z」はアルファベットの最後の文字であり、「後がない、最後の決戦」の意味で使われました。

-------------------------------------------

連合艦隊旗艦「三笠」

 この海戦時の旗艦である戦艦「三笠」は記念艦として現在も神奈川県横須賀に保存されています。太平洋戦争終結後日本に進駐したアメリカ軍は日本のすべての軍艦を接収しましたが、この「三笠」だけは現在も横須賀の地にその姿をとどめています。




=====================
■防衛白書 脅威を直視し防衛力を高めよ
(読売新聞 - 07月24日 01:22)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=907650&media_id=20
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1156-399c2ca1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99