非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

年8%増でシナ人は50年後に3043万人  

シナ人が年8%増で50年後には単純計算で日本に3043万人となる。

10年ほど前に35万人だったシナ人はここ10年で倍増した。

35万人から年8%増で10年後で約75万人(不法滞在・帰化を入れて現在79万4055人)となる。

大体、この年8%増という推移で現在増大しているようだ。

現在シナ人の不法滞在・帰化等も入れて約79万人である。

現在のシナ人約65万人を基点に年8%増の単純計算をすると・・・


10年後 約140万人

20年後 約302万人

30年後 約653万人

40年後 約1409万人

50年後 約3043万人

60年後 約6570万人

70年後 約14184万人


この様な悪夢の様な在日シナ人の人口にならなければと思うが。


内閣官房 外国人労働者問題関係省庁連絡会議

========================


http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=33303
在日中国人80万人突破へ、外国人全体の3分の1占める―日本
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=895261&media_id=31


10日、日本の法務省入国管理局は、08年末現在の外国人登録者統計を発表した。国籍別の外国人登録者数では中国が65万5377人で、外国人登録者全体の約3分の1を占めていることがわかった。

2009年7月10日、日本の法務省入国管理局は、08年末現在の外国人登録者統計を発表した。

それによると、国籍別の外国人登録者数では中国が65万5377人で、外国人登録者全体の約3分の1を占めていることがわかった。

日本の華字紙・中文導報が伝えた。

統計によると、08年末現在の外国人登録者数は221万7426人で、日本の総人口の1.74%を占めている。

国籍別では、中国が前年比8.0%増の65万5377人(外国人登録者全体の29.6%)で第1位、続いて韓国・北朝鮮58万9239人(同26.6%)、ブラジル31万2582人(同14.1%)、フィリピン、ペルー、米国の順となった。

外国人登録者数に占める韓国・北朝鮮の割合は、1997年の43.5%から毎年0.7~3.2%ポイントの割合で減少してきており、08年末現在で26.6%となった。

これとは対照的に、中国は毎年1.0~1.5%ポイントのテンポで増加を続け、入国管理局が外国人登録者数の統計を始めた1959年以来、07年に初めて韓国・北朝鮮を抜いてトップになり、08年は前年比8.0%と大幅に増加し引き続きトップを維持した。

またこれ以外に、中国人で日本国籍を取得した者11万135人、中国人の不法残留者2万3335人などがおり、これらを合計すると日本にいる中国人の数は合計79万4055人となり、80万人台突破を目前に控えている。(翻訳・編集/HA)



<レコチャ広場>日本の中国人への観光自由化、内実は自由でも対等でもない!―中国
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=896762&media_id=31
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1176-6915b5cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード