井上博昭 フジ

(横領)
第二百五十二条  自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。
2  自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。

(業務上横領)
第二百五十三条  業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。



(2)相対的親告罪  
通常は親告罪ではないが、犯人と被害者とが親族関係のある場合に限り、告訴条件となる次の犯罪をいいます。
①窃盗罪(刑法235条,244条)
②不動産侵奪罪(刑法235条の2,244条)
③詐欺罪(刑法246条、251条)
④準詐欺罪(刑法247条、251条)
⑤恐喝罪(刑法249条、251条)
⑥背任罪(刑法247条、251条)
⑦横領罪(刑法252条、255条)
⑧業務上横領(刑法253条、255条)
⑨遺失物横領(刑法254条、255条)

http://murakami-y.net/index.php?%BF%C6%B9%F0%BA%E1%A4%C8%A4%CF


親告罪(しんこくざい)とは、告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪をいう。告訴を欠く公訴は、訴訟条件を欠くものとして判決で公訴棄却とされる。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/119-5cdf3d0a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99