食品の産地表示の危機!「シナ・中国産」→「外国産」か(農林水産省・厚生労働省)

食品表示の危機!政府は「シナ・中国産」→「外国産」と表示か
http://www.youtube.com/watch?v=TqLX2v65T8w&feature=channel_page

シナ・中国産・毒ギョーザで4歳の少女が一時意識不明の重体に陥り、多くの善良なる国民がメタミドホス中毒に陥り苦痛にのたうち回った。

未だシナ共産党は毒ギョーザ事件を居直ったままで、ギョーザの袋の浸透検査をシナで行った同じ状態で日本でも行おうではないかとの警察庁の申し出たその時点で、完全にフリーズしてしまった。

結局、国民が被害にあいながらもうやむやで終わった感は否めない。

にもかかわらず、産地表示を季節によって変わるものに関してはシナ・中国産でも外国産と一律に行おうとするのが、日本政府である。

日本政府は多くのシナ人流入を招き、それにより多くの日本人が殺害されてもいる。

シナ人という反日思想が脳内に埋め込まれた、モラル無き残酷な民族を馬鹿みたいに受け入れ、更にはシナ産の毒食品を外国産と消費者を騙して、体内に誘導しようとしているのが日本政府である。

シナはその民度の劣悪さと道徳心の無さ、共産党一党独裁の唯物主義と超拝金主義に毒された人民に自浄作用を求めても無理なことであって、既にシナでは砂漠化、水質汚染、土壌汚染が深刻な状態とも伝え聞く。

モラル無きシナ人民とシナの毒された土壌と水で作られたシナ産の食品を日本国民にシナ産であると告知することは日本国民の生命・安全・健康を守るためには最低限日本政府が行わなければならない事である。

しかし、これを放棄して外国産と一括りにして表示して、事実上の偽装表示をして日本国民の体内に毒性食品を誘導する日本政府の行為は、日本国民よりもシナ共産党を優先したという証明といえよう。




詳しくは・・・正しい歴史認識
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/41184305.html

=======================

http://www3.nhk.or.jp/news/k10013997401000.html

食品表記 “外国産”も容認へ
7月2日 5時7分、NHKニュース

生鮮食品や一部の加工食品は原料の産地の国を表示することが義務づけられていますが、農林水産省と厚生労働省は、季節によって産地が変わる材料を使っていて、国の名前の表示が難しい場合、「外国産」という表記も認める方針を決めました。

これは農林水産省と厚生労働省が、食品関連業界や消費者団体の代表などを集めた共同会議で意見を聞いて決めたものです。

食品の産地表示は、生鮮食品のほか、タケノコの水煮やウナギのかば焼きなど比較的加工の度合いの低い24種類の食品に義務化されており、「国産」のほか「オーストラリア産」や「中国産」などと国の名前を表記することになっています。

この産地表示を義務化する食品を増やすことが検討されていますが、産地が季節や月ごとに変わる材料を複数使っている場合などは正確な表示が難しいという指摘もあることから、共同会議で対応を協議しました。

その結果、国の名前の表記が難しい場合には「外国産」という表記を認める方針を決めました。

委員からは「現在、国の名前を書いている食品も『外国産』という表示になってしまわないか」といった意見が出されましたが、農林水産省の担当者は「現在のルールで産地表示できない食品に限りたい」と説明していました。

この方針は一般からの意見を聞いたうえで、来月には正式に決定し、適用する食品については、今後発足する消費者庁で議論される予定です。



======================
■「浜伸」経営者ら2人を起訴…ウナギ産地偽装事件
(読売新聞 - 07月01日 20:30)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=885377&media_id=20
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1199-6d866e0c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99