民主・鳩山が人の名前を勝手に使って献金と処理(反日メディアやらないね)

民主・鳩山「日本列島は日本人だけのものではない」
「人の名前はその個人だけのものではない」
(個人献金処理に人の名前は勝手に使います。友愛で何もかもボーダレスです。その先は混沌とした世の中が出現しますが、民主・鳩山には関係ありません。)


民主党・鳩山が人の名前を許可なく使用して個人献金を受けたと処理していた。

これ、犯罪でしょう。

反日地上波メディアは見事にスルーですね。わかりやすいですね。

放送法に不偏不党、公正中立とありますが。

政権交代とかいっている売国政党の党首はスルーですか。

日本では反日・売国に傾く政党・政治家は少々問題があっても報道しないという不文律があるようです。

逆に日本の国益に適うことを発言し行動する政治家・官僚はメディアに袋叩きにあいます。

反日地上波メディアは日本民族のためには存在していないという事だけはよく理解できます。

これも外国人参政権を基本政策に掲げる民主党を押す、在日韓国人パチンコマネーが隅々まで行き届いているという事も一つの要因となっているのでしょう。

外患・韓国民団は民主党政権を望んでいます。そして、外国人参政権を成立させようと虎視眈々と狙っています。


======================

http://www.asahi.com/politics/update/0625/TKY200906250172.html
「献金してない」証言次々 民主・鳩山氏の献金記載問題

・民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」へ個人献金したとして収支報告書に記載されている複数の人が、「献金した事実はない」と話していることが朝日新聞の調べで分かった。
鳩山氏への個人献金については、既に亡くなった人が献金者として記載された事例が明らかになっており、会計処理の不透明さが一層強まった形だ。

東京都内に住む元小学校教諭は、07年12月に12万円を献金したとして政治資金収支報告書に記載されている。
ところが元教諭は、過去に一度も献金したことはないという。
元教諭は取材に「鳩山氏はかつての教え子。その縁でたまに会合などで会うことはある」としたうえで、「しかし献金など事実無根。こちらが寄付してもらいたいくらい。どうしてそんなウソが載っているのか。本当に心配だ」と困惑した様子で語った。

千葉県内に住む会社役員の男性は、03~07年の5年間で計23万円の記載があった。この男性もやはり献金の事実はないという。
男性は20年近く前に、鳩山氏の選挙区である北海道室蘭市で勤務していたことがあるが、その期間でさえ鳩山氏との付き合いは全くなかったという。
男性の家族は「うちは応援する政党も違うのに献金するわけがない。鳩山さんは10年ほど前に選挙応援で来たのを遠くで見かけた程度。違う献金を処理するため名前が使われたのではないか」と憤った。

鳩山事務所は取材に「担当者が不在のため対応できない」としている。
民主党は、企業団体献金を禁止し個人献金を促す方針を打ち出している。24日の衆院決算行政監視委員会でも民主党議員が取り上げたが、麻生首相は強い口調で「報道によれば、鳩山代表は故人から献金を受けた事例があるという。個人献金がすべて善ということにならないのではないか」と語った。




=======================
■党首討論、民主が次回は応じず
(読売新聞 - 06月25日 20:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=879034&media_id=20
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1216-11e5472a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99