「嫌なら見るな」との暴論!反日朝鮮民族集団と結託・あるいは外道フジテレビ自身が本体、日本國・日本民族を貶める外道フジテレビを擁護する、北野たけし(オフィス北野)、岡村隆史(吉本興業)らは許されざる存在


たけし韓流嫌なら見るな!!だったら、おまえも嫌ならフライデー見るな!!
http://www.youtube.com/watch?v=dj4swhYuRNM



【99ANN】ナイナイ岡村が高岡批判『見たくないなら見るな、つぶやくな』
http://www.youtube.com/watch?v=AcNL28vluII



・北野たけし:23年8月15日東京スポーツ
「いやなら見なきゃいいんじゃねーかってだけだけどな」

・岡村隆史:23年8月11日深夜1時~ ニッポン放送ラジオ オールナイトニッポン
「見なかったら見なかったでいいのよ。それだけのことやのに」

・ロンドンブーツ 田村淳 ツイッター上での発言
atsushilonboo 田村淳
じゃあ見ないと言う選択で良くない?
何でも否定するのがカッコ良いスタンスは俺には理解できない
atsushilonboo 田村淳
君の家…TVのチャンネル1個しかないの?あと電源切れないテレビなの?

「嫌なら見るな」との暴論を言い放った不逞不遜なる芸能人らのCM、街中でのポスター等の画像は嫌でも目に入って来るので、即座に中止、撤去せよ!即座に自らの発言に対しての整合性を取れ!


日本が好きなだけなんだよさんブログ
芸能人=悲しき電波芸者
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-795.html

------------------------------------------

国旗国歌忌避・排除、反日・侮日・排日、韓国ごり押し・洗脳放送を断行する外道フジテレビを擁護すべく「嫌なら見るな」との発言をする、北野たけし(オフィス北野)、岡村隆史(吉本興業)ら芸能人。

「嫌なら見るな」とは、どの口が言うのか、よくも言い放ったものだ。

そこには地上波が国民共有の財産であるとの意識が見事に欠損している。

放送法第一条の目的がごっそり欠損している。


>>>放送法(目的)
第一条  この法律は、左に掲げる原則に従つて、放送を公共の福祉に適合するように規律し、その健全な発達を図ることを目的とする。
一  放送が国民に最大限に普及されて、その効用をもたらすことを保障すること。<<<


どういう神経をしているのか、かくの如く傲慢な発言、暴論を言い放ったのものである。

「嫌なら見るな」という見解について、総務省・地上放送課に聞くと「(周波数が限られている有限希少な電波に対してそのような見解は)ない」とのことであった。

同じチャンネルであっても地域によっては違う周波数を使用するとのことで、山などが多い地域は同じチャンネルであっても違う周波数を使うことが多くなるとのこと。

フジテレビを引き合いに出して質問したので、総務省は・地上放送課は「フジテレビがそんなこと言っているのですか?」と聞いてきたので、「違う北野たけしら芸能人だが、仮にフジテレビが嫌なら見るなとの見解ならどうなのですか?」と問うと「傲慢」と言っていた。

北野たけし、岡村隆史ら芸能人による「嫌なら見るな」発言は日本国、日本民族に宣戦布告を行ったも同義であり、日本国、日本民族を著しく愚弄するものであって、到底看過でき得るものではない。

これら、芸能人らは、反日朝鮮民族集団+反日地上波マフィア集団を擁護したのである。

外道フジテレビを擁護したのである。

外道フジテレビに頼まれたのではないかと当然、推察できうる事案である。

反日朝鮮民族集団の走狗となり果てている、あるいはそのもの本体であるところの外道フジテレビの如何にもやりそうな印象操作工作である。

「嫌なら見るな」発言について「オフィス北野」に電話して聞くと電話に出た事務所の女性は素性をオフィス北野の一員ということで

「嫌なら見るな、は正しい。たけしさんの見解と同じ」

と言い放った。

日本国、日本民族を愚弄しきった許されざる居直り発言である。

「北野たけし」の引退、オフィス北野の閉鎖を切望するものである。

また、「嫌なら見るな」発言を断行した「北野たけし」は、嫌でもCMや街中で「北野たけし」の画像が目に入って来ることがあるので、CMに出ないで頂きたい、街中にある北野たけしの画像を撤去して頂きたい旨の意見を申し述べた。

「嫌なら見るな」と暴論を発言するのだから、嫌でも見てしまう媒体を完全に消去するのは、自分自身の発言との整合性から極めて当然な措置と言えるだろう。

岡村隆史の所属事務所・吉本興業にも電話をして、「嫌なら見るな」発言に対して抗議し、抗議の意を岡村隆史に申し伝えて下さいと言った。

吉本興業は、事務所自身の見解は言わなかった。

国民共有の財産・地上波、放送法第一条などを全く無視し、傲慢にして、不逞不遜、暴言を臆面もなく吐き捨てた、掛る芸能人らは、決して許すことのできない存在である。


=======================
新たな火種、たけしの発言がネットユーザーの怒りに触れる?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1711270&media_id=97
(サーチナ - 08月18日 12:41)

 俳優の高岡蒼甫による韓流ブームへの批判で始まった、ネットユーザーのフジテレビ不視聴運動。ナインティナインの岡村隆史が自身のラジオ番組で「(高岡に対して)見たくないなら見なきゃいいのよ」と発言したのに続き、ビートたけしが東京スポーツの紙上で「韓流ばかり放送するたって、それである程度、視聴率取るんだから、しょうがないよな。いやなら見なきゃいいんじゃねーかってだけだけどな」と苦言を呈した。

 しかしこの発言は、ネットユーザーの感情を逆撫(さかな)でしまったようだ。大手掲示板にはこれに関するスレッドが立ち並び、コメント数もゆうに1万件を超えている。その内容をみると「問題になっているのは公共の電波を利用した偏向放送だ」「嫌なら見るなって、その時間帯のCMを見るなって言ってるのと同じじゃん」と、そのほとんどが批判の声だ。

 なかには「たけしの言うことは正論」「選択の自由があるのにそれをしないで文句つけてるだけなのはただのクレーマー」という声もみられるが、ただし書きで「電波の公共性に関しては触れないからダメなんだよな」「利権で韓流おしてるのなら問題ってことだ」と付け加えているものもある。

 ネットでは以前から、韓国ドラマやアーティストを“過剰に押す”テレビ局への批判が見受けられており、たまりにたまった不満が、高岡の発言によって火がついたとの声もある。しかし、騒動はネットにとどまらず、抗議デモへと発展、フジテレビ不視聴運動まで繰り広げられている。21日にも大規模な抗議デモが予告されており、騒動鎮静化の兆しは現在のところ見受けられない。(編集担当:武田雄樹)

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/122-65045318

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99