非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

台湾船が6月1日から日本の尖閣諸島海域・EEZ(排他的経済水域)で無断調査している。

即、海上保安庁に電話してみました。

海保「領海侵犯ではない」

私「EEZを侵犯しているということか」

海保「そうだ」

私「同じようなものではないのか」「今どうなっている」

海保「巡視船が張り付いて警告している」

私「追い出せ。撃て」

NHKのシナ共産党中央宣伝部のJAPANデビュー・アジアの一等国に対する、日本人の広範な抗議行動に対する、シナ共産党の台湾・屈シナ・国民党・シナ人を使った、EEZ侵犯行為という返し・揺さぶりではないかとも感じる。

シナ共産党とシナの男妾・国民党・シナ人・馬英九の国共合作行動ではないのだろうか。

(一般的に、外省人は中国人アイデンティティーが強い。そのため、中国国民党や親民党など、泛藍連盟を支持するものが多い。外省人が台湾の全人口に占める割合は10~15%ほどである。)ウィキより

9条はクソの役にもたたないことが、今更ながら明らかになる事案である。

海保はただ接近して、出て行けというだけで、何ら打つ手なし。

反日左翼どもの作用で、ただ指を加えて見ているという状態になっている。

反日左翼どもはこの日本をどうしたいのだ。侵略させたいと言うことなのだろう。

しかし、本当にその時、その様に日本が侵略されるに至った時、これを導いた反日左翼どもは、いの一番でこの日本から出て行くだろう。

NHKを始めとする反日左翼どもは自らの行ってきた行為の恐ろしさに気づいた時はもう遅いのである。

http://www.youtube.com/watch?v=p1YSstsqBOI



=======================


http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1243907898/-100

【沖縄】 尖閣諸島の沖の日本の排他的経済水域内で台湾の漁業調査船が日本側の同意のないまま海洋調査

台湾調査船EEZで調査か1日夜、沖縄県の尖閣諸島の沖の日本の排他的経済水域内で台湾の漁業調査船が事前に日本側の同意のないまま海洋調査と見られる行動をしながら航行していたことから現在も海上保安庁の巡視船が監視を行っています。

1日午後7時すぎ、パトロール中の海上保安庁の航空機が尖閣諸島の
魚釣島の北西およそ40キロの日本の排他的経済水域で台湾の漁業調査船「水試一號」が(すいし・いちごう)ワイヤーのようなものを引いて航行しているのを見つけました。

海上保安庁が無線で「水試一號」に確認したところ、「海洋調査を行っている」との回答があったということです。

排他的経済水域で海洋調査を行うためには事前に日本側の同意が必要ですが、今回はなかったため、海上保安庁では調査をやめるよう警告しました。

さらに、警告を行った1時間半後、海上保安庁の巡視船が、「水試一號」に対して再び調査を中止するよう求めたところ、「調査は行っていない」との回答があり当初、確認されたワイヤーのようなものは見あたらなかったということです。

「水試一號」は、現在も日本の排他的経済水域内にいるため海上保安庁は巡視船で監視を行っています。

http://www.nhk.or.jp/okinawa/lnews/01.html




========================
強い姿勢打ち出す領海政策、最大課題は南沙諸島―中国
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=839395&media_id=31
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1259-dea9a082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード