報告集会「なぜ中止になった?国士舘大学学部祭」

報告集会「なぜ中止になった?国士舘大学学部祭」1
http://www.youtube.com/watch?v=e8baCmcYs6I&feature=related

報告集会「なぜ中止になった?国士舘大学学部祭」2
http://www.youtube.com/watch?v=1J5rQJSKADQ&feature=related

報告集会「なぜ中止になった?国士舘大学学部祭」3
http://www.youtube.com/watch?v=t6X340zF1N8&feature=related

報告集会「なぜ中止になった?国士舘大学学部祭」4
http://www.youtube.com/watch?v=7vlP4GJHzjM

報告集会「なぜ中止になった?国士舘大学学部祭」5
http://www.youtube.com/watch?v=y7yHGA4feb4&feature=channel_video_title

報告集会「なぜ中止になった?国士舘大学学部祭」6
http://www.youtube.com/watch?v=CGx5nRsBgPQ&feature=channel_video_title

報告集会「なぜ中止になった?国士舘大学学部祭」7
http://www.youtube.com/watch?v=KpXAHiPTreI&feature=channel_video_title


國士舘大学・二年生・松田晃平氏の発言要約

「10月半ばに、学長に対して、意見書、質問書を提出。

国旗の冒涜にあたるのではないか。何故、日本の国旗だけがパズルが外れているのか。

朱建営は政治的背景がすごく強い、桜井よし子さんに「あなたは中国共産党の代弁者と言っても過言ではない」と言われている人。

李鍾元は、朝日新聞アジアネットワーク客員研究員、代々木上原協会9条の会で講演をしている。

こういった人物を呼んでシンポジウムで講演させようとし、更に日本人の有識者が一人もいない、と意見書に書いた。

昭和40年代、國士舘創立者・柴田徳次郎先生は、打倒・朝日新聞、國賊・共産党を撲滅の集会を開いた。4月29日、天長節、日比谷野音で開いた。

協力に韓国文化院をのせていた。

韓国文化院は韓国大使館のある韓国の政府機関。

韓国は、従軍慰安婦、戦後補償、竹島で揉めている。

留学生に配慮するのはいいが、偏り過ぎているのではないか。

意見書を出した時、学部の担当者は、昨日知ったと言っていた。

21世紀アジア学部の学部の人が勝手に決めて小田急線に貼っていた。

色々話を聞くと、原田信男教授が、独断で決めたのではないかとの噂も上がっている。

10月20日(木)、18時頃、世田谷校舎で学部職員と会った。

私に言ったのは「是非、街宣を止めて欲しい。国旗の冒涜ではないと私は捉えている」

新聞記事にも、原田信男教授が、「さまざまな・・・」

「国旗を侮辱する意図はなく、あと1ピース頑張れば、三国が連携できる」と記事に書いてあるように面会した学部職員も同じ様なことを言う。

朱建栄、李鐘元は「あえて呼んだのかもしれない。朱建栄は政治的背景の強い人かもしれない。あえて呼んで、そういう人達の意見を聞いて、それで講演をさせたのかもしれない」と曖昧な答え。

松田晃平氏「街宣を止めて欲しいとはどういうことか、表現の自由もある。大学の前でやるのではなく(鶴川)駅前でやるのだから、いいではないか」

21世紀アジア学部「大学のイメージが下がるから、やらないで欲しい」

松田晃平氏「こういう集会をやる方がイメージダウンに繋がりますよ」

21世紀アジア学部「それは、また、別の表現の自由ですよ。街宣を止める代わりにシンポジウムの終わった後に反論、誰か別の人を立てて欲しい」

松田晃平氏「桜井よし子を呼んだらどうか」

21世紀アジア学部「いくらかかるか」

松田晃平氏「50万くらいかかるのでは」

21世紀アジア学部「それは無理」

30分くらいで面会を終わる。

その後、21世紀アジア学部祭のホームページを確認したところ、諸般の事情により中止となりましたと、掲載されていた。

学部の人と会ってから、その後、学部の中で会議が開かれた。

学長の独断で中止となった。

その21世紀アジア学部職員から、後日電話があって、「学長の対応、おかしいですよ」と悪口を言ってくる。

21世紀アジア学部職員「学長がね、勝手にシンポジウムと講演を中止にさせて、更に学部祭を中止にさせたんですよ。これどう思いますか?」

松田晃平氏「どうも思いませんけど」

一方的な悪口を言ってきた。

中止を受けて、次の日、学長に対して「中止になったりのは、学長の判断である」と感謝状として出した。

11月2日、学園祭があって、開会式、学長に会うことがあったので、その時に

松田晃平氏「あの時は有難うございました」

学長「君は誰だ」

松田晃平氏「晃平君か、その時は頑張ったね。よく気付いたね」

と握手を求められた。

中止になった経緯はこういうこと。

産経新聞から報道があったのは、10月31日、産経新聞朝刊。

産経新聞の人も「確かに国旗冒涜はあったと思う。朱建栄と李鐘元を呼んでシンポジウムを行う。そういったことはおかしいと私は思う」と言っていた。

「まだ、これは記事になるかは分からない」

記事になる前の2~4日前の話し。

そして、産経新聞で取り上げられた。



世紀アジア学部 21世紀アジア学科 原田信男教授
http://www.kokushikan.ac.jp/faculty/21_Asia/laboratory/detail.html?id=102057

---------------------------------------------

(所見)

國士舘大学21世紀アジア学部祭が中止に到る経緯が詳細に述べられている。

やはり、おかしげな教授、職員が潜伏しているように感じる。

原田信男なる教授は要注意ではないのだろうか。

職員も意味不明、國士舘らしからぬ、反日左翼教授に迎合・追随、あるいは共闘している者も存在するのではないかとも推測できる。

学長の判断は、極めて適切であったと考える。

國士舘大学は、反日的国旗毀損ポスターを広く公に一時掲示して、恥を世間に晒したことに猛省すべきであると考える。

しかし、これを仮にも見て見ぬふり、黙認していれば、更に激しく、更に顕著な反日的行動を展開することは容易に想像が付く。

國士舘大学現役学生である松田晃平氏の挙により、本件、反日策動が撃破されたことは喜ばしいことである。

これを機に國士舘大学に存在していると推測される反日教授、反日職員による反日策動への徹底した監視、日本国、國士舘を毀損せんと画策、蠢動していると推測される反日教授、反日職員の一掃、追放が必至であると考える。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/13-0c1069c3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99