驚き!ミサイル発射・誤情報

■「北朝鮮から飛翔体」政府が誤発表…5分後に訂正
(読売新聞 - 04月04日 12:27)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=798682&media_id=20

ミサイル発射伝達方法:「アメリカの早期警戒衛星→防衛省→首相官邸→(Em-Net)→各自治体」


発射の誤情報について、FNNの取材では「日本側の伝達システムの誤り」との事のようですね。

難しく考える事はありません。先制攻撃でミサイル基地諸共破壊してしまえばいいのです。そうすれば、日本国民、特に秋田・岩手の方々も安心して生活が出来ると言うものでしょう。

それかいつまでもこんな事を、いや更に重大な事態を未来永劫繰り返すかです。

政府筋:「米国からの早期警戒情報は流れていない。」

しかし脆弱な体制ですね。これからは国民はガスマスク、防空壕が必至アイテムのようですね。自分の身は自分で守りましょう。

憲法改正でスッキリサッパリ、先制攻撃でザックリ破壊、核武装でキッパリ抑止力、これで日本は安全です。

それかミサイル発射の度に、為すすべなく、一喜一憂、右往左往するか、どちらを日本国民は選択するのでしょう。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1342-82e3c015

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99