非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

日本迎撃の場合 北は軍事報復
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=794778&media_id=4



北朝鮮がまた能書きを言っている。何度も何度も分かったから、キッチリ攻撃して来いよ。

日本の上空をミサイル飛ばす事自体が大問題だろ、北朝鮮。

逆で北朝鮮の上空をミサイル飛ばすなら、戦争と言うんだろうよ、北朝鮮。

相変わらず、勝手な奴ですね。こんな奴は聞く耳持たぬが一番。事務的に粛々と物事を実行するに限ります。

で、北朝鮮はどうやって攻撃してくるのかな?

核ミサイル?それとも在日朝鮮人による局地的破壊活動?

どう考えても、現実的に実行不可能としか考えられませんね。

在日朝鮮人による破壊活動とて、単発的にはなしうるかもしれませんが、そこまでの火力を持っていないので、被害はたいした事がなく、すぐ鎮圧されるでしょうし、ミサイルを撃つと言っても、そこまで来たら、先制攻撃もやむなしという事になって、実現不可能でしょうし、北朝鮮、能書きは聞き飽きたから、取り合えず何かやってみろよ。

吠えすぎだろ、北朝鮮。ハッタリは通用しないよ。

ここまで、言うのだから、これはもう準戦争状態という事で。朝鮮総連も本国に逆らえないから、戦争を始めるという事でいいのでしょうね。

朝鮮学校も北朝鮮→朝鮮総連→朝鮮学校という枠組みの中、チュチェ思想・主体思想・首領絶対主義の中にありますから、戦争状態に突入という事なのでしょうね。

日本国内での北朝鮮学徒破壊活動部隊の編成でも行なっているのでしょうか。

チュチェ思想・主体思想・首領絶対主義を忠実に実行すれば、朝鮮総連・朝鮮学校の日本での破壊活動は至極当たり前の行為でしょうね。

無慈悲には無慈悲で対応ですよね、やっぱり。

とにかく、さっさと攻撃して来い!

(訂正)ミハエルさん論から
拉致した時点で戦闘状態である。まったくごもっともでございます。

よって、さらに戦闘状態が深まったという今日この頃という事でございましょう。



>>>「再侵略戦争の砲声」とみなし、「最も強力な軍事的手段によってすべての迎撃手段とその牙城を無慈悲に粉砕する」<<<

=========================

強力な軍事報復を警告=「日本の牙城を無慈悲に粉砕」-北朝鮮
(時事通信社 - 03月31日 21:01)

 【ソウル31日時事】朝鮮中央通信は31日の論評で、北朝鮮が「人工衛星」と称して発射の準備を進めている長距離弾道ミサイルを日本が迎撃した場合、北朝鮮は「再侵略戦争の砲声」とみなし、「最も強力な軍事的手段によってすべての迎撃手段とその牙城を無慈悲に粉砕する」と警告した。韓国の聯合ニュースが伝えた。

 論評は、日本が北朝鮮の衛星打ち上げをミサイル開発とみていることについて、「相互尊重」をうたった2005年9月の6カ国協議共同声明を認めない立場を宣言し、「6カ国協議のテーブルをひっくり返す行為だ」とけん制した。

=========================

対北自制要求決議から「国連決議違反」を削除 共産、社民、国民新の要求で

 北朝鮮の弾道ミサイル発射問題で、与野党が30日、発射の自制を求める衆参の国会決議の原案から、北朝鮮のミサイル発射を「国連安保理決議に明白に違反」とした文言を削除したことが明らかになった。共産、社民、国民新の野党3党の要求によるものだ。

 自民、公明両党は削除を受け入れたが、自民党内からは不満の声も出ている。また、決議案の名称も「北朝鮮による飛翔体発射に対して自制を求める決議」とし、「弾道ミサイル」ではなく「飛翔体」とあいまいな表現にとどめた。

 衆参両院は31日の本会議で、それぞれ全会一致で採択する。

 民主、共産、社民、国民新の野党4党の国対委員長は30日午後、国会内で会談。決議原案の「国連安保理決議に明白に違反」との表現に対し、共産、社民両党が「北朝鮮は人工衛星と称しており、『明白に違反』とまでいえるのか」と難色を示した。国民新党は「中国、ロシアが新たな安保理決議に慎重な構えで、外交面の配慮も必要だ」と削除を求めた。

 これに対して、民主党も与党に削除を要請することで一致。野党側の要請を受けて、自民、公明両党の国対幹部は対応を協議し、削除を受け入れた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090331/plc0903310130002-n1.htm

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1349-67ff12c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード