非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

焼肉屋・徐々苑不法滞在事件   

焼肉屋・徐々苑http://www.jojoen.co.jp/html/about/index.htmlの不法滞在事件での韓国人夫婦は国外退去させるべきである。

日本の行政・司法は日本の主権、法概念をどうするつもりなのだろうか。

益々、不法滞在者が増え、作為的に不法滞在者が押し寄せるだろう。

これは日本民族として、日本に永住でき、強制国外追放を受けな権利をも侵害する行為である。

現在不法滞在者は15万人日本に存在する。

東京地方裁判所・杉原則彦裁判長は即刻裁判官を辞めよ!!!

徐々苑は清算結了せよ!!!


ミハエルさん日記に詳細情報ありhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1120529730&owner_id=7351508


徐々苑 
東京都港区六本木4-12-8第6DMJビル7階
TEL03-3423-2646

=====================


http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20090327082.html
焼き肉店頑張ったかいあった!韓国人夫婦在留OK

 大手焼き肉チェーン「叙々苑」傘下の焼き肉店を東京都内で経営する韓国人夫婦が、国に在留を認められなかったのは不当だとして、強制退去処分の取り消しなどを求めた訴訟で、東京地裁は27日、請求を認めた。

 杉原則彦裁判長は「夫婦は長期間、身を粉にして働き、叙々苑社長から高い評価を受けて店の営業を許された。違法状態だったが、営業を継続する経済的価値は高く、すべてを失わせるのは酷だ」と指摘した。

 判決によると、夫婦は1988年、借金返済のため、短期滞在の名目で来日。期限が過ぎても残留し叙々苑の直営店で働いていたが、同社は99年ごろ、夫婦を含め不法就労者を全員解雇した。

 夫婦は別の店に移った後、2004年にその店の経営を引き継いだ。叙々苑社長との親交は続いており「叙々苑」の商号使用を直営店以外で唯一許された上、食材の提供も受けるようになった。

 夫婦は06年、在留許可を求め、東京入国管理局に出頭していた。

[ 2009年03月27日 18:13 ]

http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20090327082.html


=========================
都知事「間近に落ちた方が」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=791151&media_id=4

石原論に賛同!!!

「間近に落ちた方が国民に緊張感」=北朝鮮ミサイルで-石原都知事
3月27日17時40分配信 時事通信

 東京都の石原慎太郎知事は27日の定例記者会見で、北朝鮮が弾道ミサイルの発射準備をしていることに関連し、「こんなことを言うと怒られるかもしれないが、変なものが(日本の)間近に落ちるなんてことがあった方が、日本人は危機感というか、緊張感を持つんじゃないかな」と述べた。
 その上で、「(日本人は)まあ大丈夫だ、まあ大丈夫だ(という意識)で来たわけだから」と話した。外国からの攻撃などに対する国民の危機意識の薄さを指摘したとみられるが、批判も出そうだ。 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1352-71988f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード