あれっ、小沢ちゃん、元秘書君うたっちゃってるよ。終わったね、小沢ちゃん。

小沢氏が続投 幹部会で表明
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=787741&media_id=2

http://www.youtube.com/watch?v=awIz1h1AoII
この動画が事実なら、小沢一郎はとんでもない輩ですね。驚きました。あまりにもやば過ぎですね。(試しに見てみて下さい)



「献金は西松建設からだと認識していた」、あれ小沢ちゃん、元秘書の被告人・大久保君、うたっちゃてるよ。

先に書いた日記の私のこれからの推移予想が根底から崩れちゃいました。ご免なさい。

何せ、秘書君うたっちゃってるんですから。

元秘書君への小沢ちゃんの金銭保証で容疑完全否認で初犯で元秘書君は実刑確定と思っていたけど、以外とやわだったんですね。

それか小沢ちゃんがセコかったのかな。元秘書・被告人・大久保君、懲役行くのイヤだったんだ。

否認事件は量刑も反省の色がないということで、加算されますからね。

うたっちゃったから、これで、元秘書君は執行猶予判決か罰金刑確定ですね。

情状証人は奥さんあたりが出てきて、「これからは政治とは一線をおいて家族とと共に真面目にやっていきます。」と言う感じかな。

ヤバイね、小沢ちゃん。元秘書君うたいだしたから、小沢ちゃんの関与までうたっちゃうかも。そしたら、小沢ちゃんも逮捕だよ。

小沢ちゃん、元秘書君の容疑否認を元に会見してるから、でも元秘書君うたっちゃってるから、もう一度、会見しないとね。また涙でも流してみれば。

クサレ左翼メディア、どうコメントするのかな。黙殺かな。



=========================
こいと@大和魂さんから記事転載http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1118330860&owner_id=688094&comment_count=2


小沢氏秘書 うその記載認める

西松建設の政治献金をめぐる事件で、政治資金規正法違反の罪で起訴された民主党の小沢 代表の秘書が、東京地検特捜部の調べに対し、「西松建設からの献金だと認識していた」と、うその記載を認める供述をしていることが関係者への取材でわかりました。

小沢代表の資金管理団体「陸山会」の会計責任者で、公設第1秘書の大久保隆規被告(47)は 陸山会と小沢代表の政党支部が、実際には西松建設からあわせて3500万円の献金を受けた のに、OBの政治団体からの寄付だと収支報告書にうその記載をしたとして、24日、政治資金規正法違反の罪で起訴されました。

大久保秘書は、逮捕後、東京地検特捜部の調べに対し、「西松建設からの献金とは認識していなかった」と不正を否定していましたが、関係者によりますと、最近になって「献金は西松建設からだと認識していた」と、うその記載を認める供述をしているということです。

特捜部は、西松建設の公共工事の受注と政治献金とのかかわりについて、引き続き捜査を進めるものとみられます。

ニュース動画:http://cgi2.nhk.or.jp/news/cgibin/K10049500211_0903250017_0903250028_01t_mh.cgi
NHK:http://www3.nhk.or.jp/news/t10014950021000.html


=======================

http://www.kitanippon.co.jp/contents/kyodonews/20090324/423811.html
北日本新聞

東京地検の説明要旨 大久保被告ら起訴について
2009年03月24日 21:19

 大久保隆規被告らの起訴について、東京地検の谷川恒太次席検事と佐久間達哉特捜部長が記者会見で説明した内容の要旨は次の通り。



 【谷川次席検事】

 政治資金規正法は、政治とカネを国民の不断の監視と批判の下に置き、議会制民主主義の根幹を成す。

収支報告書への虚偽記載は、国民を欺いて政治的判断をゆがめるものだ。

 ダミーの政治団体を使って、長年にわたり特定の建設業者から多額の寄付を受けてきた事実を国民の目から覆い隠した。規正法の趣旨に照らして、看過できない重大悪質な事案と判断した。


 【佐久間特捜部長】

 今回の件は西松建設の不正資金を捜査する中で浮上した。捜査の常道に従って捜査し、たまたまこの時期の立件になった。

 重大性、悪質性を考えると、衆院選が秋までにあると考えても放置することはできないと判断した。今月末で時効が完成する部分も(理由の1つに)あった。

 (同様に献金を受けているほかの政治家については)捜査すべきものは捜査するとしか言えない。われわれが政治的意図をもって捜査することはあり得ない。
 
小沢氏の聴取についてはコメントできない。

 事件の詳細については公判まで言えない。(公判前の訴訟書類の公開を禁じた)刑事訴訟法に従ったものだ。

この時点で国民を満足させる説明はできない。逮捕状の請求や、公判で裁判所のチェックを受ける。そこで説明するのがわれわれの仕事だ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1357-4c6510b2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99