シナは北朝鮮ミサイル発射で安保理の制裁・非難決議に反対

■北朝鮮ミサイル対応「安保理議長声明」で…日米が文案着手
(読売新聞 - 03月21日 03:05)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=784392&media_id=20



左翼のいう非武装で核爆弾被弾がいいですか、それとも安全安心・国防体制をしっかりと構築、あなたならどちらを選択しますか。




シナは北朝鮮のミサイル発射に対して、国連安保理での制裁・非難決議に反対するという事のようだ。

シナと北朝鮮は同じ独裁国家同士、仲がおよろしいと言うか、シナの配下に存在しているのが北朝鮮といえるのかもしれない。

北朝鮮のミサイルがシナ領土の上空を仮に通過するのなら、シナ共産党はいつもの激しい論調の意志を発露するだろう。

いつもの独善的な全く信用が置けないシナ共産党と言う事と思える。

小沢一郎は国連主義のようだが、この国連をして常任理事国の拒否権により如何様にも変態する有り様をどう思っているのだろう。

国連主義という事は、常任理事国の膨張主義・シナ共産党に振り回されるという事を意味するのではないだろうか。

小沢一郎は全く今回の北朝鮮ミサイル発射に対して、何ら言及していないが、国民の生命・財産・安全をどう考えているのだろうか。

仮にも政権を掌握しようと公言してる党首が、自らに降りかかった事件のみに汲々として、何が国民の生活が第一だ。

寝言も休み休み言え!

個人的には不謹慎との誹りは免れないが、秋田のNHK・朝日新聞社にピンポイントで着弾すればよいと思っている。

その時の9条主義・非武装主義の左翼達のコメントを是非聞いてみたいものである。

彼等が常日頃主張する、9条を守る・非武装が如何に国際社会で空虚にして、日本国の国権を毀損し続ける行為であるかは、彼等左翼達には分からないのだろうか。

彼等左翼達が日本国を崩壊したいと言う意思に基いているのであれば、その根本的な意志を広く国民に伝え、自らの主張を述べるべきである。

彼等左翼ほど、日本にとって無責任にして有害な存在はないのではないだろうか。

日本国民は誰も非武装により他国の侵略、攻撃を受けたいと思っていないと思う。




==================

北朝鮮ミサイル対応「安保理議長声明」で・・・日米が文案着手


3月21日3時5分配信 読売新聞


【ニューヨーク=白川義和】北朝鮮が「人工衛星」と主張する長距離弾道ミサイルを発射した際の国連安全保障理事会の対応について、中国が制裁・非難決議に反対する立場を関係国に伝達し、日米は拘束力のない議長声明を視野に文案作成を始めたことがわかった。

 国連外交筋が19日、明らかにした。

 同筋によると、中国の国連大使らは先週末から今週にかけて日米韓などの国連代表部を訪れ、「中国は決議に反対する」と伝え始めた。

北朝鮮が人工衛星の打ち上げと主張し、国際海事機関に事前通報するなどの手続きを取っていることから、「発射しても、北朝鮮に弾道ミサイル計画の停止・放棄を求めた過去の安保理決議違反とはいえない」との見解を示した模様だ。

 米国も中国の主張に異論を唱えておらず、日本や韓国は決議の必要性を強く打ち出せない状況という。

これを受けて、日米は発射に「遺憾の意」などを表明する議長声明を想定した文案作成に着手した。

実際の安保理協議ではまず決議案の形で提示しても、最終的に議長声明を落としどころとして中国の合意を求める考えとみられる。

 安保理は2006年の北朝鮮のミサイル発射では非難決議を採択したが、1998年は非公式の報道機関向け「プレス声明」で遺憾表明するにとどまった。

議長声明はプレス声明よりは強いものの、決議と違って対象国や加盟国への法的拘束力はない。

北朝鮮は4月4日から8日までの間に「試験通信衛星」を打ち上げると予告しており、発射直後に安保理が開かれる見通しだ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1365-48713aa2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99