シナ人に対して警察庁に質問・観光庁の見解

・警察庁にシナ人が日本人を日本国内で今まで何人殺したか聞いてみました。

警察庁:「19年度のシナ人(台湾を含む)の殺人は21件で23名が死亡。日シナ国交回復後の総計は分からない。

警察庁HP→統計→捜査活動→平成19年度犯罪→134番→中国、で検索して下さい。

平成13年度くらいまでは出ている筈。」


(所見)
福岡一家4人殺害後、海に投棄したシナ留学生の殺人事件や連続強盗殺人のシナ人の事件などから多くの日本人が今まで殺害されていると予想されるが、その総数を警察庁は把握していないようだった。

日本人がシナで殺人を恒常的に犯しているのだろうか。否と思う。

日本政府は国民の生命・財産・安全を守る責任があるが、日本国民が外国人にどれくらいの割合、ある期間から、どれ位の総数で殺害されているのかの把握というか統計を警察白書では明示していないし、国民に知らせようとの意識もない様に感じた。

たまたま外国人に殺害される日本人は宝くじに当たるようなもので、あきらめて下さいという事なのだろうか。




・観光庁・国際交流推進課・塚木氏に聞きました。
国土交通省03-5253-8111

私:「シナ人の犯罪統計を把握する気はあるか」

観光庁:「警察庁が資料として提示されているものは把握している」

私:「シナ人を多く入れようとする観光庁に疑問がある。

シナ人のマナーが悪い。日本人は世界でも好意を持って受け入れられている。」

観光庁:「昭和30年から40年前半に日本人が欧米に団体旅行で行った。

欧米では酔っ払って公衆の面前でいることは有り得ないが、日本人は団体で酔っ払って、歌を歌ったり、徒党を組んで道を歩いて、欧米から顰蹙を買って評判が悪かった。(だからシナ人のマナーの悪さも仕方ないという抗弁。)」

私:「シナは共産党の独裁国家で海外でも言論の自由がないとんでもない国家だ」

観光庁:「日本の 天皇誕生日などで、皇居で 天皇陛下萬歳をする日本人。 天皇はエンペラーとして見られ、その 天皇誕生日の行いを奇異に欧米は感じている。

日本も欧米、ハワイの土地を買い占めた。」

私:「あなたは、反天皇なのか。日本の対馬の土地を買う韓国はその韓国の馬山市は条例で対馬の日を制定して、領有権を明示している。

日本は米国、欧州の領有権を主張した事はない。全く条件が違う。

シナは沖縄をも自国の領土と主張している。全く背景が違う。

また空母も建造推進しているし、以前米国にハワイの西側をシナで管理させてくれとの意志を示している。

また第一列島線を突破して太平洋に出て行こうとしている。

この様なシナ共産党の人民を観光でも多く入れるという事が何を意味するかだ。

私がシナ共産党ならとにかく日本に観光でも何でもいいので多くのシナ人を入れ日本をシナ化して行こうとする。

そして第一列島線を突破し太平洋に進出し掌握する。

観光庁がシナ人観光客を多く入れるという事は日本を対馬化することにはならないか。」

観光庁:「沖縄は観光客が多くないとやっていけない。」

私:「沖縄はシナは自国の領土と明言している地域であるが、そこにシナ人観光客を多く受け入れるという事はシナの侵略を助長する。

日本列島全体を対馬化するつもりか。

麻薬と一緒で、シナ人観光客に頼って、抜けれなくなった時どうするのか。

そこでシナ資本が入ってきて、対馬のように韓国人観光客が対馬の韓国資本の宿、バス、土産屋で完結した時と同じことが起こったらどうするのか。

気が付いた時にはもう遅いぞ。」


(所見)
観光庁はとにかくシナ人を多く受け入れたいとの意識を感じる。

そして、日本人を卑下し、矮小化、日本人もこうだと、昔の日本人はシナ人と変わらないよ、シナ共産党の特異性も日本の天皇様を崇拝する日本人と変わらないよと抗弁し、それを論拠として、シナ人観光客の受け入れ、また外国資本の日本の不動産買占めを肯定化している、全く恐ろしい組織である。

この様な観光庁は解体されなければならない。

如何にも多くのシナ人が日本に観光に来なければ日本の観光は崩壊してしまうかの論調であるが、観光で多くのシナ人流入が日本にもたらす弊害は甚大であると思う。

ようはシナ人に対しての日本人の免疫と日本のシナ化を促進する事以外の何ものでもないだろう。シナ共産党の高笑いが聞こえそうだ。

津波のように押し寄せるシナ人の人口侵略は断固阻止しないととんでもない事になろうかと思う。日本政府は要は気が狂っているのだろう。末期症状と言えよう。



===========================
中国人の「家族観光ビザ」発給緩和へ、警察庁などは難色―日本
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=773746&media_id=31
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1374-72494444

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99