非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂




せとさんが突然、駐名古屋シナ総領事館前に現れました。

駐名古屋韓国総領事館前と愛知韓国民団本部前にご一緒させて頂きました。

せと弘幸さん、遠征誠にご苦労様です。

私のせと弘幸さんに対する感想は、この2年でしょうか、特にその行動が街頭のリアルな三次元の場にネットという二次元から移行され、その行動がまた二次元のネットで動画・分筆という媒体を経由し、フィードバックされ、また、二次元のネットでの論調をまた三次元で述べ、行動するという、方式に新たなる世論啓発活動を垣間見たところです。

また、タブーなき二次元三次元での公開発言の先駆者である事は自他共に認めるところではないかと思います。

そのタブーとも言える対象にも臆面なく鋭く切り込んだ事は歴史的快挙とも言えると思います。

その後、雨の後の竹の子の如く、日本各地で二次元・三次元の間を縦横無尽に回遊するとも言える言論的活動が更に加速度を増して発生したという事実は更にこれからの若い人々に伝播されていくのであろうと思います。

もはや、戦後日本で、正に真実を述べ、日本社会を日本民族の感性に基いて本質的に是正する行動を停止させるには、日本が一党独裁の共産主義国家のようになって、大弾圧を行使する以外にその二次元・三次元の行動様式を停止させる事は出来ないであろうと思います。

この様な中で、保守の中でもその行動に対する色々な意見がある事は百も承知しておりますが、私は二次元での日本国に日本民族足りうる是正活動はそれはそれで非常に大切であろうし、またいわゆる行動する保守運動も重要であると思うところであって、お互いを認めて更にその日本国の日本民族足りうる根本的是正運動が増殖し、拡大し、臨界点を越えるべきであると思いますし、その様な大きな枠組みの中でのまとまりを一番嫌うは何かというと、シナ・韓国・北朝鮮・反日勢力・左翼・反日メディアな筈ですから、その日本に仇なす諸外国、団体、組織に大打撃を与えうる、保守勢力同士の様態は、日常的には不可侵ではあるが、一端緩急事あらば、強く共闘を構築できうるような体制が望ましいのではないかと思います。

細微に至る思想・考えは誰しも決して一致・合致する事はないので、日本国の日本民族足りうる根本的是正という概念で大枠でまとまって、対反日国家及び勢力・左翼等に対峙することが涵養ではないかと思います。

正にネットという媒体を使用し、更に三次元である街頭等での実際行動を、それもタブーなき発言の先駆的改革者となったと言える、せと弘幸さんの体を張った、また自らがその先陣を斬り行動を断行した、日本の日本民族足りうる本質的な是正行動とその日本の是正が加速度的に進捗する事を強く望むものです。

せと弘幸さんを始めとする、この様な言動に著しい不快感を憶えている、反日国家及び勢力、左翼らが駆使する、その人脈等々を使っての周到な工作行為には軽々に振り回されることなく、日本国の日本民族足りうる根本的な是正に向けての行動と、ある種鷹揚であって広い意味での大同団結に勉めるべきであると思って止みません。

それが反日国家・反日勢力・左翼等の一番嫌がる現象であると思っています。

更に日本の日本民族足りうる本質的な是正行動を行う人々、これに世論が融合した時には確実に日本国は日本民族足りうる人々が住まえる誇りある国に是正されると思います。





http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=747443&media_id=4
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1385-14e7502f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード