非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

主権回復を目指す会のHPに防衛大学校長・五百旗頭真(いおきべ まこと)に対する公開質問状が記載されていた。

本件、公開質問状を見たところ、防衛大学校長 五百旗頭真は防衛大学校長を即刻辞すべきは当然であるし、辞職しなくてはならない。

田母神氏が政府見解に反し、事実である論文を発表した事によって糾弾、魔女狩りの如く追放された事は記憶に新しい。

イオキベは小泉氏の靖国神社参拝を公然と否定し、日本政府が決定したイラク派兵を公然と否定したとある。

何故、田母神(たもがみ)氏が政府見解と違う意見を公然と述べたため放逐されて、イオキベが政府見解と異なる意見を公然と述べて放逐されないのか。このダブルスタンダードはどう理解すればいいのか。この理不尽さは小学生でも理解できないところであろう。

「第九回世界華商大会が開催された際、貴殿は華僑組織の戦略委員を務めておられました。」というところはもはや防衛大学校で次代の日本の国防を司る青年を指導する立場の長としては欠落どころか、自衛官として全く適正外、シナの手先、売国奴、逆賊、国賊とイオキベを表現するに至る。

20歳前後の多感な青年期にイオキベが左翼思想を注入し、その防衛大学校の幹部候補生が、後の日本軍(自衛隊)の部隊を率いる事になると思うと寒気がする。

後の日本軍(自衛隊)がいつシナ人民解放軍に寝返るか、分かったものではない。

シナ共産党が今まで言ってきた、人民を解放するとの文言で全て侵略して来た事から、防衛大学校生が4年間でキッチリ左翼思想に汚染されて、シナ人民解放軍の日本の出先機関の一要員になるとも考えられる。

イオキベは万死に値する。

イオキベはシナ共産党・シナ人民解放軍の手先であって、
天皇陛下に砲弾を向けかねない後の日本軍(自衛隊)の部隊幹部を養成しているのであると認識した。

イオキベが校長でいるかぎり、防衛大学校は解散し、新たなる組織として生まれ変わるしかその存続すべき道はないと思った。

防衛大学校には電話して辛辣に抗議した。

防衛大学校総務課は質問状の事実を調べると言っていたが、こちらの名前を聞きながら、公務員でありながら自らの名前を黙秘した事に非常に憤りを感じた。

国賊、逆賊、売国奴のイオキベは即刻、防衛大学校長を辞職し、自衛官を辞めよ!

あのシナ共産党の出先機関NHKがイオキベを賛美し報道していた事が、如何にもシナ共産党の意向に添った行為であるのではないかとも言える。

シナ共産党は日本軍(自衛隊)をシナ共産党の支配下に後々置きたいというのは、そのシナ共産党の思想・行動指針から至極当然な工作活動の一環と言える。

軍のクーデターと言うのがあるが、日本の場合、国体を転覆させる軍事力を以ってのクーデターと言いうのは考えられないが、イオキベの思想教育を受けた軍人(自衛官)は、 天皇陛下に砲弾を向ける国体転覆のクーデターをシナ共産党の手先になって断行する恐れも考えられる。

確信的な左翼革命主義軍人(自衛官)の出現である。

ところで結局、タモガミ論文と村山談話の事実検証は行わずに糾弾して騒いだだけでお終いですか?左翼メディアさん、日本政府さん?




======================
http://homepage2.nifty.com/shukenkaifuku/tokushu/19.html
公開質問状

平成21年1月23日
防衛大学校長 五百旗頭真殿

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-9-1
「田母神論文と自衛官の名誉を考える会」
代表   宮内瑞生 防衛大3期生
副代表  鬼塚恒久 防衛大15期生
事務局長 濱口和久 防衛大37期生

 先に「防衛大を蝕む五百旗頭イズムの大罪」として、当会所属の濱口和久が月刊雑誌・正論平成21年1月号で発した質問に対する貴殿の返事を待っておりましたが、未だに何ら回答がありませんので、当会は新たに貴殿に公開質問状を出すことに致しました。以下のそれぞれの質問に1ヶ月以内に責任ある回答をお願い申し上げます。


質問1.貴殿は昨年11月9日に毎日新聞のコラム「時代の風」に田母神俊雄前航空幕僚長を批判した一文を書いていますが、この投稿は防衛大臣の許可を得て発表されたものか、明らかにして下さい。



質問2.昨年12月9日のNHK「クローズアップ現代」の「空幕長論文はこうして発表された」の放送では、番組の中でタイに留学していた防大学生が「タイの士官学校生徒は国王を守るために国を守るという意識を持っていて、明確な目的意識と誇りを感じることができました」と述べました。

日本に於いて天皇はその存在を憲法第一章で規定され、国家元首たる国事行為を行っています。

天皇ならびに憲法を自衛隊が守るのは当然のことであるのに、貴殿はその学生に「もっと広い視野を持て」とピントの外れた指導をしていたが、貴殿の真意は如何なるものか、ご説明下さい。



質問3.かような意見を貴殿は「自らの信念や思い込みに基づいて」防衛省に届けることなく新聞雑誌に投稿し、またテレビや講演会にも出演し、左翼活動家と同様な意見を度々述べており、その言動は意図的としか思われません。

貴殿は己の身分は自衛隊員であると認識しているのか、お尋ね致します。




質問4.貴殿は防衛省から給与を支給されている身でありながら、国会で決定され国の命令によるイラク派遣に反対の意見を述べ、首相の靖国神社参拝を批判していますが、これは国家公務員法102号に抵触し、国家公務員法110条による罰則が適用される性質のものであることをご存知ないのでしょうか、お答え下さい。




質問5.貴殿は「侵略戦争を行ったうえ敗北した日本に対する不信は、とりわけアジアに根深かった」と主張しています。

 大東亜戦争当時、アジアにおいて完全に独立していた国は日本、タイ、シナ大陸のチベットなどしかありませんでしたし、日本がアジアで戦った相手は国民党軍以外は欧米植民各国であって、アジアの国々ではなかったのです。

中国、朝鮮以外の「アジア」の国々の指導者は、並べて大東亜戦争による植民地解放を肯定評価していることを歴史家である貴殿は、ご存知ないのでしょうか。





質問6.防大校長の貴殿のやりたい放題は、もはや止まるところを知りません。

昨年九月に神戸市などで第九回世界華商大会が開催された際、貴殿は華僑組織の戦略委員を務めておられました。

「世界華商大会」は独裁国家の中国共産党の強い影響下にあります。防大校長がここまで突出し、イベント屋になり下がり、中国の手先そのものになっているのは、我々自衛隊OBに取っては許しがたいところです。

これは重大な問題であるので、戦略委員就任は防衛省の許可を得たものなのかどうか、他にもこのような役員をしているのかについてもお聞かせ下さい。



 我々は今、貴殿がマスコミの田母神論文批判に力を得て、より五百旗頭イズムを浸透させようと、防大生の国防に対する健全なる思想信条に踏み込むような言動をとるのを危惧しています。

将来、国防の要となる幹部候補生を教育指導する防大校長がかかる言動を展開していることを放置できません。

従って我々は、ここに貴殿に即刻の辞任を求める行動を開始します。

以上





==========================
■ソマリア沖に海自派遣決定、防衛相が準備指示
(読売新聞 - 01月28日 12:09)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=733388&media_id=20
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1400-32e80d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード