非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

国籍法改悪から「二重国籍」法案?売国議員河野太郎の暴走を止めよう!http://jp.youtube.com/watch?v=tsylEcVD45s
本件の遠藤健太郎さんブログhttp://knnjapan.exblog.jp/8923007/

【マスコミ黙殺・クーデター発生?!】国籍法一部改正で日本終了?!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5243363
http://jp.youtube.com/watch?v=WfLfutS9PKw



本来の日本国籍を有する者の日本国籍の価値が毀損され、ねずみ子算式に偽装日本国籍が増える恐れがある法案なのに、全く既存メディアはあてになりませんね。公明党が推進しているようなので、創価学会がメディアに圧力でも掛けたのだろうか!?

日本民族の民族自決権を著しく侵害する推進派国会議員、その元凶となった最高裁判所の判事どもは万死に値する。

国体をも毀損しかねない法案に連座している人物・組織・機関は、
天皇陛下の御存在をも脅かす朝敵と断言できよう。


「よって、朝敵には断固たる態度で望むべきである。」


昨日は地元法務局に国籍法について意見と質問等をしてきました。

国籍法改正案で偽装手法で日本国籍を取る事が簡単になると言う事が明らかになりました。

詳しく順序だって詳細に父(虚偽)の認知での外国人・母の子供の日本国籍取得方法を聞きましたが、シナ共産党等々反日的国家群に対する利敵行為になるので、ここでは記しません。

まずい法案である事は明白です。この様な法案を推進したと動画で記されている公明党、また自民党の推進派国会議員は既に日本国の国会議員の職責にあることにすら激しい嫌悪感を感じます。

また軽々に違憲判決を出した最高裁判所もその責任を免れる事は決して出来ない。

憶えておけ最高裁判所、日本民族の将来をたった15名の判事の内の何人かに決められてたまるものか。

貴様等最高裁判所に日本民族の民族自決権を完全掌握されてたまるものか。


サンケイ・イザニュースより「1審東京地裁判決は違う判断枠組みを取りながら、国籍法の条項を違憲無効と判断。一方、2審東京高裁は「『父母の結婚』の要件を違憲無効とすると、

>>>法にない国籍取得要件を司法がつくることになる。それは許されない」<<<

などとして、憲法判断をせずに、原告敗訴の判決を言い渡した。」

外道最高裁判所め!最高裁でひっくり返った違憲判決が出たという事は、政治的圧力が加わったとも考えられる。

その違憲判決を受けて法務省民事局第一課が法案作成して、公明党が推進して内閣提出法案にて上程という事か。

裏で創価学会・公明党が司法、法務省に働き掛けたか、あるいは最高裁判所の判事、法務省の高級官僚が池田大作の完全支配下の創価信者でその意向により動いたとも考えられる。

裁判員制度のポスターには上戸彩(創価学会信者説あり)のポスターhttp://sonnou.exblog.jp/8654374/が採用されている。採用決定者は最高裁判所である。




(↓以下コピペ)

国籍法改悪から「二重国籍」法案?売国議員河野太郎の暴走を止めよう! 2008年11月15日01:28 国籍法改悪から「二重国籍」法案?売国議員河野太郎の暴走を止めよう!
http://jp.youtube.com/watch?v=tsylEcVD45s


【衆議院法務委員】へ集中して電凸FAXしてください

審議をするのは法務委員の方々です
河野はほっといて、今はとにかくの法務委員へを送るのが効果的です

・手書き
・テンプレ使わない・・・短くてもいいので自分の言葉で。ただし丁寧な言葉使いで
・FAX・・・紙が束になっている方が威力を発揮します
・簡略でいいので住所と氏名・・・例:○×県 会社員 一郎というのでおk

これが一番有効です

現物によるアピールが大切です
FAXがなければ電凸、メールでおk


●  衆議院法務委員名簿 連絡先 【その1】

<委員長>
[自民] 山本幸三   TEL 03-3508-7085 FAX 03-3501-9303 kozo-y@sirius.ocn.ne.jp yamamoto-office@seagreen.ocn.ne.jp

<理事>
[民主] 加藤公一   TEL 03-3508-7457 留守電 042-390-4315 FAX 03-3508-3287 koichi@katokoichi.com
[民主] 細川律夫   TEL 03-3508-7513 FAX 03-3593-7148 h04091@shugiin.go.j
[公明] 大口善徳   TEL 03-3508-7017 無し           mail@t-okubo.jp

<委員>
[自民] 赤池誠章   TEL 03-3581-5111 FAX 03-3508-3733 ・http://akaikemasaaki.spaces.live.com/(ブログ)
[自民] 近江屋信広  TEL 03-3508-7405 FAX 03-3508-3885 無し
[自民] 大前繁雄   TEL 03-3508-3725 FAX 03-3508-7275 sigeo@oomae.jp
[自民] 河井克行   TEL 03-3508-7518 FAX 03-3508-3948 h01373@shugiin.go.jp m_kawai@opal.famille.ne.jp
[自民] 木村隆秀   事務所 TEL 052-331-6611 FAX 052-331-2600 info@kimutaka.org
[自民] 桜井郁三   TEL 03-3508-7326 FAX 03-3508-3326 ikuzo@shonan.cityfujisawa.ne.jp
[自民] 笹川 堯    TEL 03-3508-7526 FAX 03-3502-8865 info@e-sasagawa.com
[自民] 清水鴻一郎  TEL 03-3508-7051 FAX 03-3508-3211 s-5160@crest.ocn.ne.jp
[自民] 塩崎恭久   TEL 03-3508-7189 FAX 03-3508-3619 shiozaki@y-shiozaki.or.jp
[自民] 杉浦正健   TEL 03-3508-7124 FAX 03-3597-2771 ・http://www.seiken-s.jp/
[自民] 平将 明    TEL 03-3508-7297 FAX 03-3508-3507 taira001@nifty.com
[自民] 棚橋泰文   TEL 03-3508-7429 FAX 03-3508-3909 e-mail@tanahashi-yasufumi.com
[自民] 谷畑 孝    TEL 03-3508-7276 FAX 03-3508-3726 g02813@shugiin.go.jp
[自民] 長勢甚遠   TEL 03-3508-7107 FAX 03-3592-9048 ・https://ssl.n-jinen.com/form/voice.php
[自民] 萩山教嚴   TEL 03-3508-7278 FAX 03-3593-7103 無し
[自民] 町村信孝   TEL 03-3508-7117 FAX 03-3502-5061 info@machimura.net
[自民] 武藤容治   TEL 03-3508-7029 FAX 03-3508-3829 h08648@shugiin.go.jp


●  衆議院法務委員名簿 連絡先 【その2】

[自民] 稲田朋美   TEL 03-3508-7035 FAX 03-3508-3835 無し
[自民] 森山眞弓   TEL 03-3508-7527 FAX 03-3597-2753 無し
[自民] 矢野隆司   TEL 03-3508-7212 FAX 03-3501-8818 無し
[自民] 柳本卓治   TEL 03-3508-5111 FAX 03-3597-2801 h04664@shugiin.go.jp
[民主] 石関貴史   TEL 03-3508-7286 FAX 03-3508-3736 info@ishizeki.jp
[民主] 枝野幸男   TEL 03-3508-7448 FAX 03-3591-2249 yukio@edano.gr.jp
[民主] 河村たかし  TEL 03-3508-7902 FAX 03-3508-3537 g01403@shugiin.go.jp
[民主] 中井 洽    TEL 03-3508-7263 FAX 03-3592-9044 nakai@mie.email.ne.jp
[民主] 古本伸一郎  TEL 03-3508-7262 FAX 03-3502-5075 h07030@shugiin.go.jp
[公明] 神崎武法   TEL 03-3508-7225 FAX 03-3503-2388 ・http://www.kanzakitakenori.org/voice2in.htm
[社民] 保坂展人   TEL 03-3508-7070 FAX 03-5511-7877 GAF06452@niftyserve.or.jp
[無 ]  滝 実     TEL 03-3508-7081 FAX 03-3508-3861 makoto-t@m4.kcn.ne.jp

会合は「重国籍」のもののため「子供の認知」の問題は、
明後日2008年11月14日の衆院法務委員会での審議になるそうなのです。
抗議活動可能期間は実質今日と明日の二日間です。
上記の議員へ徹底的に河野太郎議員に対する非難を盛り込んだ
抗議の電話、ファックス、メールをしましょう!
時間がないので電話とファックスのほうが確実かと思われます。
一つでも多くの抗議を上記の特に水間さんが挙げている議員に届けることが
通過阻止につながります。
平日のためみなさんお忙しいと思いますが国家解体の危機なのでご協力お願いします。
コピペ拡散 推奨 !


●電子政府 総合窓口
http://www.e-gov.go.jp/


FAXの有効性について:ジャーナリスト水間政憲氏より

一通でも多く衆院法務委員会所属議員事務所にFAXして下さい。
各10.000通届けば、明日の審議だけで採決することは難しくなります。

- 箱クリックで全文表示
今日(13日)、午後4時国籍法改正PT副会長に、「チャンネル桜」の取材に同行します。結果は番組で。皆さんには、 一通でも多く衆院法務委員会所属議員事務所にFAXして下さい。

各10.000通届けば、明日の審議だけで採決することは難しくなります。 今月末までずれ込めば、国会を取り囲む阻止行動もできます。

この改正案は、国家の根幹に関わる重要法案です。 極左官僚と売国政治家のクーデターを断固阻止。 その位の覚悟を持って、皆さんも頑張って下さい。

緊急に核心情報を拡散するには、インターネットしかありません。国内のインターネット空間をコントロールしているのが、まだ、日本人が圧倒的に多いことが唯一の救いです。

ジャーナリスト水間政憲。皆さん、自由に転載して下さい。

(↑ここまでコピペ)


=========================
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=665435&media_id=2
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1447-49d3bad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード