阻止すべし!国籍法改正案が来週、衆議院を通過する様子

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=664943&media_id=4

老兵さんhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=992683013&owner_id=6098817

国籍法改正案が来週、衆議院を通過するとの様だが、このままだと今国会で法案成立する予定のようだ。

(日本人男性が外国人女性から生まれた子供を婚姻していなくても認知すれば、その子供は日本国籍になる。母親は日本国に定住権を有する事になる。その母親が外国人と結婚すると、その外国人夫は日本国に定住権を有する事になる。この様な子供は国内だけでも数万人という推計もある。)

さて偽装国籍を取得する外国人が出てくるかどうかであるが。

この件で法務省民事局民事第一課、自民党に聞きました。

また河野太郎がノーベル賞受賞者に端を発して、二重国籍の法案を画策しているようだが、シナ・朝鮮等々の外国人に二重国籍を認めるという事は参政権を認める事になる。次から次へといい加減にして欲しい。


・法務省・・・最高裁で判決が違憲という判断が出たため、法律を変えるに至った。

量刑の1年20万以下の罰金は他のバランスからこうなった。

閣議決定された。

事務次官会議を通過。内閣提出法案。偽装国籍の可能性はある。

DNA鑑定はできない。外国人差別になる。今月102名の申請がある。


・自民党・・・公正証書原本不実記載の5年との併合罪で7年6月の量刑になるので、偽装国籍の抑止になると思う。

DNA鑑定はできない。DNA鑑定をするとなると日本人同士の子供もDNA鑑定しなくてはならなくなる。不可能である。



(私見)

必ず偽装国籍取得事案が出てくると予想されるがDNA鑑定が出来ない中、当事者男女の自白がない限り、また適格な状況証拠を構築しないと偽装国籍取得を立件できないし、下手に事件化すると外国人差別とか騒がれる事から、司直の追及も緩慢になる事は容易に推測できる。

最高裁判所の判決一発で国の様子が大きく変わる事が許されるのだろうか。

ここまで最高裁判所の影響力・権限が大きくなると数名の判事で国柄を変えられてしまう。

永住外国人地方参政権付与法案も最高裁の薗部逸夫の傍論から混乱の端を発している。そこまで日本国民は一判事に振り回されなければならないのだろうか。

日本国は外国人の為にある国なのだろうか。日本政府の姿勢をみると日本国民より外国人を優遇しているように見える。

日本国は日本国民の祖先がここまで築き上げてきたという事実は日本政府には全く関係ないようだ。日本人は外国人に殊更気を使って、外国人はやりたい放題の国柄というところだろうか。

発展途上国から、先進国に人口が、経済的に低い国から経済的に裕福な国に人口が流れる事は必至である。

裕福な国家ドバイでは自国民しか商売が出来ないと聞く。ドバイ国民は商売をする外国人に名義貸しをしていると聞く。

このまま行くと日本はどの様な国になっていくのだろうか。アメリカの様な移民国家、人種の坩堝の国家を日本政府は先導しようとしているのだろうか。

その先には治安の悪化した混沌とした日本が存在するのだろう。

そうなると 天皇陛下の御存在も自然消滅しているやもしれない。まさに左翼の望む国家像であろう。

=======================

ダガーナイフ規制法案成立へ=国籍法改正も、来週衆院通過
(時事通信社 - 11月12日 17:01)


 自民、民主両党は12日、東京・秋葉原の無差別殺傷事件で使われたダガーナイフなどの所持を禁止する銃刀法改正案と、最高裁の違憲判決を受けて父母の結婚を子の国籍取得の要件とした規定を削除する国籍法改正案について、来週中に衆院を通過させることで合意した。30日に会期末を迎える今国会で成立する見通しだ。


=======================
(老兵さんところから転載)


 自民党の村田吉隆国対筆頭副委員長と民主党の安住淳国対委員長代理が12日午後、政府提出法案の取り扱いについて協議。

安住氏は国民生活の安全や向上にかかわる法案だとして、両改正案の成立に協力する方針を伝えた。 


昨日(平成20年11月11日)、自由民主党政務調査会・法務部会国籍問題に関す
るプロジェクトチーム第15回会合が開催されました。二重国籍を可能にする法案
が、河野太郎議員から出されました。

この件で、ジャーナリストの水間政憲より、是非多くの方に知らせてほしいと、緊急
の連絡を頂きました。

添付のファイルには、馬渡議員のブログ(http://blog.mawatari.info/ )からの転載と、戸井田とおる議員のブログ(http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji)に水間さんが書き込まれた内容を転載しました。
両方読んで頂ければ、この法案の恐ろしさが分かると思います。

この法案では、「父母の婚姻により嫡出子たる身分」が国籍取得条件となっていたも
のを破棄して、「父又は母が認知した」だけで取得できるという法案です。
実の子供ではなくても、日本国籍の男性が認知すれば、実の子かどうかの事実が分か
らなくても日本国籍が取得できます。偽装認知が可能になるのです。

対馬が韓国人に侵略されつつありますが、そんな中で、韓国は、この河野法案と歩調
を併せてなのか?・・・二重国籍取得可能になりましたから、日本が二重国籍取得可
能になれば、更に恐ろしい事態になるのは、想像に難くないと思います。

日本で国籍を保持できない身分は、「皇族、国会議員、大臣、外交官、判事、自衛隊
の士官」ですが、それ以外なら、自治体の首長には、重国籍を持つ純粋韓国人が就任
可能というわけです。

突如出てきた、この法案のことを、ほとんどの議員が知りません。
この法案の中で、まず「子供の認知」問題は、衆議院法務委員会で審議されます。
13日木曜日が山場となるそうです。

法務委員会所属議員の地元と議員会館にFAXとメールをどんどん出しましょう。議員
本人には、FAXが威力あります。「二重国籍法案」 は、一週間くらい時間がありま
す。
添付ファイルをごらん頂いて、この法案の問題点について、ファックス・メールを
送ってください。緊急です!
宜しくお願いいたします!

衆議院法務委員名簿 連絡先

<委員長>
[自民] 山本幸三   TEL 03-3508-7085 FAX 03-3501-9303 kozo-y@sirius.ocn.
ne.jp yamamoto-office@seagreen.ocn.ne.jp

<理事>
[民主] 加藤公一   TEL 03-3508-7457 留守電 042-390-4315 FAX
03-3508-3287 koichi@katokoichi.com
[民主] 細川律夫   TEL 03-3508-7513 FAX 03-3593-7148 h04091@shugiin.go.
j
[公明] 大口善徳   TEL 03-3508-7017 無し          
mail@t-okubo.jp

<委員>
[自民] 赤池誠章   TEL 03-3581-5111 FAX 03-3508-3733 ・
http://akaikemasaaki.spaces.live.com/(ブログ)
[自民] 近江屋信広  TEL 03-3508-7405 FAX 03-3508-3885 無し
[自民] 大前繁雄   TEL 03-3508-3725 FAX 03-3508-7275 sigeo@oomae.jp
[自民] 河井克行   TEL 03-3508-7518 FAX 03-3508-3948 h01373@shugiin.go.
jp m_kawai@opal.famille.ne.jp
[自民] 木村隆秀   事務所 TEL 052-331-6611 FAX 052-331-2600 
info@kimutaka.org
[自民] 桜井郁三   TEL 03-3508-7326 FAX 03-3508-3326 
ikuzo@shonan.cityfujisawa.ne.jp
[自民] 笹川 堯    TEL 03-3508-7526 FAX 03-3502-8865 
info@e-sasagawa.com
[自民] 清水鴻一郎  TEL 03-3508-7051 FAX 03-3508-3211 
s-5160@crest.ocn.ne.jp
[自民] 塩崎恭久   TEL 03-3508-7189 FAX 03-3508-3619 
shiozaki@y-shiozaki.or.jp
[自民] 杉浦正健   TEL 03-3508-7124 FAX 03-3597-2771 ・
http://www.seiken-s.jp/
[自民] 平将 明    TEL 03-3508-7297 FAX 03-3508-3507 
taira001@nifty.com
[自民] 棚橋泰文   TEL 03-3508-7429 FAX 03-3508-3909 
e-mail@tanahashi-yasufumi.com
[自民] 谷畑 孝    TEL 03-3508-7276 FAX 03-3508-3726 
g02813@shugiin.go.jp
[自民] 長勢甚遠   TEL 03-3508-7107 FAX 03-3592-9048 ・
https://ssl.n-jinen.com/form/voice.php
[自民] 萩山教嚴   TEL 03-3508-7278 FAX 03-3593-7103 無し
[自民] 町村信孝   TEL 03-3508-7117 FAX 03-3502-5061 info@machimura.net

[自民] 武藤容治   TEL 03-3508-7029 FAX 03-3508-3829 h08648@shugiin.go.
jp
[自民] 森山眞弓   TEL 03-3508-7527 FAX 03-3597-2753 無し
[自民] 矢野隆司   TEL 03-3508-7212 FAX 03-3501-8818 無し
[自民] 柳本卓治   TEL 03-3508-7167 FAX 03-3597-2801 h04664@shugiin.go.
jp
[民主] 石関貴史   TEL 03-3508-7286 FAX 03-3508-3736 info@ishizeki.jp
[民主] 枝野幸男   TEL 03-3508-7448 FAX 03-3591-2249 yukio@edano.gr.jp
[民主] 河村たかし  TEL 03-3508-7902 FAX 03-3508-3537 g01403@shugiin.go.
jp
[民主] 中井 洽    TEL 03-3508-7263 FAX 03-3592-9044 
nakai@mie.email.ne.jp
[民主] 古本伸一郎  TEL 03-3508-7262 FAX 03-3502-5075 
h07030@shugiin.go.jp
[公明] 神崎武法   TEL 03-3508-7225 FAX 03-3503-2388 ・
http://www.kanzakitakenori.org/voice2in.htm
[社民] 保坂展人   TEL 03-3508-7070 FAX 03-5511-7877 
GAF06452@niftyserve.or.jp
[無 ]  滝 実     TEL 03-3508-7081 FAX 03-3508-3861 
makoto-t@m4.kcn.ne.jp
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1449-4eb2b6df

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99