映画「闇の子供たち」とは何ものだ!

「闇の子供たち」タイ上映中止
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=613961&media_id=4


映画「闇の子供たち」は日本人の信用・名誉を毀損している様な相変わらずの、虚偽・捏造の侮日映画の様な気がする。

「あなたを忘れない」「パッチギ2」「靖国」などの侮日・反日映画の類と推測できる。

日本ユニセフが関連しているようなので、何か背景があるのだろうか。

本件映画の原作は在日韓国人である。在日韓国人が描く原作で侮日・反日以外の映画があるのだろうか。

またか、うんざりという感ですが、今迄の「あなたを忘れない」「パッチギ2」「靖国」などとは違い公的資金は投入されていないが、虚偽を事実のように描写しているという事は明らかに日本人の名誉・信用を毀損する事になるので、日本人として、本件映画に関して事実を確認しながら抗議すべきところは抗議しようと思う。

良く騒ぎが大きくなると宣伝になるので、反日映画の画策者、反日・左翼達を結果的に利すると言う意見もありますが、かといって黙っておればいいというわけではないと思う。

先般のシナ人監督の反日映画「靖国」では、騒いだ結果宣伝になったので、何も言わなければ良かったのかと今振り返ると、黙する事の方が問題があると思う。

言うべき事はビシビシ言って、揉めに揉めればいいと思う。

国思う日本人の意見は遠慮せずに言えばいいと思う。

今迄、日本の外交姿勢として、黙して語らず、言いなりでしたが、何かいい事があったのだろうか。皆無であると思う。

本件映画で、日本とタイとの間に亀裂が走れば、またシナ共産党の欲するところではないかと思うので、そのあたりの考察は必要と思う。

どうせまた裏で、領土・領海拡大主義のシナ共産党が蠢いているのではないかとも充分に想像できる。

法輪功学習者を生きたまま内臓を摘出し、売買しているのはシナ共産党である。



・闇の子供たちhttp://www.yami-kodomo.jp/

・日本ユニセフ協会http://www.unicef.or.jp/

・闇の子供たち(ウィキ)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%97%87%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%9F%E3%81%A1

この作品はこれまで各サイトにて、「幼児の人身売買、売春というショッキングな真実を描いたノンフィクション映画」と宣伝されてきた。その影響もあったためか、ネット上に書き込まれた映画の感想には、ノンフィクションであることを前提としたものが少なくない。このような状況に対して、虚偽の宣伝ではないかという批判が続出した。

本作を推薦している「コードプロジェクト推進協議会」は、「フィクションとは言え、普段私たちの目に触れることがあまりない「闇」の世界の現実を白日の下に晒してくれました。」として、本作を事実に基づくフィクションと捉えている。

一方、本作に取材協力をした大阪大学医学部付属病院移植医療部の福嶌教偉は、子供の心臓移植について日本人がタイで心臓移植を受けた例はなく、他の子供の生命を奪っても自分の子供の生存を願う両親は存在しないと説明し、また、不正な心臓移植自体の収益性に対し疑問を示し、作中の心臓移植の表現は事実に基づかないフィクションと捉えている。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1473-df68dcc4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99