非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂


・記者会見を終え、席を立つ河野洋平衆院議長。手前は牧島かれん氏=18日夜、神奈川県箱根町のホテル


・さらば“河野談話” 引退前に非を認めてほしかったhttp://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080918/stt0809182256017-n2.htm

・阿比留さんブログ:河野衆院議長の引退記者会見記事の補足と会見内容 http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/722658/

・河野談話破棄http://mixi.jp/view_community.pl?id=1906594

・アメリカ合衆国下院121号決議http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E4%B8%8B%E9%99%A2121%E5%8F%B7%E6%B1%BA%E8%AD%B0




あの國賊・河野洋平が政界を引退する。

極めて喜ばしい事である。

しかし、國賊・河野洋平の河野談話を断固破棄しなければならない。

昨年に続き今年も、戦没者慰霊祭では、およそ慰霊祭とは関係のない自身の政治的主張を断行し、御英霊を蔑ろにした事は許されるべきものではない。

この様な國賊は国会議員を引退したからといって、今までの罪過が払拭されるものではない。

一生糾弾され続けても余りあるといえよう。

河野談話が河野洋平引退後にどうなるのか、官房長官談話の意味を内閣府総務官室に聞きました。

内閣府:「内閣官房長官としての談話、一国務大臣としての談話。」

私:「破棄する方法は?」

内閣府:「新しい官房長官が談話を出す。」

日本政府はこの様な事実に基かない河野談話は一刻も破棄すべきである。

後継候補の牧島かれん氏の思想信条、河野談話に対する見解を事務所に聞くいが、返答できる人がいなかったので、再度聞こうと思う。

河野談話が言質となり、米国下院、カナダ、オランダ。欧州議会で、対日非難決議が採択された事は記憶に新しいところである。

日本の名誉・信用を毀損し日本民族の子々孫々まで、そのそしりを受けかねる元凶、河野談話を断固破棄しなければならない。

韓国など勝手に騒がせておけばよいだけである。



======================

http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiisep0809466/
河野衆院議長、きょう引退表明/後継に牧島可憐氏浮上
2008/09/18

 次期衆院選に出馬せず、引退の意向を固めている河野洋平衆院議長(71)=神奈川17区、党派離脱中のため無所属=の後継の自民党候補として、牧島功県議(自民、横須賀市)の長女で元東京純心女子大講師の牧島可憐(かれん)氏(31)が浮上していることが十七日、分かった。

 牧島可憐氏はジョージワシントン大のポリティカルマネージメントの修士号を日本人として初めて取得。テレビ出演や新聞のコラム執筆などもこなし、ことし三月で東京純心女子大学の講師を退職した。

 河野氏の後継候補について、自民党県連幹部は地元の意向を尊重する方針を示している。関係者によると、十六日夜に河野氏が地元選出の県議と会った際、後継候補として牧島可憐氏の名前が出たという。

 牧島県議が一九九八年の参院選神奈川選挙区から党公認で出馬(落選)した際、河野氏は選対本部長を務めた。

 17区は小選挙区制になった九六年から四回の総選挙でいずれも河野氏が圧勝している。

 河野氏は十八日に会見し、正式に引退表明する。


・牧島功http://www.makishimaisao.com/
牧島功事務所 046-826-3737


・牧島かれん事務所 神奈川県小田原市成田178-1  0465-38-3388


========================
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=611760&media_id=4
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1477-83c614e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード