官邸は「この件は掘り下げるな」との報道(毒ギョーザ殺人未遂事件)

天洋回収ギョーザ 中国で中毒
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=569403&media_id=2

・毒ギョーザ事件 官邸は「掘り下げるな」との指示http://jp.youtube.com/watch?v=z_BQh1UMbwM

=======================

「ジェノサイド北京オリンピック期間の注意事項」

(ココラット氏:シナ共産党の被害に遇っているビルマ人の切なる訴え)

一、北京オリンピック、見に行かないで下さい。

二、北京オリンピック、映像見ないで下さい。

三、北京オリンピックのハガキ、人形を買わないで下さい。

四、北京オリンピックのスポンサーの会社の物を8月8日から終わるまで買わないで下さい。


北京オリンピックの成功は世界の独裁者を応援する事になる。世界の独裁者を認める事になる。


・ジャノサイド北京五輪スポンサー企業(ワールドワイドパートナーからJOCオフィシャルパートナーまで)http://www.joc.or.jp/aboutjoc/sponsor/index.html

========================


長野トーチリレーでは、シナ共産党の命令の元、シナ人がシナマフィアも含めて大量に押し寄せる事を事前に官邸は知っていた筈である。

そこで出た官邸からの指示はシナ人は逮捕するなという事であったと言われている。

コキントウ訪日では、チベット国旗を始めとしてコキントウが不快に思う物を見せない様にせよとの官邸の指示の元、チベット国旗などを持った日本人は警察法第2条の拡大解釈で、徹底的に排除された。

私も奈良で二度排除された。http://mixi.jp/view_diary.pl?id=802809828&owner_id=7790496

・20080510_チベット国旗を掲げた方を警察が不当拘束 in 奈良県新公会堂http://uk.youtube.com/watch?v=bDtm0w2U5vE


長野トーチリレーhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=788374674&owner_id=7790496ではシナ人は特段の処遇を受け、日本国・日本人を蹂躙して行った、あの忌まわしき大量動員の前線指示者のシナ留学生学友会会長・李光哲(シナ工作員!?)は長野トーチリレーの5日後に官邸で福田と会談している。

毒ギョーザ殺人未遂事件では、シナの居直りに福田は「前向きだ」と狂った事を言っていた。

そして今回は1ヶ月以上も前に、シナでの天洋食品の回収ギョーザからメタミドホス中毒被害の告知をされていながら、国民に対して、隠蔽していていた。

幼女が一時意識不明の重体に陥り、多くの国民が中毒症状で苦しんだにもかかわらず、日本国民の被害者が現実に存在している状況で、シナの居直りで混入場所が特定されていない現況で、シナからの中毒被害情報を実質的な被害者を含む日本国民に情報開示しなかった事はとんでもないことである。

メタミドホスはサリンと同じ有機リン系の科学物質である。

この59年間で8000万人にも及ぶ人々を死に至らしめ、今尚、流血弾圧、処刑、拷問を断行しているシナ共産党の前では日本国民を見捨てる、シナ共産党に対峙する日本人は弾圧を加えるという官邸の意識と行動を雄弁に物語っている。

福田康夫には日本という概念が欠如しているのだろう。

福田は竹島の件でも何か言ったのだろうか、全く聞いた事がない。

福田はジェノサイド北京オリンピックの開会式に行くそうであるが、二度と日本に帰って来ない事を切望する。

福田康夫はシナ読みにされると嬉々として喜ぶのであろう。

シナ共産党日本支部長 フー ティエン カン フー(福田康夫)は即刻国会議員を辞職し、シナの地で余生を過ごせ!


========================

(日テレNEWS24)

ギョーザ事件 中国でも中毒症状<8/6 12:17> http://www.news24.jp/115689.html


 中国製冷凍ギョーザによる薬物中毒事件の後、中国国内で回収されたギョーザを食べた中国人が中毒症状を起こしていたことがわかった。

 警察庁や政府関係者によると、中国国内で中毒事件が起きたのは今年6月ごろ。

日本での中毒事件を受け、中国の製造元「天洋食品」は中国国内でギョーザを回収したが、倉庫にあった該当のギョーザを食べた中国人が有機リン系の殺虫剤成分「メタミドホス」による中毒症状を起こしたという。

 この事実は、7月初めの北海道洞爺湖サミット直前に、中国外務省の幹部から在中国日本大使に「これは胡錦濤国家主席の直接のメッセージだ」として伝えられた。

政府関係者によると、すぐに首相官邸に報告があったが、官邸からは「この件は掘り下げるな」と指示があったという。

 これまで日本と中国の警察当局は双方とも自国内でメタミドホスが混入されたことを否定しているが、警察庁は、この事実により「メタミドホス」が中国国内で混入された可能性が高まったため、北京オリンピックの終了後に捜査協力を本格化させる方針。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1491-72a9656e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99