シナ安心実現内閣(併記:シナ人に汚染されてグチャグチャになったカナダ・バンクーバー)


・画像 反日変態毎日新聞社のジェノサイド北京五輪開会式リハーサルでの掲載された画像(日の丸なし、北朝鮮と韓国の国旗を主に掲載)http://mainichi.jp/select/world/news/20080731k0000m030138000c.html



改造内閣「評価しない」が56%
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=566185&media_id=2


シナ共産党は改造内閣に好意的だそうです。屈中の布陣なので、シナ共産党はさぞ喜んでいるのでしょうね。

売国奴、亡国の徒、国賊、シナ共産党日本支部長・福田康夫はジェノサイド北京オリンピック開会式に臆面もなく行くそうですが、改造内閣を上司のコキントウに褒められるのでしょうね。

日本の東シナ海ガス田開発を妨害した超屈中・二階が経済産業大臣とは、キチガイしか出来ない業です。他にも国賊屈中議員が網羅されています。

福田康夫はそのまま北京から永久に帰ってこない事を切に望みます。

それが日本の為です。

========================

(せとさんブログコメントより引用編集http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51994632.html#comments


・高村正彦 外相(日中友好議員連盟会長)

・鈴木恒夫 文科相(北京オリンピックを応援する幹事、河野洋平元秘書、元毎日新聞)

・太田誠一 農水相(人権擁護法推進)

・二階俊博 経産相(日中関係を発展させる議員の会長、江沢民碑全国建立推進、グリーンピア南紀不正賃貸契約破綻)

・谷垣貞一 国交相(05年ハニートラッブにかかりスバイ防止法を廃案。http://asyura2.com/0510/senkyo17/msg/438.html

・林 芳正 防衛大臣(日中友好議員連盟事務局長、北京オリンピックを支援する議員の会幹事。義父は林義雄社団法人日中協会会長、日中友好会館会長)

・林 幹夫 国家公安委員長(北京オリンピックを支援する議員の会所属、李登輝氏入国ビザ発行拒否(H14.11))

・斉藤鉄夫 環境大臣(日中新世紀会会員)

・野田聖子 消費者行政大臣(ジェンダーフリー・夫婦別姓法案推進、シナ・韓国人移民推進発言)

・塩谷立 内閣官房副長官(日中友好協会理事長)

========================
二階堂ドットコムさんhttp://www.nikaidou.com/2008/08/post_1493.php

【総務】増田寛也

【法務】保岡興治(靖国代替追悼施設推進派、人権擁護法案賛成派)

【外務】高村正彦(日中友好議員連盟会長)

【財務】伊吹文明

【文部科学】鈴木恒夫(靖国代替追悼施設推進派)

【厚生労働】舛添要一

【農林水産】太田誠一(人権擁護法案賛成派)

【経済産業】二階俊博(靖国代替追悼施設推進派、人権擁護法案賛成派)

【国土交通】谷垣禎一(中共のハニートラップに嵌り済み)

【環境】斉藤鉄夫(公明党)

【防衛】林芳正(北京五輪を支援する議員の会幹事、日中友好議員連盟事務局長、古賀誠系、村上ファンド関連)

【官房】町村信孝(日中友好議員連盟副会長)

【国家公安・沖縄北方・防災担当】林幹雄(靖国代替追悼施設推進派)

【金融・行革・公務員制度改革担当】茂木敏充(村上ファンド関連)

【経済財政・規制改革担当】与謝野馨(人権擁護法案賛成派)

【科学技術・消費者行政・食品安全担当】野田聖子(靖国代替追悼施設推進派、人権擁護法案賛成派、古賀誠系)

【拉致問題・少子化・公文書管理担当】中山恭子

【官房副長官】岩城光英

塩谷立(靖国代替追悼施設推進派)



========================

(シナ人が増える事によって起こる現象 カナダ・バンクーバー編。

日本も他人事ではありません。

断固シナ人の流入阻止。

早めは早めの対処は必至。

日本の安心安全を守るにはシナ人の流入阻止は必至。

福田ら屈中派キチガイらは、より一層シナ人流入を促す国賊外道ども以外の何者でもない。

即刻国会議員を辞し、好きなシナに行って二度と日本の地を踏むな。

それが何よりも日本の為になる行いだ。)


・悲鳴に振り向くと座り込む女性が・・・。
http://jp.youtube.com/watch?v=ABVU5hnJvqw (長野トーチリレーでのシナ人の暴挙)




↓↓↓以下、SIROUさんからの転載です。http://mixi.jp/view_diary.pl?id=889137597&owner_id=15392447&comment_count=4


週刊文春の河野恵子氏のレポートによると。。。。 以下 週刊文春7月31日号「海外脱出」中国人
がカナダで大暴走。。。高級マンションはゴミだらけ 市民プールは浴場に 中国移民に占拠された悲劇 より抜粋



かって日本人商社マンに駐在希望地を聞けば必ずベスト3に入ったカナダのバンクーバー。温暖で風光明媚なこの土地が、中国人移民を受け入れたばかりに、大変なことに。

イナゴの大群のごとく、押し寄せた中国人は街を汚し、ルールを踏みにじり、そして。。。

1,交通事故が増えた
中国系の移民たちは、免許証は賄賂を渡して買うものだと思っているから、交通ルールを覚えようとすらしない。。(運転が荒いので、すぐ中国系だとわかる、急にUターンするからそれを阻止するため大通りの真ん中に花壇ができたほど)
ぶつけられでもしたら、もっと大変。
(一族郎党、現場にいなかった人間までが目撃者として警察へ出頭し、
まことしやかにウソの証言をする)

公営プールでも近年シャワールームが大混雑するようになった。
原因は中国人の(入浴)。

(石けん,シャンプー&リンス、歯磨きセットを持参し、素っ裸のまま体をゴシゴシ洗い、歯をガシガシ磨くんです。後ろに長蛇の列ができても
おかまいなし。

白人系の人が<いい加減にして!>と怒鳴っても知らんぷりです)(バンクーバー在住の日本人)

トイレ問題も浮上。
水洗に習慣がないので、流さないから、トイレが異様に汚くなる。

異常にケチ。
ベンツで乗り付けてきて、美容で自分の思い通りの髪型に仕上がっていない とクレームをつけて、暗に値引きしろとか、無料にしろと迫ってくる。

偽造の紙幣やカードが使われる事件も多発。

2,教育環境も大きく変化
民族的趣味ともいえるバクチ
街中にカジノが続々と出現。
(教育は競争)と考える中国系移民。
カナダの学校はリーダーシップを養うことや、個性を伸ばすことに力を注ぐのに対し、中国人はエストの成績とランキングにこだわり、子供を競わせたがる。その結果 奨学金をもらって大学へ進学する生徒の名字は
チャン、ワン、リーなど圧倒的に中国系。。。

3,中国なまりの選挙戦が。。。

民主主義国家であるカナダでは、市民権を獲得しさえすれば、政治の世界にも口出しできる。

バンクーバー島の南端、ビクトリア市の市長は中国系、リッチモンド市の地元有力議員も中国系で、国政にも関わっている。



某メーカーの女性社長は以下のように警告する。

日本人は順法精神があり、その国のルールを守る反面、
<政治はお上に任せればいい>という考えで参加しようとしない。

中国系はそうではない。

やりたい放題やっておいて、自分たちがマジョリティになると、
こんどは自分たちに都合のいいルールを決めて、押しつける。

いまや人数も増えており、同じ利益に向かって団結するため、カナダ社会での影響力も増している。

3,民主主義国家ほど危ない!

そのいい例が、あるマンションのオーナー組合に起きた異変だ。

このマンションは毎月の共益費だけで千ドル(約10万円)を超える高級マンションで、もともと、白人系富裕層が主な住人だった。

「そこに中国系住民が入ってきたのですが、ゴミを踊り場に雑然と放り出したり、外からの美観を考えて、窓は白いカーテンかブラインドと決められていたのに、勝手に真っ赤なカーテンを下げたりして、組合で問題になっていました。

しかし、彼らは聞く耳をもたなかった。

それが、どんどん中国系が増えた結果、ある日オーナー組合の過半数を抑えてしまい、マンションの内規を変えてしまったのです。

共益費はカット、それまでいた管理人はクビ。たまりかねて白人系住民はでていってしまいました。(不動産仲介業者)

同じ事が、政治レベルでも起きる可能性がある。
。。。。。
数の論理でムリを押し通す中国人のやり方は、一党独裁の中国にいたときは通用しなかったのに、民主主義の発達したカナダに来れば、まかり通ってしまう。

北京五輪と2010年の上海万博を無事成功させてあげることで、中国が先進国の仲間入りを果たし、日本にとっても付き合いやすい相手になるーーー
そんなノンキなことを主張していたメディアもあるが、それは、あまりにもトンチンカンな願望ではないか。

中国人が豊かになればそれだけ、世界中に「新しい中国」が出来、数の論理とカネの力で災厄を振りまくだけなのである。

中国人の世界規模の大暴走は始まったばかりだ。


↑↑↑転載終了


==========================

<内閣改造>「知中派」多数起用を歓迎…中国
8月1日23時9分配信 変態反日毎日新聞(毎日新聞社は解散せよ!)


 【北京・浦松丈二】中国は日中関係改善を進めてきた町村信孝官房長官、高村正彦外相ら閣僚4人が留任し、経済産業相の二階俊博氏や防衛相の林芳正氏ら「知中派」(日中関係筋)が多く閣僚に起用されたことを歓迎している模様だ。

 日中関係の火種となってきた東シナ海のガス田開発を二階氏、中国国内で不信感が根強い日本の防衛政策を林氏が担当することになるからだ。林氏は先月、日中友好議員連盟若手訪中団の団長として訪中したばかり。

 中国の胡錦濤国家主席は、8日に開会する北京五輪の開会式に出席する福田康夫首相と今年3回目となる首脳会談を実施する方向で最終調整を進めており、首脳レベルの往来を通じて日中関係を安定軌道に導きたい考えだ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1493-3b691d91

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99