うっとうしいぞ!人権弾圧法案推進議員ども



■人権法案 現行制度の改善の方が先だ
(読売新聞 - 05月31日 01:30)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=504042&media_id=20

×(中止)6月3日(火)
政調、人権問題等調査会
午前11時 本部901室
http://www.jimin.jp/jimin/kaigi/index.html

   ↓↓↓

○(変更)6月4日(水)
人権問題等調査会
午前8時


古賀誠を本丸とし、突撃隊長太田誠一を始めとする、いわゆる売国奴国会議員連合のしつこい奴等には、それ以上にしつこくいかないといけないと思います。

ダメな法案はいくら変体しようが、いくら論じようがダメです。訳の分からない3条委員会など作られたら恣意的に運用されて、何をしだすか分かったものではありません。

もう本当に売国国会議員にはくたばって欲しいと切に望みます。
自民党こんな事やってていいんですか。

3条機関である人権委員は紅衛兵に似ているとういうか、紅衛兵そのものと言うか、それに似た行動が合法的に出来る。国体、文化伝統をも運用方法では破壊できる法案は左翼にとってはたまらない事でしょう。(会長代理 塩崎恭久。元革マル説!?)

人権弾圧法案成立で日本版文化大革命が行われる可能性があると思います。

・毛沢東の中国:大いなる実験 4 of 5(文化大革命1 1966-1967)
http://jp.youtube.com/watch?v=eET5rfKQFR8&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=7O4L2DSC_jw&feature=related

・人権問題等調査会会長代理 塩崎恭久の思想背景!?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E6%B5%AA%E4%BA%BA%E5%85%B1%E9%97%98%E4%BC%9A%E8%AD%B0 浪共闘(ろうきょうとう、全国浪人共闘会議)とは、1969年に、東京と大阪の浪人生が軸となって形成された浪人生の学生運動組織であり、1969年、70年当時 全国各地に存在していた。全共闘の浪人版でもあった。

全共闘http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E5%85%B1%E9%97%98

・自民党「人権問題等調査会」の売国奴たち(許せん!)
http://www.jimin.jp/jimin/yakuin/yakuin-3.html
(会長) 太田誠 一
(会長代理)塩崎恭久
(顧問)伊吹文明、古賀誠、鈴木俊一、谷垣禎一、二階俊博、山崎拓、
青木幹雄
(副会長)岩永峯一、佐藤剛男、櫻田義孝、笹川堯、杉浦正健、
土屋品子、中谷元、山口俊一、山本公一、山本幸三、山本拓、山本有二、
鴻池祥肇、鶴保庸介、山内俊夫、脇雅史
(幹事長)岩永峯一※
(事務局長)鶴保庸介※
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1523-57e84900

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99