非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

グリーンピース検閲事件(何様のつもりだ!)  

調査捕鯨 船から肉を持ち出す
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=488352&media_id=2
>>>配送する箱を宅配業者から無断で回収した調査方法については「横領行為の証拠を入手するためで問題ない」と説明している。<<<

http://jp.youtube.com/watch?v=GUM-FIkqToM



グリーンピースの行った行為は違法な検閲である。

捜査機関でも令状がないと出来ない私有地への捜査目的の侵入、個人の所有物への侵害という違法検閲行為を民間人が行い、こともあろうにテレビで堂々とその違法検閲行為を発言している。

グリーンピースの異常性が如実に現れている行為といえよう。

独裁国家の為政者のみが行う様な検閲を堂々とグリーンピースは日本で断行したのである。

この様な行為は日本の主権・治安・法体系を蔑ろにし、乱す行為である事はいうまでもない。

グリーンピースのこの様な違法検閲行為は断罪されてしかるべきである。

・グリーンピース・ジャパン 03-5338-9800 東京都新宿区西新宿8丁目13-11 http://www.greenpeace.or.jp

・カンガルー便西濃運輸 本社 0584-81-1111 岐阜県大垣市田口町1 http://www.seino.co.jp/seino/

=========================

http://www.ntv.co.jp/pda/news/109483.html
一方、今回、鯨肉の入った問題の段ボール箱はグリーンピース側が宅配便会社「西濃運輸」に断りなく、配送所から持ち出していた。

グリーンピース側は「業務上横領行為の物的証拠を入手するためで、窃盗にはあたらない」と主張しているが、西濃運輸側は「今後、経緯を調べる」と話しており、入手方法の是非をめぐって波紋が広がりそうだ。
(5/15 20:18)

=========================


<調査捕鯨>船から肉持ち出す NGOが乗組員12人告発へ
(毎日新聞 - 05月15日 12:11)


捕鯨調査団による鯨肉横領で証拠品の鯨肉を示すグリーンピースジャパンの佐藤潤一海洋生態系問題担当部長=東京都千代田区で2008年5月15日午前10時34分、平田明浩撮影


 日本の調査捕鯨船「日新丸」の乗組員が調査捕鯨の鯨肉を持ち出したとして、環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」が15日午後、乗組員ら12人を業務上横領の疑いで東京地検に告発する。団体側は、乗組員1人が帰国後に、宅配便で自宅にあてて送った1箱に鯨肉が入っていたことを確認したとしている。転売などその後の処分の仕方については分からないという。

 告発状によると、財団法人「日本鯨類研究所(鯨研)」から調査捕鯨を委託された「共同船舶」(東京都中央区)所属の乗組員が、帰国後、自宅などにあてて発送した宅配便のうち1箱を配送所で確保し、鯨ベーコンの原料になるウネスと呼ばれる高級肉23.5キロ(10万~30万円相当)が入っていたことを確認した、としている。同時に12人が47箱を発送したことを、発送伝票と社員名簿で確認しているという。

 東京都内で15日会見したグリーンピース・ジャパンの佐藤潤一・海洋生態系問題担当部長は「内部告発があり、今年1月から調査していた。持ち出しは、関係者の間では公然の秘密」と話した。配送する箱を宅配業者から無断で回収した調査方法については「横領行為の証拠を入手するためで問題ない」と説明している。

 鯨肉は通常、捕鯨船内で解体し、食用部分を共同船舶が市場で販売、収益は調査費用(約60億円)の一部にあてている。共同船舶は「乗組員は1人10キロの鯨肉を土産とするほか、3.2キロまでの購入が認められている。また、他の乗組員が買わなければ、その分の購入も可能だ」と話している。

 調査捕鯨に対しては、水産庁から補助金約5億3000万円が鯨研に出ている。水産庁遠洋課は「事実関係を確認したい」と話している。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1525-deb7a87a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード