法隆寺・新公会堂in奈良「報告」(コキントウ訪日に関して)




・左画像 法隆寺門前沿道でバック内持ち物検査の結果、チベット国旗をバック内に持っていた左隣にいた青年に「チベット国旗を出してはいけない」と告知する警察官。その後、この青年はコキントウが来る前に、どこかに連れて行かれました。

・中央・右画像 チベットに関しての言論・表現を行った為、法隆寺門前沿道から商店裏に隔離され、自由を一時的に束縛する機動隊・私服警察官の方々。私を含め計4名が隔離。

・20080510_チベット国旗を掲げた方を警察が不当拘束 in 奈良県新公会堂http://uk.youtube.com/watch?v=bDtm0w2U5vE
(某氏、こんな事になってたんですね。)



・【ムーブ!】 080512 胡錦涛奈良訪問 大手マスコミが隠蔽した裏舞台http://jp.youtube.com/watch?v=hZ5YRwveF5I
(新公会堂前の公園で警察官に引きずられている方の服の色(藤色)から、一緒に新公会堂に行った青年のように思います・・・。)5月20日追記



胡主席 法隆寺など奈良を訪問
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=483792&media_id=2]

昨日5月10日に法隆寺と新公会堂にコキントウに物申そうと行ってきました。

法隆寺はかなりの警備体制でした。

駅を降りるともう警察官が立ってました。道の角にも立ってました。法隆寺に行く大きな道は警察官がほぼ等間隔で立ってました。

後、法隆寺で会った青年はプラカードを持っていたので、駅から出て100メートルくらいのところで、見張りの警察官に捕まって(逮捕ではない)、その場で1時間ほど、コキントウが法隆寺を立ち去るまで、その場に留め置かれたと言ってました。

法隆寺の門前あたりまで歩いていくと、近所の人や小型メガホンを持っている人がいました。顔を知っている人も一人いました。その人は袋にプラカードを入れてました。ロープ先端で待つ事にしました。

隣もコキントウに物申そうとする青年のようでした。知っている人は、警察官に袋の中を見せるように言われてプラカードが出てきたので、後ろに追いやられ、何やら問答をしてます。隣の青年は荷物の中の検査をされて、チベット国旗が出てきたので、どこかに連れて行かれました。近所の人は「何でダメなんだろうね」と言うような事を言ってました。私はというと内ポケットにチベット国旗が入ってます。

15分くらい遅れて9時45分頃、車列が来ました。私はおもむろに傘を置いて、内ポケットから110×160のチベット国旗を取り出しました。目前に掲げたところで直ぐ、前にいる警察官二名が近づいてきてチベット国旗を毟り取られました。そして私を後ろに追いやりました。

チベット国旗を警察官が持っているので、「それは俺のだ」と言いました。そうしたら返してくれました。そうこうしていると、「フリーチベット」と叫ぶ若い男性が、もみくちゃにされて後ろに連れて行かれました。警察官とメディアであたりは騒然としています。

私は参道に面する商店の裏の駐車場から一団下のところに警察官に連れて行かれました。隔離されているという感じです。そこには私を含めて4名が、警察官に囲まれてました。「何故いけないのか」と延々と訴えている方もいました。チベット国旗、抗議の声を上げてはいけないという法的根拠はありません。

チベット国旗を警察官に囲まれた隔離されたような現場で広げていると近所のお爺さん(たぶんそう思う)が近づいて来ました。

お爺さん:「何している」
私:「チベット国旗を出したら、ここに連れてこられた」
お爺さん:「日本人がか」
私:「そうです」
お爺さん:「何でだ。(警察は)何しているんだ。税金払わないぞ」

と言い置いてにこやかな笑顔を私に振り向けて立ち去って行きました。心温まる声でした。有難うございました。

チベット国旗を背負っていると、メディアがこの場所を発見したのか、カメラを回し出しました。警察は制服警官を退去させるように指示しました。警察が一般市民を法的根拠もなく店舗裏の片隅で自由を奪っている事を撮られるとまずいとでも思ったのでしょうか。私はこの商店裏の隔離された現場でメディアのカメラ撮影と取材を受けました。

私服警官だけになって、少ししてから、メディアの目を盗むように店舗の狭い間から一般市民を連れてどこか行ってしまいました。分からない間に警察官から解放されたという感じです。

コキントウがいなくなってから、法隆寺の方にチベット国旗を背負って歩いていると、見知らぬ男性(以下某氏)に声を掛けられました。この方が後の新公会堂の抗議行動で警察官に捕まっているyoutubeに出てくる短髪の方です。

某氏に「一緒に次に行かないか」と誘われましたので、一緒に次に行く事にしました。他のメディアからも取材を受けましたので色々と状況、思い等を話しました。

某氏は早稲田コキントウ事件では、車両が左に曲がる際、不意を付いて、チベット国旗を掲げたので確実にコキントウは見ている筈だと言ってました。警察官に大変怒られ、その後、一時警察署に連れて行かれたと言ってました。

法隆寺前で、たまたま通り掛かった方がミクシィトップ画像で見たことのある方でしたので、声を掛け、話しをしました。昨日マイミクの申請をさせて頂きました。ご承認頂き有難うございます。

法隆寺の門前を塩をまいて歩いている青年がいました。激励の声を掛けました。プラカードを持っている為に駅前で足止めを喰らっていたと言う見知らぬ青年が近づいて来ましたので(今頃になってようやく法隆寺に来れたんですね)、話しをしました。この方も一緒に行く事になりました。

新公会堂でコキントウを待ち受けようという事で、3名で奈良駅に行くため法隆寺駅まで歩いて行きました。チベット国旗を背負って歩いているとご婦人が車内から手を振ってみえましたので、手を振り返しました。一様に日本国民はチベット問題ではチベット支持ではないかと思うところです。皆さん好感を持って頂いておられるのではないかと思うところです。毛嫌いするのはシナ中国共産党とシナ中国人民と日本政府と日本警察くらいかなと思います。

法隆寺駅でプラカードを持った方も一緒になりました。法隆寺にプラカードを持って入ろうとしたら、入れなかったと言ってました。この方は唐招提寺に行くという事で途中で降りられました。

奈良駅から三名で、新公会堂に向かって歩いて行きました。警察官が近づくにつれ沿道に立ってました。

12時過ぎに新公会堂前の公園に着きましたら、コキントウは中にいる様でした。

コキントウが出てくるのを新公会堂前の鹿のいる公園で待ちました。

コキントウの車両が新公会堂から出てきました。左折してから少ししてから、おもむろに傘を置いて、内ポケットからチベット国旗を前面に掲げました。

少し離れた警察官が気付いたようです。警察官が近づいて来ました。私は右に移動し始めました。更に近づいてくるので、走り出しました。

他の警察官も追っかけて来ました。段々と警察官に囲まれてきましたので、芝生の方に走ろうとしたら、前のめりにペタッと倒れました。

警察官にチベット国旗を取られて囲まれました。30メートル程目前をシナ赤旗の車が通過していくのを見たので。
「中国共産党は虐殺を止めろ」「中国共産党は虐殺を止めろ」と二度叫びました。

誰か目前で多くの警察官に引きずり回されている男性がいました。引きずり回されるという表現が妥当です。一緒に来たあの青年かも?。

木の幹まで多くの警察官に引きずられてます。メディアが撮影しているようです。私も撮影しようとしたら、止める様に言われ、間を警察官に遮られました。その後、引きずられていた青年はどうなったのかは分かりません。

転んだ為に、おでこ、ズボン、上着に泥が付きましたので、公園の水道で取りました。人定が終わって、新公会堂に警察官に連れて行かれました。途中新聞社が遠目からこちらを撮っている様です。

奥の広い部屋で、警察官と少し話しをしてから解放されました。警察官の対応は丁寧でした。

一緒に来た某氏も新公会堂内で警察官に尋問を受けていました。この方が新公会堂youtubeに出てくる短髪の方です。後、こういう行動をしてたんだとyoutubeで知りました(こんな事になってたんだ)。もう一人の青年は見かけなかったので、その後どうしたのかは分かりません。あの引きずられていたのがそうなのか、どうなのかは分かりません。

新公会堂を出てから、某氏が出てくるかと見ていると、公園を歩いてくるので、近寄って話しをしました。

早稲田コキントウ事件の時と違って、警察官には丁寧な対応を受けたと言ってました。某氏とは少し一緒に歩いてから、別れました。

私も帰る事にしようと駅に向かって歩いていると、沿道に警察官が並んでおり、またここをコキントウが通る事の様なので、沿道から少し離れて、待ちました。

少ししてから、私服警察官が私の名前を呼んで近づいて来ました。新公会堂にいた警察官の方のようです。私服警察官二名に沿道から150メートルくらい離れたところに隔離、追いやられました。コキントウの車列が遠目に見えました。それから解放されました。

それからようやく帰途に着きました。一日中雨が降った日でした。時に大降りでした。関東では地震、奈良では雨とコキントウは、神州日本の神々、天地に歓迎されていないのだろうと思いました。

如何に解釈しようが、シナ中国共産党コキントウ自身が行っている大虐殺・ジェノサイドは人類に対する犯罪以外の何ものでもないと思います。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1526-1ed5b494

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99