暴動ではない!チベット族のレジスタンス運動である!




(追記)福島さんブログ:情報統制を超えて漏れ聞こえるラサの悲鳴をきけ!(チベット・ラサでのメディアが報じない現況)
http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/513692/

彼女「14日、午前11時30分ごろ、ジョカン寺の近くにあるラムチ寺で僧侶がハンガーストライキをはじめた。これを軍(武装警察だろう)が阻止しようと、殴るけるなどの暴行のあげく発砲した。7、8人が死んだ。逮捕者もでた。これをきっかけに市民に怒りが広がり、暴力的な大規模デモが起きた。他の僧院も抗議のハンストに入った」
福島「ラムチ寺の僧侶は何人?」
彼女「70~80人」(寺院の1割の僧侶が虐殺されたわけだ)


■「群衆に装甲車突入」…ラサ住民
(読売新聞 - 03月16日 03:09)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=433763&media_id=20

「暴動」と日本のメディアは報道しているが、これはチベット族の民族自決の決起・レジスタンス運動と私は認識する。仮に日本国がチベットと同様の状況におかれたならば同じ様に中国日本自治区に於ける日本民族の暴動と報道されるのであろうか。

・レジスタンス運動(ウィキより):外国による侵略や専制などに対し、自由と解放を求める政治的抵抗運動の事。

必見・日本語版:Protest in Tibet Lhasa Aginst China, News on BBC, F2, ABC http://jp.youtube.com/watch?v=psZwfXKTRBI&eurl=http://mixi.jp/view_diary.pl?id=744972410&owner_id=7790496



チベット・ラサで暴動 Protests turn violent in Lhasa (NHK:中国共産党の報道姿勢の範疇か)


チベット流血弾圧を積極的に詳細に報道する欧州メディアhttp://jp.youtube.com/watch?v=psZwfXKTRBI&eurl=http://mixi.jp/view_diary.pl?id=744972410&owner_id=7790496 とNHKの報道http://jp.youtube.com/watch?v=n0BnGKtAh6cを比較すると隔世の感と言うか単なる中国共産党の宣伝報道の範疇と言えよう。

今までにチベット、東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)の中国共産党侵略支配下の現状を美辞麗句・美しい映像を並べて賛美してきたNHKは腐り切っているし、日本国民に意図的に嘘の情報を垂れ流して中国共産党に対しての誤った意識を植え付け続けている所業は断罪されてしかるべきである。もはやこの様な腐ったNHKは解散すべきである。この報道傾向は左翼民放もしかりである。

チベットでは1950年から84年の34年間で、約120万人のチベット族がシナ中国共産党に殺害、処刑、拷問死、餓死、自殺させられている。

政治家・高級官僚・メディア幹部・財界幹部でシナ中国共産党のハニートラップなどの工作に既に掛かっている者は国家国民をシナ中国共産党に売る事になるのは必至なので、自分の身分を守る事に汲々とせずに潔く即座に引退する事が一番の日本の為になる事を自覚せよ!

ジェノサイド北京オリンピックは即刻中止せよ!
87年、88年、89年のチベット流血弾圧の首謀者コキントウは日本に来るな!

関連日記http://mixi.jp/view_diary.pl?id=744972410&owner_id=7790496

・Tibet:2008 Human Rights Olympics
http://jp.youtube.com/watch?v=McEuyr2VWww

=======================
せとさんブログhttp://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51851173.html
今のチベットは明日の日本だ!

中国大使館へ直接抗議に集合を!

【緊急通告!!】

中国大使館へ直接抗議に集合を!シナ・中共はチベット人虐殺を直ちに止めろ!!

<シナ・中共はチベットから出て行け!独裁国家の五輪開催を阻止しよう!>


日時:平成20年3月17日(月)、集合・開始は11時半から

場所:六本木ヒルズ前から中国大使館へ(日章旗を目印に)、地下鉄・六本木駅下車


※14日、チベットでシナ・中共の侵略に反対を叫ぶ僧侶を始めとしたチベット人が蜂起した。
これに対し、シナ・中共は武装警察(軍隊)を動員して鎮圧、未確認情報だけでも14人のチベット人が虐殺されている。
シナ・中共はチベットを実質的な封鎖状態にしており、通信が情報が遮断されている。「密室」状態でのチベット人虐殺を許してはならない。

【呼び掛け】
主権回復を目指す会
NPO外国人犯罪追放運動
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』

【連絡】               

西村(090-2756-8794)
有門(090-4439-6570)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1556-e9c3d86e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99