服部守孝氏、宣布す!東日本大震災義援金200億円超の「台湾」に謝意


服部守孝氏、宣布す!東日本大震災義援金200億円超の「台湾」に謝意
http://www.youtube.com/watch?v=wHk7eGrCI3s&feature=channel_video_title

平成23年7月24日 名古屋駅東口
日本李登輝友の会・愛知県支部
日本会議・服部守孝

↓以下、転載

ありがとう「台湾」~感謝「台湾」 戸籍問題 街頭活動
http://www.ritouki-aichi.com/katsudo_20110724_kanshe_taiwan_houkoku.html

 平成24年7月24日(日)午後4時から6時の2時間、名古屋駅タワーズ前にて、第2弾となる「感謝台湾」街頭活動を行いました。

 この日は、東京と大阪でも行われ、三都市連動で、同じチラシを配布し、東日本大震災により、多大な支援をいただきました台湾の方々の御厚情を知っていただくため、の運動と­して、愛知李登輝友の会主催行事の街宣として、最多となる34名の参加者が、歩行者の方々に呼びかけました。

 また、今回は、台湾出身者の方が戸籍上、中国扱いされる現在の、制度を改めることを求める署名活動も、全国に先駆けて行いました。 200メートルを越えるビルが立ち並ぶ名古屋駅は、ビル風が強く、幟を高くあげられないので、この高さになっています。     署名板とビラを持ち、呼びかける様子。
 若い弁士達。参加者層は幅広く、若い人達の参加も多い。     東日本大震災において多くの国から支援をいただいたことで、菅政権は、その内の6カ国7紙への感謝広告を出しました。

 ご支援くださった方々へ感謝の意を表すことは、当然ですが、何故、6カ国に限定したのでしょう。更には、当時180億円、(現在200億円超)という、突出した義援金をい­ただいた台湾へは、何のお礼を述べておらず、そのことに対し、多くの日本人が、疑問を持ち声に出しましたが、聞き入れませんでした。

 そこで民間有志で「謝謝台湾運動」が起こりました。また、台湾は、震災後、真っ先に救援隊を送る表明をしましたが、菅政権はこれを足止めし、中国救援隊がが先に入るように­しました。菅政権は、自国民の救出より、中国外交を優先させたのです。

 そこで、私達、愛知李登輝友の会は、「感謝台湾」運動として、台湾の御厚情への感謝と民主党政権への糾弾、そして、今回は、台湾出身者の方々が、日本で戸籍を取ると「中国­」とされることに対し、この非礼な行為を改めるよう、呼びかけました。
 歩行者の反応は上々で、日本の中学で使われている地図帳に台湾が中国領と記されていることにも驚く人もいました。

↑転載ここまで

------------------------------------------------------------------

The July 24, 2011 Nagoya Station east exit
Meeting, Aichi Branch of the Japanese Li Tengu-hui friend
Japanese meeting, Moritaka Hattori

↓ The following, reproduction
Issue of Thank you "Taiwan" - thanks "Taiwan" family register street activity
http://www.ritouki-aichi.com/katsudo_20110724_kanshe_taiwan_houkoku.html
"Thanks Taiwan" which became the second in before Nagoya Station towers for two hours of 6:00 since afternoon of Sunday, July 24, 2012 4 carried out a street activity.
I did の exercise and ­ it was performed in Tokyo and Osaka on that day and distributed the same handbill by three major cities city interlocking movement, and to have you know the kindness of the Taiwanese various places that had great support by East Japan great earthquake disaster, and, as 街宣 of the meeting sponsorship event of the Aichi Li Tengu-hui friend, the most and 34 participants that it was called the various places of the walker.
It was natural to express the will of thanks to the people whom I supported, but I was why and would limit it to six countries. Besides, for it, many Japanese had a question and I started it, but was not able to listen attentively to a voice without there was it with 18 billion yen, a projecting contribution of (more than 20 billion yen) in those days, and speaking what thanks to ­ Taiwan where I was only.
Therefore "apology apology Taiwan motion" happened in private volunteers. In addition, Taiwan did an expression to send a rescue party after an earthquake disaster at the very beginning, but the Kan government confined this and did ­ to enter China rescue party がが ahead. The Kan Administration gave priority to diplomacy in China over the rescue of the own nation.


タグ:
東日本大震災 台湾 台灣 Taiwan 謝謝 感謝 ありがとう Arigatou Thanks Remerciements Dank Grazie 李登輝 親日 日本精神 日本 Japan 日本李登輝友の会 愛知 Aichi 街宣 名古屋 Nagoya 大名古屋ビルヂング 義援金 200億 地震 津波 災害 救援 日本会議 服部孝守 福島 宮城 岩手 東北 陸前高田 南三陸 名取 石巻 釜石 南相馬 飯舘村
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/156-2344f519

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99