非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

左翼の本質が露呈した(支那軍艦寄港に際して)  



↓よーめんさんhttp://youmenipip.exblog.jp/6962794/より引用

米軍や自衛隊には抗議して シナと韓国の軍艦には抗議しない
ヨコスカ平和船団の掲示板がまたもや炎上しています!
http://9007.teacup.com/omusubimaru/bbs

ヨコスカ平和船団HP
http://homepage1.nifty.com/heiwasendan/
連絡先 =横須賀市本町3-14山本ビル2F非核市民宣言運動ヨコスカ       
TEL・FAX 0468-25-0157          
mailto:fwga6683@mb.infoweb.ne.jp

↑引用終了


普段、反戦平和とか声高に叫んでいる、いわゆる左翼系の団体の本質は、単に民主主義国家の否定、反日・反米で中国共産党・北朝鮮の傘下団体にして、日本に於ける一工作機関であったいう事のようです。

つまり赤い軍隊・核に対しては大いに歓迎し、出来うるならば日本国の國体・政体を流血あるいは無血で破壊し、日本を共産主義国家に誘うべき先導者たらんとする崇高な軍隊・核という認識なのでしょう。

左翼はこれからは反戦平和とか言うな!

武力行使・虐殺をも肯定する、単なる共産主義に盲従する日本の國体・政体破壊論者なだけではないのか。左翼の理想とする行き着く先は、独裁の支那・北朝鮮の様な政体の元、唯物主義的な全体主義の元、著しく人権を蹂躙される民が住まう国家なのであろう。

朝日新聞社の社説も誰が書いたのか分からないが、常日頃の論調とは全く異なる、その厚顔無恥にして本質が如実に露呈した主張は、笑止千万、全く片腹痛いものである。

中国共産党人民日報社の提携会社にして、揶揄的に表現すれば中国共産党人民日報社日本支社だけの事はある。

朝日新聞社は本質を国民に隠蔽し、ある意味市民権を有し、尚且つテレビ朝日までも、その自らの資本の傘下に置きながらの確信的反日・反國体啓発啓蒙運動は極めて悪質にして性質が悪いと言えよう。

國に仇なす新聞社とはこういう輩を言うのであろう。


http://www.asahi.com/paper/editorial20071130.html(朝日新聞社説11月30日)
中国軍艦寄港―新たな歴史の第一歩に

・関連日記http://mixi.jp/view_diary.pl?id=631698614&owner_id=7790496


■イージス艦公開問題「米の抗議で中止ではない」…防衛相(読売新聞 - 11月30日 12:03)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=351572&media_id=20

=========================

中国軍艦寄港―新たな歴史の第一歩に(朝日新聞社説11月30日)
 
 日中間の防衛交流で、中国海軍のミサイル駆逐艦「深セン」が東京港を訪れた。中国の軍艦が日本に来るのは中華人民共和国の建国以来、初めてのことだ。

 この訪問が実現するまでには長い曲折があった。

 両国が海上自衛隊と海軍の艦艇の相互訪問に合意したのは98年のことだった。橋本首相、江沢民主席の時代だ。いったん02年春に中国軍艦の訪問が計画されたものの、その直前に小泉首相が靖国神社に参拝し、キャンセルされた。

 再び機運が盛り上がったのは昨秋、安倍首相の訪中で日中関係が改善に動き始めてからだ。4月の温家宝首相の訪日で相互訪問が再確認され、福田首相になってようやく実現にこぎつけた。合意以来、9年もの年月がかかったわけだ。

 関係修復の流れの、いわば象徴のような形である。約350人の乗組員を含め、今回の訪問を歓迎する。来年は海上自衛隊の艦艇が訪中する番だ。これを弾みに防衛交流をさらに広げ、両国関係の安定化につなげてもらいたい。

 とはいえ、軍事に関する両国間の不信は、一度や二度の往来でぬぐえるものではない。日本側は、中国軍の急速な増強や活動の活発化に不安を募らせている。中国側も、ミサイル防衛をめぐる日米協力や台湾への関与の可能性などに神経をとがらせる。

 結局、交流と対話を重ね、相互の信頼を培っていくしか方法はないのだ。艦船の相互訪問はその一歩である。少しずつでも相手側の実情に触れることが、無用な緊張を解くことになる。

 大筋で合意されている当局間のホットラインの設置も早く実現すべきだ。誤解による偶発的な事件を防げるし、日常的に意思疎通ができるようになればさらに相互理解は進むだろう。

 軍事の面での信頼醸成は、両国関係だけでなく、アジア全体の安定にも好影響を及ぼす。中国は積極的に国連の平和維持活動(PKO)に参加しているが、要員の訓練などで日中が交流し、アジア諸国にも広げていくことを考えたい。

 もう一つ望むのは、防衛交流を軍事関係者だけにとどめず、一般にも開いていくことだ。例えば、日本の研究者やメディアが中国軍を見学したり、取材したりする機会を増やす。国民レベルで少しでも理解が進めば、それだけ的はずれな推測は減ってくる。

 歴史好きの人なら、中国の軍艦と聞けば「定遠」「鎮遠」といった名前を思い出すに違いない。清朝が誇る大戦艦だった。明治時代に日本の港を訪れ、その威容が日本人を驚かせた。

 日本はこれに負けじと海軍力強化に突き進み、後年、日清戦争でぶつかることになる。

 もちろん、いま求められるのは軍拡競争ではなくて、平和のための協力だ。「深セン」の名前がそのスタートとして歴史に刻まれるよう努力していきたい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1622-0919b45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード