非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

新嘗祭  



本日は新嘗祭です。お祝い致しましょう。


「新嘗祭(にいなめのまつり、にいなめさい、しんじょうさい)とは、11月23日に、天皇陛下が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、また、自らもこれを食して、その年の収穫を感謝する祭儀。宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われる。(ウィキよりhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%98%97%E7%A5%AD)」


新嘗祭の前日、昨日11月22日は、古式に則り、皇居に於かれまして、
畏くも 天皇陛下、奈良県天理市の石上神宮(いそのかみじんぐう)、島根県大田市の物部神社(HP上では24日)で鎮魂祭が執り行われていた事と思います。これは石上神宮の宮司さんが言っておりました。

石上神宮http://www.tenri-iexpress.com/tourist/isonokami/top.html
物部神社http://www7.ocn.ne.jp/~mononobe/
鎮魂祭ウィキhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8E%AE%E9%AD%82%E7%A5%AD

石上神宮の夕刻からの鎮魂祭には参列させて頂いたことがありますが、極めて幽玄にして、祭祀の途中拝殿から全て真っ暗にしてしまいます。

その中で拝殿の先の御簾の中で宮司が二人、「ひ~、ふ~、み~、よ~、い~、む~、な~、や~、こ~と~、  布留部(ふるべ)~ ゆらゆらと~ ふるべ~」と唱えながら真っ暗の中で紙を折り箱に収めます。魂を鎮め強める目的で紙を折り、その箱を本殿に収めると思いました。

新嘗祭の前日の鎮魂祭で、 天皇陛下は御自ら天皇様の御魂を鎮め強められ、新嘗祭を執り行われると書籍で見た事があります。

この様な 天皇陛下を戴く日本はまさしく神州であると実感するところであります。

天皇陛下萬歳
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1628-6a3cab47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード