非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

愛知県護國神社 秋のみたま祭(平成23年10月30日)  


愛知県護國神社 秋のみたま祭(平成23年10月30日)

http://www.youtube.com/watch?v=QNHY0u0HC3s&feature=channel_video_title

浦安の舞(愛知県護國神社・秋のみたま祭 平成23年10月30日)

http://www.youtube.com/watch?v=4Pga7Tn0Aiw&feature=relmfu

皇紀2671(平成23)年10月30日 
愛知県護國神社 秋のみたま祭 浦安の舞

愛知縣護國神社
http://www.aichi-gokoku.or.jp/index.html

----------------------------------------------

浦安の舞
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%A6%E5%AE%89%E3%81%AE%E8%88%9E
浦安の舞(うらやすのまい)は、神楽(巫女神楽)の1つ。近代に作られた神楽である。

概要
1940年(昭和15年)11月10日に開かれる「皇紀二千六百年奉祝会」に合わせ、全国の神社で奉祝臨時祭を行うに当たり、祭典中に奉奏する神楽舞を新たに作ることが立­案され、当時の宮内省楽部の楽長である多忠朝が国風歌舞や全国神社に伝わる神楽舞を下地に作曲作舞した神楽舞である。

1933年(昭和8年)の昭和天皇御製


「天地(あめつち)の神にぞ祈る朝なぎの海のごとくに波たたぬ世を」


が神楽の歌詞となっている。

皇紀二千六百年奉祝臨時祭に合わせて奉奏するために日本全国で講習会が開かれ、海外鎮座の神社でも奉奏されるべく朝鮮・台湾などの外地へも講師が派遣された。

奉祝会当日午­前10時には全国一斉に奉奏された。

以降各神社で舞われるようになり、現在に至っている。

明治以降整備されてきた神社祭祀制度には女性による奉仕に関する規定が無かったが、舞の制定により女性が神社に奉仕する機会が作られた。

また全国規模の講習会と奉奏の徹底­は神社における神楽舞の普及に大きく貢献した。

尚、浦安の舞などの近代に作られた神楽は国風歌舞や舞楽、神楽舞を下地に創作されたものであり、広義では雅楽の延長線としても捉えられているが、神社祭祀に特化した新たな­創作神楽であることから、狭義では雅楽と明確に区分される。

特に作曲・作舞した多忠朝は、日本神話を根拠とする神楽舞の重要性、日本文化に於ける神楽の独自性を主張してい­る。


タグ:
愛知縣護國神社 愛知県護國神社 愛知県護国神社 護國神社 護国神社 秋のみたま祭 浦安の舞 皇紀2671 平成23年 護國 護国 愛知 名古屋 英霊 雅楽 舞楽 御魂 尊皇 殉皇 殉国 大東亜聖戦
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/18-1a7acbd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード