非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂


               平野達男・復興相

東日本大震災復興対策本部 電話03-5545-7229

青山繁晴 ニュースの見方 7/06/2011
http://www.youtube.com/watch?v=V64k-WgH-V4

飯舘村、全村避難で、内閣官房副長官・帰化人・福山哲郎(元 陳哲郎)から、飯舘村村長が、福島市内にこっそり、突然、呼び出され、明日から計画的避難地域だと告げられた。

計画というからには、どこに住民が避難するのか、失う仕事はどうするのか、いつまでに村に戻れるのかと飯舘村村長が聞くと、福山哲郎(元 陳哲郎)は、まるで当然の様な口ぶりで、「計画というのは、5月末までに避難してくれという意味です」と言い放った。

平野達男復興相は、実務者といか持ち上げる報道が多いが、4月22日、私(青山氏)が福島第一原発に入ったときに政権から圧力が掛ってきた。

最初は役人から、「何でこんなことしたんですか?」と言ってきた。

青山氏:「そんなこという権限が政権のどこにあるのか?東電から正式な許可を得、吉田所長の許可を得て入ったので、圧力を受ける言われはない」

官僚は一旦引っ込んでだ。

同じ官僚が、また電話してきて、同じことを聞いてきた。

青山氏:「どうしたんだ。分かったと言ったじゃないか」

官僚:「内閣府の原子力委員会担当の副大臣から、お怒りがあるので、また電話した」

青山氏:「その副大臣は誰か?」

官僚:「平野達男さんです」

官僚と一緒にいる平野達男に電話を替わった。

青山氏:「あなたはどんな法的権限と根拠で、圧力を掛けて来るのか?」

平野達男:「法的権限と根拠はありません」

青山氏:「法的権限と根拠なく役人を使って、圧力を掛けてくるのはけしからん」(平野達男は、「副大臣なんだよ」と語気を荒げ、恫喝してきたとのこと。アンカーより引用)

平野達男:「じゃあ、お詫びしますよ。もしも、ご不快なら、お詫びしますから」

青山氏:「全く不快です。何のための政権交代ですか?」

平野達男:「政権交代とは関係ない」

青山氏:「政権交代のお陰で、内閣府の副大臣になったんでしょ。基本的なことを踏まえるのが、民主主義じゃないのか」

平野達男:「もう分かりましたよ。だから、お詫びしますよ」そのかわり、東京電力には、これからも聞きますからね」

東京電力に圧力を掛けるんだなと思った。

その後、捜査当局の側から、平野副大臣を含めて、首相官邸側から、青山繫晴を逮捕しろと、そういうことも言ってきました。

捜査当局に「私(青山氏)を逮捕するんですか?」

捜査当局:「法的根拠全くない。全く違法じゃない。公開すべき情報を伝えただけだから、私達はそんなことはしません」

------------------------------------------------------


(所見)

平野達男復興相の不当逮捕要請、弾圧画策は、全く理解しがたい行動である。何を考えているのだろうか。


隠蔽と嘘、弾圧が好きで好きでしょうがないのだろう。


どこぞの独裁国家の国家運営が基本的には好きなのだろう。


隠蔽、はぐらかし、ごまかし、嘘、これらがばれ、信用を失う。


そして、弾圧を画策、弾圧画策がばれる、更に信用を失う。


本来既存の大手メディアは、やらなければならない報道はしない、民間から事実がばれていく、後追いで大手メディアが報道し出す、徐々に信用を失っていく、こういう、信用欠損の負の連鎖が、望んでいなくても結果的にそうなっていく様態が、大変お好きなようですね。



======================
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1662902&media_id=4
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/182-cdb2e302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード