「反日組織・三重県教職員組合」鵜方小学校、5ヶ所小学校(三重県伊勢志摩方面)、朝日中学校(三重郡朝日町)、反日自虐教育の現状

3.jpg

日教組 徹底研究 1
http://www.youtube.com/watch?v=foHMbLrFy3Q

「2:49~海兵隊はアメリカへ帰れ! 3:06~日米合同軍事演習反対!」これが地方公務員である学校教員の集会と言えるのか。「7:20~朝鮮学校、部落解放同盟」(平成19年2月10日から12日、日教組教研集会 大分県)

524729.jpg
昭和34年7月13日 朝日新聞http://sonnou.exblog.jp/8523006/(偽称強制連行)朝日新聞記事(人民網提携前)(1959年7月13日)



(三重県)志摩市立鵜方小学校
http://eduon.jp/school/primary/%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C/%E5%BF%97%E6%91%A9%E5%B8%82/32140
(三重県)南伊勢町立5ヶ所小学校
http://www.town.minamiise.mie.jp/modules/gnavi/index.php?lid=20&cid=6
(三重県三重郡)朝日町立朝日中学校
http://www.town.asahi.mie.jp/asahi-junior/blosxom.cgi  
三重県教職員組合
http://mtu.mie-kyobun.or.jp/honbusyokai/honbusyokai.htm
------------------------------------------

 某氏から伺った話であるが、三重県伊勢志摩地方面に鵜方小学校http://eduon.jp/school/primary/%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C/%E5%BF%97%E6%91%A9%E5%B8%82/32140というところがある。

 この鵜方小学校が、6年の修学旅行で毎年、立命館大学が運営している反日自虐施設である、立命館大学・国際平和ミュージアムhttp://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/を訪問している。

 某氏が当該施設を見学してきたところによると、自虐史観目一杯で、文字とパネルで自虐史観を掲示しているとのことであった。

 三重県志摩の学校のほとんどが、立命館大学・国際平和ミュージアムを訪れている、その疑いがあると言っていた。

 また、三重県伊勢志摩方面の5ヶ所小学校http://www.town.minamiise.mie.jp/modules/gnavi/index.php?lid=20&cid=6の道徳の宿題で「何故、女の子はジーパンをはくことがあるのに、何故男の子はスカートをはかないのか?」という設問を行っていたと言っていた。

(追記1)五ヶ所小学校教頭に事実関係と誰の意図か、また見解を後、こちらから電話して伺うことになった。

(追記2)11月30日 五ヶ所小学校・教頭・森氏

五ヶ所小学校・教頭・森氏:「宿題の「何故、女の子はジーパンをはくことがあるのに、何故男の子はスカートをはかないのか?」は事実行われたこと。

私:「どういう理由でこの宿題を出したのか?」

五ヶ所小学校・教頭・森氏:「男女の性差によって固定観念があって、互いの不利益があって、男性担任の思いがあって、こういう宿題を出した。気付きを以って、自分なりに考えて欲しい。性差によって役割分担があるが、自由にしたらいい。学校としては特に問題はないということ」

私:「男性がスカートを履くのはおかしいくないという見解でいいのか?」

五ヶ所小学校・教頭・森氏:「男子がスカートを履くことは、頭からダメとはいえない。スカートを履く場合、理由があるはずなので、他のことにも共通することなので」

私:「男がスカートを履くことはおかしくないということか?」

五ヶ所小学校・教頭・森氏:「おかしくない」

私:「要望として、一か月スカートを履いて生活して頂けないか?どういう反応があるか。多分、止めてくれと親族から言われると思うが。一度やってみてれば、という意見だ」

私見:異常だ。只、只、異常だ。
(追記2ここまで)



 これなどは、男女平等共同参画に掛る、異常なフェミニスト思想への誘導、男女の性差を否定する思想への誘導と解するのが相当であって、日本国の社会破壊、日本国の伝統文化の破壊、しいては国体破壊を誘導せんと欲する、カルト・フェミニスト集団の意向に添った設問であると考えられる。

 これが、現下の三重県の三重県教職員組合、日教組が行っている反日自虐思想誘導、反日本民族思想誘導の対日思想工作であると考えられる。

 三重県は日本全国でも教職員組合の加入率が異常に高いと聞く。

 9割が加入しているとも聞く。


(追記)三重県教育委員会よりの質問の返答
「組合員の割合は70%くらい。外国人の先生は2名」


 そして、日夜、この様な反日自虐思想の対日洗脳工作が、学校の場という閉鎖、密閉された空間で行われていると推測する。

 これら、日教組、三重県教職員組合は一種のカルトであると解するのが相当である。

 まさにカルトである。

 反日自虐思想以外は一切認めない、徹底排除し、閉ざされた学校という空間で、やりたい放題を行い、これを指導する教育委員会さえも、元日教組の反日工作員がその職に就き、税金で録を食んで、日教組とズブズブの関係で、日本国、日本民族の良識から大きくかけ離れた言動を行使している。

 この日教組と教育委員会の関係は、地上波とBPOの関係に似ている。

 BPOは地上波が作ったものであって、いわゆる慣れ合いであって、単なるガス抜きであって、有名無実な存在であって、全く機能していない。

 同じく、元日教組の反日工作員が教育委員会の趨勢を占めているのであろうから、機能しないのは明白である。

 それをよいことに学校という閉ざされた空間でやりたい放題の反日自虐思想を洗脳しているのが、日教組の対日洗脳工作員教師であると解される。

 また、日教組は朝鮮学校と部落解放同盟とつるんでいるが、朝鮮学校は、北朝鮮・朝鮮労働党の下部組織・指導下にある朝鮮総連、その朝鮮総連の下部組織・指導下にあるのが、朝鮮学校である。

 日本民族を拉致し、ミサイルを日本に向けている北朝鮮の金正日の直系組織が朝鮮学校である。

 この朝鮮学校のいわゆる教諭と言われるものを、約9年前に日本の公教育の現場に呼んで、日本民族子弟の前で、朝鮮民族の言うところの虚偽である強制連行という言説を以って、「強制連行されてきた」と発言させたのが、三重郡朝日町立朝日中学校http://www.town.asahi.mie.jp/asahi-junior/blosxom.cgi である。

 許されざる暴挙である。

 朝鮮高級学校に電話したときに拉致のことを言うと、間髪いれずに「日本は強制連行したではないか」と抗弁してきたが、強制連行という虚偽を以って、拉致に対する免罪符を得るという概念、日本民族が拉致されても異議申し立てはできないぞ、という拉致免罪の思考がが存在することが理解できた。

 極めて危険な思考である。

 朝鮮学校によると、というより北朝鮮体制下にある組織、その組織構成員は、全て同じく思考なのだろうと推察できる。

 この朝鮮学校とつるんで、日本民族子弟に自虐思想を埋め込んだ、またこれを実践したのが、三重郡朝日町立朝日中学校である。

 日教組がつるんでいる部落解放同盟は、綱領で、公然と、天皇制(マルクス主義者が使用した造語)を反対している。
『部落解放同盟綱領』
http://www.bll.gr.jp/guide-koryo2011.html
 
 公然と 御皇室を否定しているのは、革マル派、中核派などの極左暴力集団と部落解放同盟くらいではないだろうか。

 日教組本部に以前電話して質問したことがあるが、電話を一方的に切られて、再度電話したら、電話に出た女性に「二度と電話してくるな!!!」と怒鳴られて電話を切られたが、これが日教組の組織体質を顕著に物語っていると理解できたのは収穫であった。

 極めて、閉鎖的、排他的な集団、それが日教組であると認識できた。

 そして、日教組の運営資金は、教職員の給与からの組合費から成り立っており、元を正せばその原資は全て税金である。

 閉ざされた空間、閉鎖された空間という学校で、日教組は今日もやりたい放題に反日自虐思想を日本民族子弟に埋め込む洗脳工作を行っていると推察できる。

 日教組は、日本国から徹底的に追放され、日本民族から徹底的に駆逐されるべき存在であるとの意に疑いの余地はない。

 それだけのことを今までに断行してきた、それだけのことをこれからも断行していくことは容易に想像が付く。

 日本国、日本民族に誇りを持たせない様に、日本民族青少年を洗脳し、日本国、日本民族を根底から破壊に誘わんと欲する日教組、三重県教職員組合は徹底的に追放されて当然であるし、掛る日教組、三重県教職員組合の構成員である反日工作員教諭は徹底的に追放されて当然である。

-----------------------------------------
「朝鮮学校生は強制連行された人々の子孫。日本政府はいつまで差別を続けるのか」・高校無償化、在日朝鮮人の各団体が文科省に要請・朝鮮学校教師 「チョッパリに拉致を言う権利ない!」元生徒が告発・強制連行はなかった
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4454.html
----------------------------------------
亡国教育 日教組
http://the-person-who-awoke.com/JTU.html
-----------------------------------------
日教組
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/tag/1048/
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1876-e04abcb4

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99