非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

皇紀2672年(平成24年)皇居一般参賀    

1674759.jpg

1674746.jpg

1674704.jpg

1674760.jpg

天皇陛下萬歳


皇紀二六七二年・皇居一般参賀【高画質】
http://www.youtube.com/watch?v=Ab_TKi4MSL8&list=UUHkYp7Affvu3N7Qg-VH0DPA&index=1&feature=plcp



【謹賀新年】平成24年 皇居新年一般参賀[桜H24/1/4] 
http://www.youtube.com/watch?v=nlv8pXRx5FQ&feature=channel_video_title 


------------------------------------------------

(一部加筆編集)  

皇居で新年一般参賀 天皇陛下「復興進み、少しでも良い年に」
2012.1.2 10:57 産経新聞


新年一般参賀で御手を振られる 天皇皇后両陛下=2日午前、皇居(桐原正道撮影)
 
 新年恒例の一般参賀が2日、皇居・宮殿で行われ、 
天皇皇后両陛下、 皇太子同妃両殿下、 

文仁親王同妃両殿下をはじめとする皇族方が長和殿のベランダにお立ちになられ、東庭に集まった人々に御手を振られた。

 午前10時すぎからの初回には15方がお姿を見せられました。

昨年10月に20歳になられた 文仁親王同妃両殿下のご長女、 
眞子内親王殿下も初めて参加されました。

 畏くも 天皇陛下はお言葉で、昨年、東日本大震災や豪雨など災害が相次いだことに触れられ「被災した人々が厳しい状態に置かれていることを案じていますが、被災地の復興が進み、この年が国民一人一人にとり、少しでも良い年となるよう願っています」と述べられました。

 天皇皇后両陛下と皇族方は午前に3回、午後に2回お出ましになられます。

畏くも 天皇陛下のお言葉の全文は次の通りでございます。

 「新しい年をともに祝うことをうれしく思います。昨年は東日本大震災や各地の豪雨などによる災害があり、心の痛む年でした。被災した人々が厳しい状態に置かれていることを案じていますが、被災地の復興が進み、この年が国民一人一人にとり、少しでも良い年となるよう願っています。年頭にあたり、世界の平安と人々の幸せを祈ります」  

---------------------------------------------


(一部加筆編集)
 
新年の一般参賀 7万人が皇居訪れる
(日テレNEWS24 - 01月02日 16:50)

 皇居で2日、新年恒例の一般参賀が計5回行われ、宮内庁によると計約7万人が訪れました。
 
 天皇陛下は 皇后陛下、 皇太子同妃両殿下、 

皇太子同妃両殿下、 文仁親王同妃両殿下を始めとする

御皇族と共に宮殿に姿を見せられ、「被災地の復興が進み、この年が国民一人一人にとり、少しでもよい年となるよう願っています」と述べられました。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1904-6fa2632a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード