非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

「竹島不法入国事件」
孟亨奎(メン・ヒョンギュ)・大韓民国・行政安全部長官は不起訴処分だったが、これに対する不起訴処分理由告知書(松江地方検察庁)

不起訴処分の理由が「罪とならず」とのたった五文字とは驚愕



1676906.jpg


          不起訴処分理由告知書

                     発 第 599号
                     平成23年12月26日

告発人 ○○○○殿

           松江地方検察庁
             検察官 検事 齋 智人

貴殿の請求により下記のとおり告知します。

              記

貴殿から平成23年6月19日告発のあった孟亨奎に対する出入国管理及び難民認定法違反被疑事件は不起訴処分の理由は次のとおりです。

(不起訴処分の理由)
罪とならず

                 平成23年検第10524号

-----------------------------------------------

            告 発 状

      告発人 

        住所 

        氏名 

        電話番号 

      被告発人

        住所 大韓民国

        氏名 孟亨奎(メン・ヒョンギュ) 大韓民国・行政安全部長官     


                     平成23年6月19日

松江地方検察庁検察官殿

    一 告発の趣旨
 被告発人の以下の所為は、出入国管理及び難民認定法第3条違反に該当すると考えるので、被告発人を厳罰に処することを求め告発する。

    一 告発事実
 被告発人は、平成23年6月15日、島根県隠岐郡隠岐の島竹島官有無番地に日本国政府に上陸許可を受けないで入国しました。
 被告発人の前記行為は、出入国管理及び難民認定法第3条違反に該当すると思われますので、被告発人に厳重な処罰を求めるため、ここに告発いたします。

    ニ 立証方法
(1)外務省ホームページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/23/6/0615_05.html
佐々江外務事務次官からシン・ガクス次期駐日韓国大使への申入れ

平成23年6月15日

1.本15日(水曜日)午後6時40分頃、佐々江賢一郎外務事務次官は、申珏秀(シン・ガクス)次期駐日韓国大使に電話し、同日、孟亨奎(メン・ヒョンギュ)行政安全部長官が竹島を訪問した件について、我が方からの度重なる申し入れにもかかわらず、本件訪問が行われたことは、竹島の領有権に関する我が国立場に照らし到底受け入れることは出来ず、極めて遺憾であり、松本剛明外務大臣の指示に基づき強く抗議する、このような閣僚による訪問は二度と行われないよう強く求める旨申し入れました。


(2)動画サイトYouTube 「名前:TBS News-iチャンネル  ユーザー名tbsnewsi」

韓国閣僚、竹島を公式訪問
http://www.youtube.com/watch?v=NRqKWHCxcNw

-----------------------------------------

(私見)

竹島は日本国の領土であるから、日本国の法が適用されることは当然であるにも関わらず、「罪とならず」とは全く理解に苦しむ。
孟亨奎(メン・ヒョンギュ)大韓民国・行政安全部長官を出入国管理及び難民認定法第3条違反で告発状を松江地方検察庁に提出したが、不起訴との処分であった。
 
そこで、不起訴となった理由を知りたいと電話で聞くと、文書にて告知するとのことだった。

そして、郵送されてきたのが、上記の不起訴処分理由告知書である。

驚いたのが、不起訴処分の理由が、単に「罪とならず」と記載されていることである。

何故、罪にならないのかの理由は全く記載されていない。

如何にも稚拙な不起訴処分理由告知書と言わざるを得ない。

推察するに、出入国管理及び難民認定法第3条違反でないという理由が松江地方検察庁が持ちうる感性以外にその根拠を見出すことができなかったと解するのが相当である。

他にも多くの人定、年月日が特定される韓国人が竹島に不法入国しているが、これらの韓国人は日本国外にいるので、一生涯、出入国管理及び難民認定法第3条違反の公訴時効が訪れることはない。

今回、不起訴処分となった孟亨奎(メン・ヒョンギュ)大韓民国・行政安全部長官は、検察審査会に審査申し立てるにあたって、いつまでに申し立てなければ無効となるという期限は一生涯訪れることはない。

松江地方検察庁の不起訴処分の理由の「罪とならず」とのたった五文字に大変驚いた。 検察審査会に審査申し立て、仮に起訴相当となった時には、韓国とは犯罪人引渡し条約があるので、韓国は日本に 孟亨奎を引き渡さなければならないと考えられる。
 
犯罪人引渡し条約
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E4%BA%BA%E5%BC%95%E6%B8%A1%E3%81%97%E6%9D%A1%E7%B4%84--------------------------------------------
竹島不法入国
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/tag/4159048/
---------------------------------------------
北方領土不法入国
http://hirihoukenten.iza.ne.jp/blog/tag/4056883/
---------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1908-49f6bc64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード