非理法権天 ひりほうけんてん (敷島通信)

敬神尊皇 七生報國 非理法権天       身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

抗日組織シーシェパードを撃滅せよ!!!

Destroy anti-Japanese movement organization sea shepherd!!!



外道・抗日組織シーシェパード


白人のイルカ漁には抗議しない白人http://ameblo.jp/lm161861/entry-10557955829.html

シー・シェパードに警告 Warning to Sea Shepherd
http://www.youtube.com/watch?v=8pf209_SCyw



SSを支える政治家や有名俳優たち、和歌山で法廷闘争を準備
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/543005/

シーシェパード
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%89#.E6.89.80.E6.9C.89.E8.88.B9 

暴虐無人、抗日組織シーシェパードについて水産庁に聞いた。

水産庁:「シーシェパードの団体は、アメリカに事務所がある。

船舶で、スティーブ・アーウィン号はオランダ船籍で、ポールワトソンが乗船していると思われる。

ボブ・バーカー号は、オランダ船籍。

BrB号(小さい高速船)はオーストラリア船籍。

シーシェパードは米国でNGO団体として存在しているので、免税措置を受けているので、この措置を止めるように外務省を通じ言っている。

船舶の補給はオーストラリアでオーストラリアに寄港している。

公海上の船舶を取り締まる権限は船籍国の国にある。

船籍国(旗国 きこく)の責任としてキチッとした対処をしてくれと、オランダ、オーストラリアに言っている。

オーストラリアのブリジット・バルドー号が、インターネットでキャンペーンを打っていた。

捕鯨船の場所を特定して、誰か妨害をしてくれとのキャンペーンをやっていた。

公海上の日本の船舶は日本の法律、日本の捜査権限を有する。

彼ら(捕鯨船妨害者)は逮捕されたいがためにやっている。

立件のためには船が日本に帰らなくてはならない。

そのために捕鯨船に乗り込んで逮捕されようとしに来る。

乗り込んで来たのはシーシェパードの者ではない。

シーシェパードは日本では那智勝浦のホテルに滞在している」


-------------------------------------------------

オランダ大使館に電話した。

私:「シーシェパードを取り締まらないのか?」

オランダ大使館・男性(日本は喋れるが流暢ではない):「シーシェパードの二隻は、オランダ船籍で、オランダで責任を取らなければならない。

キャプテンには、日本の文句、事件が起こった、シーシェパードに事件を止めなさいとメッセージを出している」

---------------------------------------------

オーストラリア大使館に電話した。

私:シーシェパードについてと言うと・・・

オーストラリア大使館:「意見を伝えることはしていない。文書で提出してくれ」

---------------------------------------------

アメリカ大使館に電話した。

私:シーシェパードについてと言うと・・・

アメリカ大使館:「意見は手紙でしてくれ」

----------------------------------------------

(所見)

シーシェパードによる暴虐無人、抗日行為、日本民族に対する襲撃行為は許されるものではない。

日本国・那智勝浦に図々しくも駐屯し、日本国太地町町民、太地町漁師の方々に嫌がらせ、妨害、暴行を働く行為は明らかな主権侵害である。

この抗日組織シーシェパードを背後から支援している金主らも同罪である。

米国、オランダ、オーストラリアもシーシェパードの暴力的襲撃行為を黙認しいてるに等しいことは、シーシェパードに対して何ら制裁措置等を行わないことから明白である。

シーシェパードに日本の食文化をとやかく言われる筋合いはない。

捕鯨船に関する特別な法律の策定が望まれる。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/tb.php/1920-656cd767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード